ピラティスで開業するには?事前準備や必要なことをチェック

 

ピラティスで開業するには?事前準備や必要なことをチェック

 

ピラティスのインストラクターとして開業するためには、どういった準備が必要なのでしょうか。ピラティスで開業してたくさんのお客さんを集めることができれば、自分の力でピラティスの魅力を多くの人に伝えることができます。せっかく開業するのであれば、準備をしっかりと整えて万全の状態で始めましょう。

今回はピラティスで開業するために必要なものや準備について紹介します。ピラティスで開業したいという思いがあるなら、ぜひチェックしてみてください。ピラティスで多くの人の健康をサポートしましょう。

ピラティスで開業するには?

ピラティスで開業するには、どういったことが必要になるのでしょうか。実際に開業するのであれば、そういった部分にもしっかり配慮したいところです。まずは、ピラティスで開業するための基本的な部分について見ておきましょう。

ピラティスに特別な資格は必要ない

ピラティスで開業する場合、特別な資格を取る必要はありません。ピラティスについての資格が何もない状態でも、ピラティスで開業することができます。ただし、お客さんを集めて仕事をするためには、信頼や安心感を獲得するために資格はあったほうが有利です。ピラティスの知識や技能を身に付けていくうえでは、資格をとれる機会も多いのでそういったときに取得しておくことをおすすめします。

開業届が必須

自分で独立して仕事を始めるためには、開業届が必要です。税務署に届け出を出すだけで手続きが完了します。忘れがちな部分なので、開業したら必ず提出するようにしましょう。税金について分からないことがあれば、税務署に相談するとしっかりとした回答が得られます。

ピラティスで開業するために必要なもの

ピラティスで開業するためには、どういったものを用意すればよいのでしょうか。商売道具ですから、最初にきちんとそろえておきたいところです。事前にしっかりと確認しておきましょう。

レッスン場の確保

ピラティスのレッスンをおこなうためには、ある程度の広さがある会場が必要です。レッスン場はその都度レンタルしても問題はありません。ただし、継続して集客するにはある程度同じ場所でレッスンを開いたほうが、リピーターを獲得しやすいでしょう。ピラティスの会場としては、大きな鏡があるところを選びましょう。なお、ピラティスのスタジオで枠をもらってレッスンをおこなうというのも1つの手です。

ヨガマット

ピラティスのレッスンでは、最低でもヨガマットは必ず必要です。自分自身の分はもちろん、お客さんの分をどうやって確保するかも考えなければなりません。全員分を用意するのが難しければ、ヨガマットはお客さんに持参してもらうようにするというのでもいいでしょう。

レッスン内容に合わせた器具類

ピラティスではレッスン内容によってさまざまな道具や器具を使用します。そのため、それらを使用するレッスンを予定しているなら、どうやって準備するかも考えておく必要があります。

自宅開業のメリット

ピラティスで開業するなら、自宅で開業するというのも1つの方法です。ピラティスを本格的におこなうためには、さまざまな道具や器具が必要になるため、会場を毎回借りるのは大変です。ここでは、自宅開業のメリットについて見てみましょう。

自分だけのスタジオを作ることができる

自宅で開業するなら、スタジオを思い通りに使うことができます。自分だけのスタジオを作り上げられるというのは、それだけでも大きな魅力となるはずです。

家賃や交通費がかからない

自宅で開業する場合、スタジオ代の家賃やレンタル料がかかりません。また、会場へ出向くための交通費がかからないというのもメリットです。家賃だけでなく、毎回の交通費もかかるとなると結構な出費になります。こういった費用は積み重なると大きな金額になることが予想されます。自分で開業するとなると、さまざまな部分にお金がかかるため、ちょっとした経費でもおさえられる部分はおさえておいたほうがいいでしょう。

時間に融通がきく

自宅で開業すれば、時間の融通がききやすくなります。たとえば、午前と午後にレッスンがある場合でも、間のスキマ時間を自宅で有効活用することができます。家事をこなしたり、ちょっとした用事を済ませたりすることもできるでしょう。開業して無理なく仕事を続けたいと思うなら、自宅で開業するのがおすすめです。

成功させるための事前準備

ピラティスでの開業を成功させるためには、事前の準備がとても大切です。実際に開業してから「こんなはずじゃなかった!」と思う羽目になっては大変です。必ず確認して万全の準備を整えておきましょう。

集客や営業はどうするのか

自分で開業するとなると、集客や営業も自分の力でおこなわなければなりません。大きなスタジオやフィットネスクラブとは違い、知名度がない状態なら集客や営業は意外と大変です。どういった手段でお客さんを確保するのかあらかじめしっかりと考えておきましょう。集客がうまくいかないと、せっかく開業したにも関わらず閉店の恐れも出てきてしまいます。そうなっては意味がありません。集客や営業方法については、長い目で計画を立てておきましょう。

ターゲット層や内装の設定

ピラティスで開業するなら、ターゲット層や内装などのコンセプトをしっかりと設定しておくことが大切です。ピラティスはお客さんにとっては非日常的な特別なものです。そのため、その人が求めるような魅力的な空間でなければなりません。どういった人がどのような空間を求めているのかについてしっかり調査し、適切なスタジオづくりをしましょう。

リピーターを得るための工夫

開業してお客さんを集めるためには、リピーターの存在が重要です。一度来てくれたお客さんがその後も何度も通ってくれたら、お客さんはどんどん増えていきます。一度来た人が何度でも着たくなるような工夫を取り入れましょう。たとえば、スタジオの雰囲気に配慮することはもちろん、会員限定の割引やメニューを用意するのも1つの方法です。常にお客さんの立場に立ち、魅力的なサービスを提供できるようにしていく必要があります。

問い合わせ先やHP

スタジオに興味をもってくれた人が確実にお客さんになってくれるようにするためには、問い合わせ先を明確にしておくことが重要です。チラシなどに問い合わせ先をしっかり明記したり、HPを用意したりしてスタジオの魅力をしっかり伝えることも大切です。

ピラティスで開業して多くの人に魅力を伝えよう!

ピラティスで開業して多くの人に魅力を伝えよう!

 

ピラティスで開業したいなら、事前準備をしっかりとおこないましょう。個人で開業するとなると、さまざまな課題をクリアしなければなりません。しっかりと用意を整えなければ、途中での挫折につながる可能性もないとはいえないでしょう。ピラティスで開業するなら、十分すぎるくらいの徹底的な準備をしてください。そうすれば、より多くの人が集まる素敵なスタジオを作ることができるはずです。

ピラティスは、非常に効果の高いエクササイズです。ピラティスで開業するなら、よりたくさん集客できる環境を整えて、たくさんの人にピラティスの魅力を伝えられるようにしましょう。そうすれば、自分自身の手で多くの人を笑顔にすることができます。しっかりとさまざまな準備を整えた上で開業して、事業の成功を目指しましょう。

ピラティスに関する記事一覧

 

 

ピラティスについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


TOPへ