リンパケア資格とは?種類や仕事で活かせるおすすめのマッサージ資格 | 資格取得の通信講座・通信教育SARAスクール
  • TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声

リンパケアに関する資格を取得してむくみやこりを改善しよう

体内の余計な水分や老廃物を促し、むくみや冷え対策にも効果的だといわれるリンパケア。美容や健康を意識する女性を中心に注目が集まり、リンパケアに関する資格を取得する人も多くいます。
リンパケアに関する資格を取得すると、学びを通して得た知識や技術を、自分自身のケアや美容に関わる仕事や生活に活かすことができます。ここでは、リンパのしくみやリンパケアによって期待できるメリットのほか、資格を活かして活躍できるフィールドなどを解説します。

リンパケアに関する資格を取得してむくみやこりを改善しよう
リンパケア資格取得講座

リンパケアとは?

「リンパケアは美容や健康に良さそう」というイメージを持っていても、具体的にどういったものなのかを理解している人は意外と少ないかもしれません。まずは、リンパの働きやリンパケアの目的についてご紹介しましょう。

滞りやすいリンパの流れを促す

人の体内には、余計な水分や老廃物を排出してくれるリンパ液が流れる管(リンパ管)が張り巡らされています。リンパ液には老廃物などを運ぶ役割がありますが、血液のような心臓のポンプ機能がないため、流れが滞りやすいといわれています。リンパ管とそこを流れるリンパ液、中継地点であるリンパ節を総称してリンパと呼び、これらリンパ系の流れを促すためのケアがリンパケアなのです。
リンパの流れが悪くなると、水分や老廃物が体内に溜まってむくみを引き起こしたり、肩こりや肌のくすみを招いたりする可能性があります。

美容や健康意識の高い女性を中心に人気が集まっている

リンパのしくみや機能が明らかになるにつれて、それをケアするリンパケアという考え方が浸透するようになりました。ヨーロッパなどではリンパドレナージュとも呼ばれ、医療分野でも広く取り入れられています。日本でも、「むくみを改善してきれいなスタイルに見せたい」「新陳代謝を良くしたい」など、美容や健康意識の高い女性を中心にリンパケアの人気が高まっています。

リンパケアで期待できる効果とは?

リンパケアで期待できる効果とは?

リンパケアでは、マッサージとは異なるアプローチから施術を行い、ソフトタッチでリンパの流れを促していきます。では、リンパケアを行うことによって、どのような効果が期待できるのでしょうか。

むくみや冷えの改善

リンパは、体内の老廃物や余分な水分を排出する役割を担っているため、流れが滞ると体に余計な物が溜まり、むくみにつながることがあります。リンパケアで老廃物をスムーズに排出できれば、気になるむくみも解消へと導けるかもしれません。また、リンパケアは、リンパの流れを促すと同時に、血行促進にも効果的だといわれています。末梢神経までしっかり血液が行き渡れば、冷えも改善を目指せるでしょう。

基礎代謝の向上

リンパケアは、基礎代謝のアップにも効果が期待できます。体の中に老廃物が溜まると、どうしても代謝が悪くなってしまいます。リンパケアによってリンパと血液の流れを促進することができれば、基礎代謝が上がり、効率の良いエネルギー消費につながる可能性が高いのです。「ダイエットをしてもなかなか体重が落ちない」「体質的に太りやすい」という人にも、リンパケアは多く取り入れられています。

体のこりの改善

体のこりは、筋肉のトラブルだと思われがちですが、肩こりや腰痛といった不調にリンパが影響している可能性もあります。リンパケアで、リンパや血液の流れを改善されれば筋肉もほぐれ、慢性化しがちな体のこりの改善や予防を目指すことが可能です。

免疫力アップ

リンパの流れが滞り、体に不要な物が蓄積すると、免疫機能の低下につながってしまうといわれています。特に、老廃物が溜まりやすいとされているのが、リンパの�����継地点であるリンパ節です。リンパの流れをスムーズに保つことで、免疫力の低下を防ぐよう働きかけることもできるで���ょう。

リラクゼーション効果に期待

リンパケアは、基本的に手指を用いて行うため、施術の心地良さや肌にふれることによるリラクゼーション効果も期待できます。現代はストレス社会とも呼ばれ、癒やしを求めている人は男女を問わず増えているため、健康や美容のためだけではなく、心の疲れを癒やすためにリンパケアを受ける人も多いのです。

リンパケアに関する資格を取得するメリットとは?

リンパケアの魅力を実感した人の中には、施術を受けるだけではなく、自分でもリンパケアに関する資格を取得するケースが増えているようです。リンパケアに関する資格を取得すると、どのようなメリットがあるのかを見てみましょう。

セルフケアで体質改善を目指せる

リンパケアに関する資格を取得すると、正しいリンパケアの方法が身に付きます。学んだ知識を活かしてセルフケアを行い、体調や体質の改善を目指すことができるでしょう。顔のくすみや脚のむくみなど、自分自身の悩みに応じたピンポイントのケアができるようになります。

体のしくみに詳しくなれる

リンパは全身に流れているので、リンパケアの施術には体のしくみに関する知識が必要不可欠です。リンパケアに関する資格を取得するには、リンパはもちろん血液、筋肉など、人の体について深く学ぶ必要があります。そのため、身に付けた知識は、リンパケア以外でも役立つシーンがあるかもしれません。

身近な人を癒やしてあげられる

リンパケアは基本的に手でふれて行うため、特別な道具は必要としません。自宅でも手軽にケアができるため、家族や友人など、身近な人をリンパケアで癒やしてあげることができます。資格を取得すれば、肩こりやむくみといった体の悩みにも適切なケアができることでしょう。

美容業界への就職に有利になる

むくみ改善や代謝アップに効果が期待できるリンパケアは、美容業界からも注目されています。リンパケアを専門に行うサロンのほか、リンパケアを施術メニューに取り入れる美容サロンもあります。資格を取得していれば、リンパケアの専門家として、美容業界への就職を希望する際に有利に働く可能性もあるでしょう。

開業につなげられる

資格を取得後、さらに技術を磨いていけば、自分のサロンを開業することも可能です。リンパケアは自宅の一室を利用してサロンを開くこともできるため、副業を考えている人にもピッタリです。

リンパケアの知識を学ぶ方法は?

セルフケアを行う場合も、リンパケアセラピストとして働く場合も、リンパケアの専門知識がなければ施術をすることはできません。リンパケアの知識を学ぶには、どのような方法があるのでしょうか。

書籍などで独学する

リンパケアの初歩的な知識であれば、書籍やウェブ上の情報からでも勉強することができるでしょう。しかし、リンパケアに関する書籍は数多く販売されているため、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあり、実践的なスキルを磨くには独学だけでは難しい場合もあります。

スクールに通う

リンパケアを教えるスクールに通って、専門的に学ぶ方法もあります。専門のスクールでは、実技を交えながら施術に必要な勉強ができるため、リンパケアに関わる幅広い知識を習得できるでしょう。
ただし、通学にはある程度まとまった期間と費用がかかるため、仕事や家事、育児などと両立したいと考える人には難しいかもしれません。

サロンで働きながら経験を積む

リンパドレナージュサロンなどに就職し、働きながら知識を学んでいく道もあります。未経験者歓迎としているサロンでは、入社したスタッフを対象に、しっかりとした研修を行ってくれるケースもあります。場合によっては、資格取得をサポートしてもらえることもあるかもしれません。

通信講座で資格を取得する

リンパケアに関わる仕事をしたいと考えるなら、資格取得がおすすめです。資格を取得すると、セラピストとして活動する上で必要なことを幅広く学べる上、専門知識を身に付けたという証明にもなります。 リンパケアに関する資格には通信講座で取得可能なものもあり、そのような資格なら仕事や家事、育児で忙しい人でも安心です。

リンパケアに関する資格とは?

リンパケアに関する資格とは?

リンパケアに関する資格には、さまざまな種類があります。中でも、通信講座で取得できるリンパケアの資格には、次のようなものがあります。

リンパケアセラピスト

リンパケアセラピストは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定する資格です。効果的なリンパケアの方法や症状別のリンパケア、リンパの流れを良くする食材などの知識を十分に身に付けている人に与えられます。

むくみ改善インストラクター

むくみ改善インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定する資格です。リンパの流れが悪くなる原因やその悪影響といったリンパケアに関する内容のほか、リンパの流れを良くするヨガやストレッチ方法などの知識を持っていることが証明されます。

リンパケアに関する資格を活かせるフィールドは?

就職や転職、キャリアアップを目指す人にもリンパケアに関する資格はおすすめです。リンパケアに関する資格は、次のようなフィールドで活かすことができます。

リンパドレナージュサロンやエステサロン

取得した資格を活かして、リンパドレナージュサロンやエステサロンでセラピストとして働くことができます。実際のカウンセリングや施術を通して、学んだ知識と技術をさらに磨いていくことができます。サロンで経験を積みながら、独立開業を目指すのもひとつの方法です。

医療施設や福祉施設

リンパケアを必要とするのは、美容目的の人だけではありません。心地良い施術で体質や体調の改善に働きかけるリンパケアは、世代や性別を問わず施術が可能です。医療施設や高齢者向けの介護施設などを中心に、健康とリラクゼーションのためにリンパケアを取り入れるケースも増えています。

スポーツクラブやフィットネスクラブ

スポーツクラブやフィットネスジムの中には、会員向けにリンパケアのサービスを導入している施設もあります。資格を取得することでリンパの流れを良くするヨガやセルフストレッチといった知識も身に付くため、スポーツクラブなどでも大いに役立つでしょう。

スパ施設

サービスの一環として、リンパケアを取り入れるスパ施設も増えています。入浴で温まった体にリンパケアの施術を行うことで、より効率的にリンパや血液の流れを促すことができるでしょう。リラクゼーションの場でもあるスパ施設では、リンパケアのスキルも重視されるポイントです。

独立してサロンを開業する

リンパケアの知識とスキルを活かして、リンパケアセラピストとして独立し、サロンを開業するという道もあります。比較的低予算でも開業できるため、自宅やマンションの一室を利用したサロンで活動する人もいます。

リンパケアに関する資格を取得して、仕事や生活に活かそう

リンパの流れが滞ると、余計な水分や老廃物が体内に溜まりやすくなり、むくみや免疫力低下につながってしまうことがあります。健康や美容、癒やしのために、リンパケアはとても効果が期待できる施術だといえるでしょう。
リンパケアに関する資格を取得すれば、就職やキャリアアップに活かせるほか、自分や家族に対してもケアを行えるようになります。リンパケアに関する資格は通信講座でも取得を目指すことが可能なので、興味のある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

リンパケアを学ぶなら

リンパケア通信講座

SARAのリンパケア資格講座は2種類のリンパケア資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。



リンパケアに関する記事一覧

リンパケア資格取得講座

リンパケア資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座