筋トレは勉強に効果的?勉強に対してもたらされる効果について解説!

 

筋トレは勉強に効果的?勉強に対してもたらされる効果について解説!

勉強をしていると、いろいろな悩みが出てきますよね。そのような悩みは筋トレで解消できる可能性があります。筋トレと勉強は一見何の関係もなさそうに思えますが、筋トレに取り組むことで勉強の効果を効率的に高めることができるのです。

今回は、筋トレが勉強に効果的な理由について解説します。筋トレと言っても難しいことをする必要はありません。具体的に取り組める筋トレについても説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

勉強を続けるときに困ることは?

勉強をするときは、どのようなことに困ることが多いでしょうか。筋トレがどのように勉強に効果を与えるのか見る前に、ひととおり確認しておきましょう。ここでは勉強を続けるうえで困ることが多い場面について見てみます。

集中力の欠如

勉強をする際に一番厄介なのは、集中力が続かないことでしょう。勉強を始めても何となる集中力が続かなくて困ったことは誰でもあるはずです。集中力が続かないと、勉強の効率も悪くなるため、勉強してもなかなかその内容が頭に入ってきません。

眠気

勉強をしていると眠くなってくるという人も少なくないのではないでしょうか。勉強しなければならないことは、必ずしも自分自身が興味のあることとは限りませんよね。しかし、それでも目標のために勉強しなければならないとなると、どうしても眠くなってしまうものです。たとえ興味のある内容だったとしても、疲れていれば机に向かっているとついあくびが出てしまうケースもあるでしょう。

やる気が起きない

勉強をしようと思って机にむかっても、なかなかやる気が起きない場合もあるはずです。勉強しなければならないと分かっているのにどうしてもやる気が出ないときは、自分で自分をコントロールするのは難しいですよね。やる気を上手くコントロールすることは、勉強を進めるために必要不可欠なことです。

体の凝りや疲れ

机に長時間座って勉強していると、体が凝ったり疲れたりしてきます。体全体のだるさにつながってしまうので、見てみぬふりはできない問題です。とはいえ、一度体に凝りや疲れがたまると、なかなかそれを解消できない場合も少なくありません。

筋トレがもたらす勉強への効果

筋トレをおこなうと、勉強に対してどのような効果を発揮するのでしょうか。筋トレには勉強にさまざまな効果をもたらす力があります。勉強にしっかり取り組みたいのであれば、筋トレにも力を入れたほうがよりよいでしょう。ここでは、筋トレがもたらす勉強への効果について説明します。

勉強の前の筋トレ

勉強の前に筋トレをおこなうと、どのような効果があるのでしょうか。勉強前に筋トレをおこなうと、記憶力や集中力が高まるといわれています。その結果、やる気も起きるので、勉強によりしっかりと取り組むことができるようになるでしょう。勉強前に筋トレをおこなう習慣をもつと、勉強をスムーズに進められます。

勉強中の筋トレ

筋トレは勉強中におこなうという手もあります。勉強中に筋トレをおこない、体を動かしながら学習を進めると、勉強している内容を覚えやすくなるといわれています。勉強中に筋トレをおこなえば、ストレスを解消したり息抜きをしたりする効果も期待できるので、より勉強に対する集中力をアップするのに役立ちます。

勉強後の筋トレ

筋トレは勉強後におこなっても効果があります。勉強をすると体に凝りや疲れが出ますが、それをそのままにしておくとより大きなトラブルにつながることもあるので注意が必要です。筋トレをおこなうと、肩凝り、腰痛、体調不良などの体の不調の予防をすることが可能です。また、勉強後に筋トレをおこなえば、次回の勉強へ向けて頭の中の準備を整えることもできます。どういうことかというと、筋トレをおこなえば脳をリフレッシュさせて記憶力や集中力を復活することができるのです。勉強後にも筋トレをおこなう習慣を取り入れて、しっかり全身をケアできるようにしましょう。

筋トレと勉強に取り組む際の注意点

勉強のために筋トレに取り組む場合は、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。勉強のための筋トレでは、いくつか注意したいことがあります。ここでは、筋トレと勉強に取り組む際に注意したいことについて説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

勉強前の筋トレは軽めにする

筋トレを勉強前におこなう場合は、激しい筋トレは避けましょう。なぜなら、勉強前に激しい筋トレに取り組むと、体が疲れてしまって眠気を引き起こす可能性があるからです。筋トレのせいで勉強中に眠くなってしまうのは、本末転倒です。勉強前の筋トレは軽めの内容にし、体に負荷がかかり過ぎないように気を付けましょう。

激しい負荷をかけない

勉強のために筋トレをするのであれば、勉強前に限らず体に激しい負荷をかけないようにしたほうがいいです。筋トレで負荷をかけ過ぎると筋肉痛になってしまい、それがひどいと勉強にも集中できなくなってしまいます。筋肉痛が和らぐには少し時間がかかるので注意が必要です。誤って体に負荷をかけすぎたと思ったときは、無理せず翌日は筋トレを休むようにすることも大切です。あくまでも勉強のために筋トレに取り組むのであれば、勉強のことを優先してトレーニングするようにしましょう。

できるだけ継続する

筋トレは単発的におこなってもあまり効果は得られません。大切なのは、筋トレをできるだけ継続することです。毎日少しずつでも取り組めば、その分の効果をしっかり得ることができます。どうしても筋トレするのが難しいときは、散歩や買い物などで歩くだけでもよいでしょう。筋トレだけにとらわれることなく、体をしっかり動かす習慣をもつことが重要だといえます。

家の中でできる筋トレ

家の中でできる筋トレとしてはどのようなものがあるのでしょうか。いままで特に筋トレに馴染みがなかった場合、いきなり本格的な器具を扱うのは不安ですよね。そのような場合でも、自宅で効果的な筋トレに取り組むことは可能です。ここでは家の中でもおこなえる筋トレについて紹介します。

腹筋

家の中でできる筋トレとして代表的なものは、腹筋です。カーッペットの上などでおこなうことができるため、勉強の前後や合間にも取り組みやすいでしょう。少しずつ回数を増やすようにすると、スムーズに筋トレを続けることができます。

スクワット

簡単にできる筋トレとしてはスクワットもあります。スクワットならちょっとしたスペースがあればどこでもできるので、気軽に取り組むことが可能です。腹筋と組み合わせて、取り入れてみるとよいでしょう。

筋トレに取り組んで効果的に勉強しよう

筋トレに取り組んで効果的に勉強しよう

筋トレに取り組めば、勉強の効果を高めることが可能です。勉強をするなら筋トレもセットでおこなったほうが、よりしっかりと学ぶことができるでしょう。筋トレと言ってもいきなり難しいことに取り組む必要はありません。大切なのは大変な筋トレをすることではなく、継続的に筋トレに取り組むことです。継続的に筋トレに取り組むことができれば、筋トレの勉強に対する効果を最大限に引き出すことができるでしょう。できることから少しずつ取り組んでいき、勉強で困る場面をしっかりと回避できるようにしてください。そうすれば、勉強しながら体の状態もしっかり整えることが可能です。


TOPへ