リフレクソロジーの資格をとるには?種類や方法を解説

 

リフレクソロジーにはさまざまな資格があります。リフレクソロジストとして働きたいなら、そういった資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。いろいろな種類があるので、自分の目指しているリフレクソロジストとして役立ちそうなものを選ぶのがポイントです。学べる内容や資格の取得方法も異なるので、違いを比較してみるのはとても重要です。

リフレクソロジストの資格にはどういったものがあるのでしょうか。今回は、リフレクソロジストの資格について、詳しくみていきましょう。

リフレクソロジストに資格は必要?

リフレクソロジーの資格をとるには?種類や方法を解説

 

リフレクソジストになるためには、資格は必要なのでしょうか。リフレクソロジストとして働くためには重要な部分なので、しっかりと確認しておきましょう。

特別な資格は必要ない

リフレクソロジストには複数の資格が存在します。ただし、リフレクソロジストになるためには、資格を必ず取らなければならないというわけではありません。資格がなくても技術さえあれば、リフレクソロジストとして活躍することは可能です。

就職には有資格者が有利

ほかの職種からリフレクソロジストへ転向する場合は、リフレクソロジストの資格を有していると有利になることもあります。もちろん、資格をもっているだけでは、経験豊富なリフレクソロジストには敵いません。しかしながら、何も資格をもっていない人に比べれば、リフレクソロジストになりたいという熱意や本気度を感じさせることができるでしょう。また、実際に働き始めてからも、自ら主体的に学ぼうという姿勢をもっていることをアピールすることにもつながります。

国家資格ではなく民間資格

リフレクソロジストの資格は、いずれも国家資格ではなく民間資格です。複数の資格認定団体があります。それぞれが認定している資格には、微妙に異なる特徴があるので、自分がどんなリフレクソロジストを目指しているのかに合わせて資格を選ぶようにするとよいでしょう。

知識や技術を身につけることは大切

リフレクソロジストになるためには、絶対に資格が必要だということはありません。しかしながら、リフレクソロジストになるためには、きちんとした知識や技術を身につけることが重要です。その手段として資格取得はとても有効だといえます。そのため、実際にリフレクソロジストとして活躍するためのスキル身につけるために資格を取得するというのはとても重要です。逆にいえば、知識や技術を身につけるよりも資格を取ることが目的になるようでは、あまり意味はないといえるでしょう。資格認定に必要な知識をしっかりと身につけることで、資格取得を目指すようにしてください。

リフレクソロジーの資格の種類

リフレクソロジーには複数の資格があります。それぞれの特徴を理解して、自分のイメージする働き方に合った資格を選ぶようにしましょう。ここでは、リフレクソロジーの大まかな分類について説明したうえで、リフレクソロジストの資格の中でも代表的な3つについて紹介します。

大きく分けて西洋式と東洋式の2種類がある!

リフレクソロジーには、大きく分けて西洋式と東洋式の2種類があります。西洋式はリラックスと健康増進を、東洋式は主に健康増進を目的にしているという違いがあります。前者は施術による痛みがないのに対し、後者は痛みがあるという違いもあります。施術方法も異なるので、自分が求めるのはどちらなのか意識しながら資格を選びましょう。

日本リフレクソロジー協会(RAJA)認定「リフレクソロジスト」

日本リフレクソロジー協会が認定する「リフレクソロジスト」の資格は、英国式リフレクソロジーを日本人向けにアレンジしたものです。協会が運営するスクールや通信講座などを受講し、試験に合格すると認定を受けることができます。

日本ヒーリングリラクセーション協会(JHRS)認定「リフレクソロジープロライセンス実技士」

日本ヒーリングリラクセーション協会が認定する「リフレクソロジープロライセンス実技士」は、欧米式リフレクソロジーを学べる資格です。協会が認める学校や通信講座を修了したのち、試験に受かると資格を取得できます。ただし、ライセンスは3年ごとに更新する必要があり、その都度セミナーを受講して単位を取得しなければなりません。取得するなら長い目でみて役立てられるかを意識したほうがよいでしょう。

ジャパントータルフットケア協会(JTFA)認定「台湾式リフレクソロジスト」

ジャパントータルフットケア協会(JTFA)が認定する「台湾式リフレクソロジスト」 は、東洋式のうち台湾で発展したリフレクソロジーを学ぶことができる資格です。協会が運営するアカデミーを受講して単位を取得し、卒業検定に合格すると資格を取得できます。

資格を取るには?

リフレクソロジーの資格を取得するためには、具体的にどういったことが必要なのでしょうか。くわしく確認しておきましょう。

専門校に通う

リフレクソロジーについての専門校に通い、リフレクソロジストの資格取得を目指すというのがもっとも一般的な方法です。それぞれの団体が認定している講座を受講し、試験に合格すれば資格の取得ができます。専門校に通えば自分と同じように資格取得を目指す人に出会えるので、いろいろな刺激をもらうことにもつながるはずです。よい情報交換ができれば、今後の進路を考えるのにも役立つかもしれませんね。

通信講座で取得する

在職中などで専門校に足を運ぶのが難しい場合は、通信講座で資格を取るという方法もあります。自分で学習を進められるので、自分のペースで勉強ができます。時間がかかったり、具体的な施術の仕方についての疑問を解消しづらかったりするという難点はありますが、最低限の知識を身につけたいなら十分学ぶことができるでしょう。

エステサロンや整体院などで働きながら取得する

リフレクソロジーの資格を取る前にリフレクソロジーを施術する仕事を始め、技術を実践しながら資格取得を目指すという方法もあります。実際に技術を使いながら勉強を進めれば、理解度も深まるので資格取得時にはしっかりとした知識と技術が身についていることが期待できるでしょう。まわりに資格取得者が多ければ、それが資格取得のモチベーションアップにもつながります。

リフレクソロジーの資格にはいろいろな種類がある!

リフレクソロジーの資格にはいろいろな種類がある!

 

リフレクソロジストの資格には、いろいろなものがあります。どれを選ぶかによって学べる内容も異なるため、取得を目指す前にしっかりと確認したほうがよいでしょう。そのためには、事前の情報収集が重要です。自分が目指しているリフレクソロジストがどういった資格を取得しているかチェックするのも有用だといえるでしょう。

なお、リフレクソロジストとして働くためには資格が必須というわけではありません。もちろん、リフレクソロジストになりたいという強い意志があるなら、まずは資格取得を目指すのもよいでしょう。しかし、チャンスがあれば資格取得前に就職して、そこで技術を磨きながら資格取得を目指すのも1つの手だといえます。同じ資格の取得方法についても、さまざまなパターンが考えられるので注意してください。リフレクソロジストとしての資格を取得するなら知識と技術の両方をしっかりと備え、一人前のリフレクソロジストを目指しましょう。

リフレクソロジーに関する記事一覧

 

 

 

リフレクソロジーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ