人を癒す仕事!リフレクソロジストとは?

 

リフレクソロジーのプロフェッショナルは、リフレクソロジストとよばれています。リフレクソロジストは、お客様の身体の不調と精神的なストレスを癒すのが主な仕事です。多くの人の役に立つことができるので、やりがいも非常に大きいといえるでしょう。

リフレクソロジストになると、どういった仕事をすることになるのでしょうか。今回は、リフレクソロジストとはどういった職業なのかについて紹介します。仕事内容や適性、勤務時間などについても言及するので、ぜひ参考にしてみてください。

「リフレクソロジスト」とは?

人を癒す仕事!リフレクソロジストとは?

 

リフレクソロジーを専門的に施術する「リフレクソロジスト」とは、具体的にはどういった職業なのでしょうか。まずは、その基本的な立ち位置について紹介します。

リフレクソロジーを実践する民間療法士

リフレクソロジストは、リフレクソロジーを専門に施術できる民間療法士です。民間の認定団体が資格を認定しています。とはいえ、必ず資格がなければいけないということはありません。リフレクソロジーをしっかりと理解して適切に施術することができる人なら、誰でもリフレクソロジストとして活躍できます。

心身のバランスを整える人

リフレクソロジストは、リフレクソロジーによってお客様の心身のバランスを整えるのが主な仕事です。リフレクソロジーは身体の不調を改善するだけでなく、気分をリラックスさせる効果も発揮します。そのため、それぞれのお客様の状態に合わせた施術や接客によって、心身を癒せるように努力しなければなりません。単なる足つぼマッサージとは違い、リラックスの効果にも重きを置いているので、話し方など施術以外の部分にもしっかり配慮する必要があります。

リフレクソロジストの仕事内容

リフレクソロジストになると、どのような仕事内容を担う必要があるのでしょうか。より具体的なポイントについてみていきましょう。

体の不調をみつけて手や指を使い刺激する

リフレクソロジストはお客様1人1人に合わせたリフレクソロジーの施術をおこなうことで、健康やリラックスの効果を与えていきます。お客様からのヒアリングも重要ですが、実際に施術を始めてみると、お客様自身は気が付いていない不調が足の裏にあらわれている可能性もあります。そのため、施術を始めたらしっかりとお客様の身体が出しているサインを見極めながら、それを逃さずに見つけることが重要です。リフレクソロジーでは手や指を使ってお客様の足を直接触ります。そのため、ダイレクトに体の状態を掴むことができるでしょう。ちょっとした不調のあらわれを見逃すことがないよう、プロとしてしっかりとアンテナを張る必要があります。

適切な施術とアドバイスをする

お客様の不調を発見したら適切に施術をしましょう。ほかのお客様にとっては痛みのない強さであっても、そのお客様にとっては痛いと感じる強さである場合もあります。そのため、お客様の様子にもしっかりと配慮しながら、それぞれのお客様に合わせた対応をしていくことが重要です。また、施術が終わったら、お客様に対してしっかりとしたフィードバックやアドバイスもしなければなりません。そういった点を踏まえると、リフレクソロジストはお客様と円滑なコミュニケーションができるということも1つの重要な適性だといえそうです。

リフレクソロジストに向いている人

リフレクソロジストにはどういったタイプの人が向いているのでしょうか。それぞれ例をあげてみてみましょう。

サービス精神のある人

リフレクソロジストとしては、サービス精神のある人が向いているといえます。リフレクソロジストはお客様のリラックスや健康増進のために、親身になって対応できるようでなければつとまりません。そのため、人に尽くすサービス精神にあふれている人なら、スムーズにリフレクソロジストとして活躍していくことができるでしょう。

体力がある人

リフレクソロジストになるなら体力も必要です。リフレクソロジストになれば、1日中マッサージをすることになります。マッサージには意外と力を使いますし、お客様1人1人に合わせた丁寧な対応をしていくとなると精神もかなり消耗するはずです。どんな場面でも明るく親切に振舞えるように、リフレクソロジストを目指すならある程度しっかりとした体力や精神力をつけておいたほうがよいでしょう。

手先が器用な人

リフレクソロジーでは手や指を使って足の裏を刺激していきます。マッサージは足の指などに対しておこなうこともあるので、作業はとても細かいです。そのため、リフレクソロジストには、細かい作業が得意で手先が器用な人が向いているといえるでしょう。一般的に小柄で手が小さい人はマッサージで力が入りづらいですが、リフレクソロジーなら細かく力を与えていくので小柄さは武器になります。

リフレクソロジストの仕事事情

リフレクソロジストとして勤務するとなると、どういった流れになるのでしょうか。最後に勤務の具体的な時間帯についてみてみましょう。

基本的に10~22時の間に営業

リフレクソロジーのサービスをおこなうお店は、10~22時の間で営業している店舗が多いです。シフト制で早番や遅番に分かれています。とはいえ、実際に勤務するのは、営業時間の前後の時間まで含むことがほとんどです。そのため、10時から営業をしているなら、早番の時は9時や9時半に出社しなければならないでしょう。また、22時までの営業では、遅番のときは22時や23時半頃まで店舗で仕事をすることになります。ただし、女性が大半を占めるマッサージやエステの会社では、女性が勤務しやすいような体制作りに力を入れているところもあります。勤務時間について不安があるなら、そういった企業を探してみるとよいでしょう。

24時間営業や夜間営業がある場合も

リフレクソロジーのお店の中には、24時間営業や夜間営業をしているところもあります。お客様の中には、自分の仕事を終えたあとに通ってくる人も多いからです。そのため、平日では昼間より夜間のほうが忙しい場合もあるでしょう。夜の勤務となれば、昼間より給料が高い傾向があります。ただし、夜間は勤務するのが難しいという人は、そういった営業をしている企業は避けたほうがよいでしょう。いろいろなタイプのお店があるので、自分に合ったところを選んでみてください。

リフレクソロジストはリフレクソロジーでお客様を癒す仕事

リフレクソロジストはリフレクソロジーでお客様を癒す仕事

 

リフレクソロジストは、リフレクソロジーでお客様を癒すプロフェッショナルです。リフレクソロジーに関する知識をしっかりと身に付けているのは当然のことながら、お客様のことを第一に考えてできる限りの対応ができるようにしなければなりません。高い技術力とともに、コミュニケーションスキルも必要だといえるでしょう。

また、リフレクソロジストとして働けるお店には、いろいろなところがあります。たとえば、それぞれ営業時間も独自のスタイルをとっています。そのため、それぞれの勤務条件を比べてみて、自分が長く働けるようなお店を選んで応募することも重要です。リフレクソロジストとしてしっかりと活躍したいなら、そういったキャリア面についても考えておくとよいでしょう。リフレクソロジストになってリフレクソロジーのプロになり、人を癒す仕事を始めませんか。

リフレクソロジーに関する記事一覧

 

 

 

リフレクソロジーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ