筋トレの適切なペースって?超回復の仕組みを理解して決めよう

 

筋トレの適切なペースって?超回復の仕組みを理解して決めよう

筋トレをおこなうなら、適切なペースを意識することが重要です。とはいえ、適切なペースといわれても、具体的にはどの程度のペースでおこなえばいいのか分からないという人も多いでしょう。筋トレのペースを決める際には、さまざまなことを考慮する必要があります。そのため、筋トレのペースを決めたいときは、まずは筋トレについての知識をつけることが重要です。

今回は、筋トレの適切なペースについての考え方を説明します。筋トレをするなら必ず押さえておきたいことを説明するので、ぜひ参考にしてください。

筋トレのペースの一般論

筋トレは、どのようなペースでおこなうのがよいのでしょうか。一般的には、筋トレは週2回程度おこなうのがよいとされています。実は、毎日筋トレをおこなうのはあまり推奨されていません。なぜなら、筋トレのペースは長回復を基準として考えられているからです。筋トレは自分自身の目的に合わせた強度でおこなうことも重要です。そのうえで適度な休息をしっかりとることにより、求めているような効果をきちんと得ることができます。筋トレのペースは筋トレの効果にも大きな影響を与えるため、しっかりと目的を意識したうえでペースも設定する必要があります。

超回復とは?

筋トレをおこなうときは、超回復のメカニズムについても理解しておく必要があります。超回復は、筋トレなど運動をして筋繊維が破壊されることにより起きるものです。破壊された筋繊維は、栄養とともに休息をしっかりとることにより回復します。回復するときには、筋繊維はより強化されて再生されます。これが超回復です。超回復を大切にすることで、より効果的に筋トレの効果を得ることができるのです。超回復にかかる時間は鍛える部位によっても異なるため、それぞれに合わせた休息の期間も設ける必要があります。また、超回復にかかる時間には個人差もあるため、実際に筋トレをして体の状態を確かめながら計画を練ることも大切です。

筋トレの適切なペースを決めるポイント

筋トレのペースを決めるときは、どのようなポイントを意識したらいいのでしょうか。筋トレをするなら適切なペースを保つことはとても重要です。筋トレの適切なペースを決めるためには、さまざまなことを考慮しなければなりません。筋トレは体に対してどのような作用を与えているのかについてよく理解し、それを意識したペースを取り入れる必要があります。ここでは、筋トレの適切なペースを決めるために知っておきたい具体的なポイントについて説明します。

筋肉痛になっているか

筋トレのペースを決める際の重要な指標となるのが筋肉痛です。超回復は、筋肉痛が終わるギリギリの頃に起きています。そのため、筋肉痛になったばかりの頃に再度筋トレを始めてしまうと、筋肉が十分に回復する前に筋肉に負担をかけることになります。そうなってしまっては、筋肉の超回復にとってよくありません。せっかく筋トレをして筋肉を強化するのであれば、筋肉痛を指標にして超回復をきちんと待ったうえで次の筋トレをおこなうようにしましょう。筋肉痛は筋肉の超回復の具合をはかるための重要な指標となります。そのことをしっかりと意識するようにしてください。

熟練度

筋トレは何度もおこなっていくうちに熟練度が自然と上がっていきます。当然ながら、熟練度が高いほうが、筋肉が回復するまでにかかる時間も短いです。そのため、筋トレの熟練者であれば、毎日トレーニングをおこなっても特に問題はない場合もあります。ただし、きちんと様子を見ながらおこなうことが重要です。筋トレでは決して無理をしてはいけないので、慣れていると自己判断できる場合でも慎重におこなうのが基本です。どのようなときもやり過ぎにならないように細心の注意を払って取り組むようにしてください。

ライフスタイル

筋トレのペースには、それぞれの人のライフスタイルも大きく影響します。特に、睡眠や栄養バランスによって、筋肉の回復のスピードは変化します。また、ストレスの有無や大きさによっても、筋肉の回復には違いが出るでしょう。そのため、それぞれの状況に合ったペースで筋トレをおこなうことが重要です。日々の疲労の度合いによっても筋肉の回復のスピードは変わるため、しっかりと配慮しつつ筋トレをおこなうペースを調整するようにしましょう。

筋トレの目的による頻度の考え方

筋トレのペースは、目的によっても変化します。目的に合わせて筋トレのペースを決定するには、どのような考え方をすればいいのでしょうか。筋トレの目的に合わせて頻度を決めるために押さえておきたいことを紹介します。筋トレをするときは目的を意識することも大切なので、しっかりと目標を意識して頻度を決めるようにしましょう。

筋肉を大きくしたい

体の筋肉大きくするのが筋トレの目的である場合、しっかりと筋肉に負荷をかけることが重要になります。そのため、比較的多めに筋トレを取り入れるとよいでしょう。具体的には、週3回以上筋トレをおこないます。もちろん、特に最初のうちは無理をせず、できる範囲で取り組むことが大切です。1部位を週1回ずつおこなうなど自分なりのルールを決めて取り組むとよいでしょう。

健康的になりたい

健康を目指して筋トレをおこなう場合、体に負荷をかけることよりも継続することを大切にしましょう。週2回を目標に筋トレをおこなうとよいです。あまり無理をすると続けるのが辛くなってしまうので、少しずつ取り組むことをおすすめします。筋トレを習慣にすることができれば、健康維持に加えて筋力増強やダイエットなども目指すことが可能です。最初から高い目標を目指す必要はないため、少しずつ少しずつ取り組んでいきましょう。

自分に合った筋トレのペースをつかもう

自分に合った筋トレのペースをつかもう

筋トレをおこなうときは、さまざまなことを考慮して適切なペースをつかむ必要があります。筋トレをおこなうと体の中の筋肉に刺激が与えられ、筋繊維が破壊されます。このことは、筋肉を育てるために重要なことです。超回復の時間をしっかりと意識して休息をとることで、筋トレの効果を最大限に高めることができます。超回復は筋肉痛とも関係があるので、うまく筋肉痛の痛みと付き合いながら筋トレをおこなっていくようにしましょう。そうすれば、理想的な筋肉の状態を作り上げやすくなります。些細なことにも思えますが、筋トレにとって超回復はとても大切なものです。ないがしろにせず、しっかりと意識するようにしましょう。

もちろん、筋トレに適したペースは、人によってもさまざまです。初めて筋トレに取り組む場合は、筋トレをおこなった後に十分な休息を取り入れることが特に重要です。しかし、筋トレに慣れている場合は、筋トレを毎日おこなっても問題がない場合もあります。大切なのは体の状態に合わせて筋トレをおこなうことです。超回復にかかる時間は生活の仕方にも影響を受けるため、絶対的な基準はありません。個人差もあるので、実際に筋トレをしてみて自分の体の状態を知ることが大切です。体に合ったペースで筋トレをおこなえば、効果的に体に筋肉をつけていくことができるでしょう。筋トレは単に筋肉を増やしたい場合だけでなく、健康維持やダイエットにも効果を発揮します。目的や体の状況に合わせて筋トレをおこないましょう。


TOPへ