リフレクソロジーと足つぼマッサージの違いとは?

 

リフレクソロジーは足裏を刺激して健康やリラックスを促す方法です。リフレクソロジーと似たものとして足つぼマッサージがあげられます。これらはいずれも足裏に刺激を与えることで健康を目指すものです。しかしながら、両者には明確な違いがあります。成り立ちだけでなく、施術を受けたときの感覚も異なるのであらかじめチェックしておいたほうがよいでしょう。

リフレクソロジーと足つぼマッサージには、具体的にどういった違いがあるのでしょうか。今回は、リフレクソロジーと足つぼマッサージの違いについて紹介します。

施術法の違い

リフレクソロジーと足つぼマッサージの違いとは?

 

リフレクソロジーと足つぼマッサージには、さまざまな違いがあります。それは具体的にいうと、どのような違いなのでしょうか。まずは施術法の違いについてみてみましょう。

反射区とツボの違い

リフレクソロジーと足つぼマッサージは、それぞれ刺激する対象となるものが違います。リフレクソロジーで刺激するのは反射区であるのに対し、足つぼマッサージで刺激するのはツボです。また、リフレクソロジーでは反射区を主に指を使って施術しますが、それに対して足裏マッサージではツボ押しを棒や関節などを用いて施術します。そのため、足つぼマッサージではリフレクソロジーよりも強い刺激が与えられます。

反射区は”面(ゾーン)”、ツボは“点(ポイント)”

リフレクソロジーと足つぼマッサージの違いである反射区とツボには、具体的にどういった違いがあるのでしょうか。まず、リフレクソロジーの反射区については、ある程度の面(ゾーン)ごとに区切られています。リフレクソロジーにおいては、全身の頭からつま先までに10本のエネルギーのラインがあり、それぞれ器官や臓器が対応していると考えられています。そのため、反射区を刺激することにより、刺激が器官や臓器に伝わります。

一方、足つぼマッサージのツボは、点として考えられています。というのも、ツボは理論のベースが経絡になっています。そのため、ツボは全身に細かい点として分布していると考えられているのです。点を見つけてそこを集中的に刺激することで、ツボ押しによる効果を発揮することができます。

施術感や効果の違い

リフレクソロジーと足つぼマッサージには、施術感や効果についても違いがあります。実際にマッサージを受けるなら、施術感や効果の違いはとても重要です。リフレクソロジーと足つぼマッサージの施術感や効果の違いについてくわしく確認しましょう。

リフレクソロジーは深いリラクゼーションをもたらす

リフレクソロジーは心身のストレスを開放する効果が高いです。そのため、体の状態を知るにはちょうど良いバロメーターであるといえるでしょう。気分をリラックスさせるだけでなく、心身の働きを活発にする効果も期待できます。血行か促進されて新陳代謝がアップしたり、病気にならない体づくりをしたりすることができます。なお、施術をして痛いと感じることはありません。リフレクソロジーでは施術で痛みを与えてしまうと、ストレスを与えることになり逆効果だと考えられています。そのため、リフレクソロジーを受けると気持ちよい感覚になれるので、すっきりリフレッシュすることも可能です。痛みが無いので、力強いマッサージなどが苦手だという方でも安心して施術を受けることができるでしょう。しっかり効果を得たい場合でも、リフレクソロジーなら高い効果を期待できます。

足つぼマッサージは体調を整えるのが目的

足つぼマッサージにはリフレクソロジーのようなリラックス効果はありません。体の調子を整えるのが大きな目的なので、ツボを刺激することにより強い痛みが出る場合もあります。足つぼマッサージにも高い健康効果が期待できますが、痛みがひどすぎると続けられない恐れもあるでしょう。足つぼマッサージは体の状態によっては強い痛みが出るので、初めて受けるときは様子をみることができるような強さでの施術を依頼したほうが無難といえそうです。なお、足つぼマッサージそのものにはリラックス効果はないとされていますが、足つぼマッサージによって体の調子が良くなり、結果的に体がリラックスするという状況は十分に考えられるでしょう。そのため、リラックスもしたいが本格的に体の調子を整えたいという場合は、足つぼマッサージを選んだほうがよい場合もあります。

起源の違い

リフレクソロジーと足つぼマッサージには、起源においても大きな違いがあります。ただし、関連している部分もあります。起源について、リフレクソロジーと足つぼマッサージそれぞれをくわしくみてみましょう。

リフレクソロジーは古代エジプト生まれ

リフレクソロジーはとても古くからおこなわれていました。起源は古代エジプトまでさかのぼります。ただし、現在のようなリフレクソロジーの手法に整えられたのは、アメリカだといわれています。アメリカの医師であるウィリアム・フィッツジェラルドが、痛みを和らげるためのセラピーを研究する中で確立されました。彼が発表した「ゾーン・セラピー」という本の中でリフレクソロジーが紹介されたことにより、イギリスやドイツなどのヨーロッパで広まります。そして、さらにはアジア圏の台湾や中国などにも浸透していきました。こういったことにより、リフレクソロジーは世界的に有名なリラクゼーションとしての地位を確立しています。

足つぼは中国の東洋医学生まれ

足つぼマッサージは、中国で生まれた東洋医学の考え方から発祥したといわれています。体系化されたのはリフレクソロジーより前だと考えられています。足つぼマッサージの考え方が近代リフレクソロジーの重要な参考にされたともいわれているようです。足つぼはアジアの中で生まれた高い健康効果を発揮する施術方法です。足つぼマッサージは東洋医学に大きく影響を受けているため、その考え方に裏打ちされた高い効果を発揮することが可能となっています。

リフレクソロジーと足つぼマッサージには明確な違いがある

リフレクソロジーと足つぼマッサージには明確な違いがある

 

リフレクソロジーと足つぼマッサージは似たものどうしですが、両者にはさまざまな違いがあります。成り立ちや施術方法だけでなく、施術を受けたときの感覚も大きく異なるので注意が必要です。リラックスしたいのであればリフレクソロジー、刺激が欲しいときには足つぼマッサージを選ぶとよいかもしれません。もちろん、それぞれは大きく影響し合いながら現代までその手法が受け継がれてきたと思われます。いずれも健康によい影響を与えるものなので、ぜひ積極的に受けるとよいでしょう。

なお、とくにリフレクソロジーなら、健康効果とともにリラックス効果も得ることができるので、何かと疲れがたまりやすい現代人にとってはぴったりの施術だといえるのではないでしょうか。リフレクソロジーは1回でももちろん効果はある程度しっかりと発揮されます。そのため、初めて受けたあとは体がとても軽くなったような感覚を味わえるでしょう。ただし、1回だけではすぐにその効果は切れてしまうはずです。そのため、定期的にリフレクソロジーを施すことで、体の状態を調整しながらよりよい毎日につなげていきましょう。上手くリフレクソロジーを取り入れることができれば、毎日をよりすっきりとした気分で送ることができるようになるはずです。

リフレクソロジーに関する記事一覧

 

 

 

リフレクソロジーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ