筋肉トレーニング前後の食事はどうしたらいいの?

 

筋肉トレーニング前後の食事はどうしたらいいの?

筋トレをし、効果をしっかり得るためには、食事の内容がとても重要です。筋トレをおこなっても、食事の内容がよいものでなければ、筋トレによる効果を期待するのは難しいといわざるを得ません。筋トレの前後では具体的にどのように食事に注意すればいいのでしょうか。

今回は、筋トレ前後の食事で気を付けたいことについて説明します。具体的な栄養素について触れながら解説していきます。筋トレの効果をしっかりと得たいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

筋トレにおける食事の重要性

筋トレにおいては、なぜ食事にも気を付ける必要があるのでしょうか。効果的に筋トレをおこなうためには、栄養のバランスが重要だといわれています。食事で摂取したい筋トレに必要な栄養素について確認しましょう。

筋肉の回復や成長に必要な「たんぱく質」

筋トレをおこなうなら、たんぱく質はとても重要な栄養素です。たんぱく質は筋肉の回復や成長のときに必要となります。もしも筋肉が回復や成長をする際に十分なたんぱく質がなかった場合、筋肉を育てることができません。そうなれば、せっかく筋トレをおこなっても、その効果を感じることは難しいでしょう。筋トレの効果を高めるためには、たんぱく質の積極的な摂取がカギとなります。筋トレのためにプロテインを摂取する人も多いので、そういったものを活用するとスムーズにたんぱく質を摂取することができます。

動かすエネルギーとして求められる「炭水化物」

筋トレに必要な栄養素は、たんぱく質だけではありません。筋トレと言えばたんぱく質だというイメージをもっている人も少なくないですが、たんぱく質だけを摂取しても筋肉をうまくつけることはできません。なぜなら、筋トレをしてしっかり体を動かすためには、エネルギー源となる栄養素が必要だからです。エネルギー源になる栄養素としては、炭水化物があげられます。そのため、食事の際はバランスに気を付け、それぞれの栄養素をしっかりと摂取する必要があります。

空腹時や満腹時は筋トレをしてもいいの?

筋トレをおこなうためには、しっかりとした栄養補給が必要不可欠です。空腹時や満腹時に筋トレをおこなった場合は、筋トレに対してどのような影響が出るのでしょうか。筋トレと食事の関係について理解するためには、空腹時と満腹時の筋トレについても理解しておきたいところです。ここでは、空腹時や満腹時における筋トレについて確認しましょう。

空腹時

空腹時に筋トレをおこなうのは、避けたほうがよいといわれています。なぜなら、空腹時は体に栄養素が足りていない状態だからです。空腹時に筋トレをおこなっても、栄養不足により筋トレの効果が低減してしまうでしょう。せっかく筋トレに取り組むのであれば、その分の効果をしっかりと得たいですよね。そのためには、しっかりと栄養を補給した状態で筋トレに励むことが大切です。

満腹時

では、満腹時に筋トレをおこなうのはどうなのでしょうか。満腹時に筋トレをおこなえば、しっかりと栄養が体に補給された状態のように思えますよね。しかしながら、満腹時も筋トレは避けたほうがよいといわれています。満腹時に筋トレをおこなうと、消化不良が起きてしまう恐れがあります。そのため、トレーニングをおこなうときは少なくとも2~3時間前には食事を済ませておいたほうがよいでしょう。そうすれば、ある程度食べ物の消化が進んでおり、万全の体調で筋トレを始めることができます。

筋トレを食前・食後にするメリット・デメリット

筋トレの前後に食事をする場合、それぞれにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここでは、それぞれについて紹介します。筋トレをおこなうときは食事のタイミングによるメリット・デメリットをしっかり押さえておくようにしましょう。

食前の場合

食事の前に筋トレをおこなえば、体に残っているエネルギーを効率よく使うことができます。そのため、脂肪燃焼の効果が期待できます。ただし、あまりにもお腹が空いている状態で筋トレをおこなってしまうと、ケガや体調不良につながる原因になります。トレーニング中にエネルギー不足になる恐れもあることを理解しておきましょう。

食後の場合

食事の後に筋トレをおこなうと、体内にしっかりと栄養を蓄えた状態でトレーニングすることができます。トレーニングに対する集中力が高くなりやすく、パフォーマンスも向上させやすいでしょう。ただし、脂肪をエネルギーとして使用するまでに時間がかかる恐れがあるため、ダイエットを期待して筋トレをする場合にも効率が悪くなるケースもあります。

筋トレ前後の食事内容

筋トレの前後では、どのような食事内容にすればいいのでしょうか。基本的には、高たんぱくを意識することが特に重要です。そのうえで、筋トレの目的に合わせて必要なカロリーを摂取するようにしましょう。たとえば、筋肉を増強したいのであれば高カロリーを摂取したほうがよいです。炭水化物もしっかりとることで、筋トレに必要なパワーを蓄えることができます。反対に、体を引き締めたいのであれば、低カロリーの食事を意識したほうがよいでしょう。

さらに、さまざまな栄養素をバランスよく摂取することが大切です。たんぱく質、炭水化物、脂質の基本の栄養素を意識し、どれも欠けることがないようにしてください。さらに、ビタミンやミネラルなども身体にとって重要な栄養素です。それも意識した食事内容を考えましょう。筋トレをするなら、食事制限はしてはいけません。食事制限をすると、筋肉の疲労回復ができなかったり、トレーニング効果がでなかったりといった弊害が出ます。体を絞りたい場合でも、トレーニングの内容を工夫することで目標達成を目指しましょう。なお、トレーニング後は吸収がよい状態になっているため、甘いお菓子やアルコールの摂取は控えたほうがよいです。

筋トレ翌日の朝食の必要性

筋トレの翌日は、特に食事に気を使う必要があります。筋トレをした翌日は、朝食をしっかりとるようにしましょう。なぜなら、睡眠中には、筋トレで壊れた筋肉を補うために、大量のたんぱく質が消費されているからです。朝食をしっかりとらないと、脳に栄養が行きわたらず、その日のパフォーマンスが落ちてしまう可能性があります。筋トレにしっかり取り組むなら、食事の内容にも最新の注意を払いましょう。

筋トレの前後では食事の内容に気を付けよう

筋トレの前後では食事の内容に気を付けよう

筋トレをするなら、それとセットで食事の内容にも注意しなければなりません。食事は体を作るための材料です。そのため、筋トレで体に筋肉をつけたいのであれば、筋肉の材料となる栄養素が必要となります。筋肉をつけるためには、筋トレにしっかり励むためのエネルギー源も必要です。つまり、筋トレをするなら、バランスのよい食生活がとても重要だということです。仕事や私生活が忙しいと、つい食事のバランスが乱れてしまいがちな人も多いのではないでしょうか。しかし、筋トレで体を鍛えるのであれば、普段の食事にも気を払う必要があります。せっかく筋トレをしても食事の内容がきちんとしていなければ、筋トレの効果を得ることはできません。筋トレをおこなうなら、食事内容にまでしっかりと気をまわしましょう。そうすれば、理想の体に早く近づけるようになります。


TOPへ