通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

講座の特長 デッサンアート

デッサン初心者でも大丈夫。カップなどの簡単なデッサンから始めて最終的には人物デッサンまで覚えられます。

本講座はデッサンの基本や用具の使い方、モチーフの観察など、デッサンの基礎的な事から学び、「カップ」などの比較的簡単なデッサンから始め、最終的には風景や人物のデッサンまでマスター可能な講座です。今までに絵を描く経験が無い方でも問題なく学習を進める事が出来る内容となっています。

image04

描きながら学び、自分の成長を実感できる。

講座では様々なデッサンの技法を学ぶ事が出来ます。ただ単に描くのではなく「なぜ立体感が出るのか」、「この質感を表現するにはどのように描けばいいのか」など、1つ1つ学習し、実際に描きながら体感して覚える事が出来ます。講座を進めるにつれ様々なデッサン技法を取得した自身の成長を実感出来る事でしょう。

image05

「描けるようになる」だけじゃない!2つの資格も取得可能!

本講座はデッサンを学び、また同時に「資格対策」としても有効なカリキュラムを採用しています。本講座を学習する事で日本インストラクター協会主催の「絵画インストラクター」と日本デザインプランナー協会主催の「鉛筆デッサンマスター」の2種類の資格対策になります。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

デッサンの種類、デッサンは、使用する画材によって種類が異なります。鉛筆デッサンや木炭デッサンだけでなく、クレヨンやチョーク、色えんぴつなどを素材に合わせて使用することになります。描く素材には、画用紙やキャンバス、木炭紙や皮などがあります。デッサンの種類には、デッサン、スケッチ、クロッキーなどがありますが短時間で描き上げる手法と時間をかけて描く手法とが違いと言えます。デッサン初心者の方は、身のまわりにある静止物で描きやすいものからチャレンジしましょう。練習にはまず、描きやすい誰でも描けるようなリンゴや手、箱など簡単なものをおすすめします。上達するにつれ、人物デッサンや石膏デッサンなど全体のバランスと比率をとり入れたデッサンへを描く対象物を変えていきます。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ