トレーニングの原理原則って?3原理と5原則の内容を押さえよう

 

トレーニングの原理原則って?3原理と5原則の内容を押さえよう

トレーニングにはさまざまな原理原則があります。トレーニングに取り組むのであれば、原理原則を押さえておくことはとても重要です。原理原則を知らずにトレーニングに取り組むとさまざまな弊害が出る恐れもあるので注意が必要です。

今回は、トレーニングの原理原則について説明します。具体的には、トレーニングには3原理と5原則というものがあるので、それぞれについて紹介します。トレーニングをはじめる前に、これらの原理原則を押えるようにしましょう。

トレーニングの原理原則とは

そもそもトレーニングの原理原則とは、どのようなものなのでしょうか。まずは、トレーニングの原理原則の概要について確認にしておきましょう。

トレーニングを効果的におこなうための法則

トレーニングの原理原則とは、トレーニングを効果的におこなうための法則です。そのため、トレーニングの原理原則をきちんと理解して取り入れることができれば、同じトレーニングをしてもその効果を最大限に高めることができるでしょう。トレーニングをおこなうなら、原理原則はしっかりと押さえておきたいところです。

知らなないと思わぬトラブルにつながる危険も

トレーニングの原理原則は、安全にトレーニングするためにも必要不可欠なものです。トレーニングの原理原則を知らないままトレーニングに取り組んでしまうと、体を痛める危険性があります。そのため、トレーニングで体を守るためには、原理原則をきちんと押さえておきたいところです。なお、トレーニングの原理原則を意識しなければならないのは、筋トレだけではありません。たとえば、ヨガやリハビリに取り組む際も、トレーニングの原理原則は重要なものとなります。

トレーニングの3原理

トレーニングの原理原則として、3原理があります。トレーニングの3原理とは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、トレーニングの3原理について詳しく説明します。

過負荷の原理

トレーニングの3原理としては、過負荷の原理というものがあります。これは、体の機能を向上させるためには、日常生活において体が受ける負荷よりも大きな負荷をかける必要があるというものです。そうすることですでに体がもっている以上の能力をつけることができます。普段よりも大きな負荷をかけるというのは体にとって大変なことですが、それに耐えることで体の能力を高めることができます。

特異性の原理

トレーニングの3原理には、特異性の原理というものもあります。これは、トレーニングをした内容によって効果が得られることを意味しており、自分が筋トレに対して求める目的に応じてトレーニングの種類を選ぶとよいことを示しています。ただ闇雲にトレーニングに励んでも求めるような効果が得られるわけではないので、きちんと計画的にトレーニングに取り組むことが重要です。

可逆性の原理

トレーニングの3原理には、可逆性の原理というものもあります。可逆性の原理とは、鍛えた能力も一旦トレーニングをやめれば元に戻ってしまうことを意味しています。特にトレーニングに費やした期間が短ければ短いほど、トレーニングの効果は早く消失してしまう点に注意が必要です。トレーニングの効果を維持したいのであれば、定期的にトレーニングに取り組んで効果を維持できるようにする必要があります。

トレーニングの5原則

トレーニングには、5原則というものもあります。トレーニングをおこなうなら、5原則についても理解しておいたほうがよいでしょう。ここでは、トレーニングの5原則について説明します。

意識性の原則

トレーニングの5原則としては、意識性の原則というものがあります。意識性の原則とは、トレーニングの内容や目的を意識しておこなう必要があることを意味しています。また、動かしている体の部位を意識することも重要です。トレーニングは体を鍛えるものですが、意識の仕方によっても得られる効果に差が出てくることを押さえておきましょう。

全面性の原則

トレーニングの5原則としては、全面性の原則というものもあります。これは、全身をまんべんなく鍛えることの大切さを表しています。体の一部だけを徹底的に鍛えようとすると、全身のバランスが悪くなってしまいます。体を鍛えるなら、バランスを意識することが重要です。そうすれば、自然と見た目にもバランスのとれたスタイルを手に入れることができます。

漸進性の原則

トレーニングの5原則としては、漸進性の原則もあります。これは、筋トレの強度、セット数、反復回数などを継続的に変化させることを意味しています。ほかにも、インターバル、バリエーション、頻度、パターンなどについても細かく変化をつけることが含まれています。

個別性の原則

トレーニングの5原則としては、個別性の原則というものもあります。これは、個人の状況に合わせてトレーニングをおこなうことを意味しています。たとえば、年齢や性別に加え、トレーニングを始める時点での体力にはそれぞれ違いがあるでしょう。無理なくトレーニングに励むためには、個人の状況に合わせて負荷のかけ方を調整する必要があります。他人と比べるのではなく、自分自身を見つめることがとても大切です。少しずつ成果が出てきた後で過去の自分と比べてみると、しっかりとした変化を感じることができるはずです。

反復性の原則

トレーニングの5原則としては、反復性の原則もあります。反復性の原則とは、トレーニングを規則的に繰り返すことを表しています。そのようにして長期間続けることにより、トレーニングの効果をしっかりと感じることができます。トレーニングは短期間で成果を出すのはなかなか難しいです。粘り強く一定期間取り組み、規則的に繰り返すことが重要なポイントとなります。

トレーニングをするときは3原理5原則を押さえよう

トレーニングをするときは3原理5原則を押さえよう

 

トレーニングには3原理5原則と呼ばれるものがあります。これらはいずれもトレーニングに取り組むときに必ず押さえておきたいことです。原理原則を理解していないと、体に負担がかかったり思うようにトレーニングの成果を得られなかったりする可能性があります。せっかくトレーニングに励むのであれば、安全かつ効果的にトレーニングの成果を出したいですよね。逆に言うと、3原理5原則を押さえさえすれば、ある程度しっかりとした効果を得ることができます。そのため、初めてトレーニングに取り組む際は、まずは3原理5原則についてしっかりと身につけることが重要だと言えるでしょう。

もちろん、トレーニングの3原理5原則をいきなりすべて完璧に自分のものにするのは難しいかもしれません。とはいえ、少しずつトレーニングに取り組んでいけば、それぞれに慣れていくことが可能です。トレーニングを積んでいけば、少しずつ体力もついていくので、徐々に楽に取り組めるようになっていくでしょう。トレーニングをするときは決して無理をせず、可能な部分から原理原則を取り入れていけば十分です。間違っても無理をし過ぎてけがをすることがないようにしましょう。けがをしてしまっては、原理原則を意識するうえで本末転倒となってしまいます。まずは自分自身の安全や健康を第一に考え、そのうえでトレーニングに励むようにしてください。


TOPへ