ヨガインストラクターになるには?

 

ヨガインストラクターになるには?

 

ヨガにのめり込んでいくと、ヨガのインストラクターになりたいという気持ちをもつ人も多いのではないでしょうか。ヨガのインストラクターになれば、ヨガについて深い知識をもち、たくさんの人にヨガの素晴らしさを伝えることができます。

とはいえ、ヨガインストラクターは具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。あた、ヨガインストラクターになるにはどうしたらいいのか分からないという人もいるでしょう。今回は、ヨガインストラクターになる方法について紹介します。

ヨガインストラクターの仕事内容

ヨガインストラクターは具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。まずは、ヨガインストラクターの仕事内容について、基本をおさえておきましょう。

ヨガを実践して教える

ヨガインストラクターの仕事は、ヨガを実践しながら教えるのが基本です。ヨガのしかたをしっかりと相手に伝えて、正しい効果を引き出せるようにするのが使命だといえるでしょう。相手の悩みや体の癖に応じて適切な指導をおこなうことが求められます。

正しいポーズや呼吸法を指導する

ヨガインストラクターは正しいポーズや呼吸法をしっかりと伝えられなければなりません。そのため、しっかりとした知識を身につけておく必要があります。相手のお手本となれるようなインストラクターにならなければなりません。

指導メニューの作成する

ヨガインストラクターの仕事は、ただヨガのやり方を指導するだけではありません。ヨガの指導をどのようにおこなうかについてのメニューを作成するのも仕事のひとつです。ヨガは流れが重要なので、指導メニューをしっかりと作っておかないと思ったような効果が得られない可能性もあります。効果的なヨガのメニューを作るには、ヨガに対する適切な知識も持ち合わせいる必要があります。

ヨガインストラクターの職場

ヨガインストラクターとして働く場合、どのような職場で働くことになるのでしょうか。ヨガインストラクターの活躍の場は意外と幅広いです。自分が目指すインストラクターの姿を意識して、それに合う職場を選べるようにしましょう。

ヨガスクール

ヨガを教える場としては、ヨガスクールがあります。ヨガについて専門的な知識や技能を身につけたいと思っている人に対して指導をおこないます。ヨガのプロを育てる必要があるので、指導者となるインストラクターはそれなりにしっかりとした経験を積んでいる必要があります。インストラクターとして長い経験を経たうえで、講師として働くことができます。

ヨガスタジオ

ヨガインストラクターの職場としては、ヨガスタジオがもっともメジャーだといえるでしょう。ヨガを専門に教えるスタジオに所属し、生徒に対してヨガの指導をおこないます。ヨガスタジオの中にはホットヨガなど、特定のヨガに特化したスタジオもあります。そういったスタジオで働く場合は、個別的なヨガの種類に合わせた指導法をマスターする必要があります。

スポーツジム・フィットネスクラブ

スポーツジムやフィットネスクラブでもヨガのレッスンをおこなっているところがあります。スポーツジムやフィットネスクラブでヨガインストラクターとして働く場合は、そういったレッスンを担当することになります。社員として働くのではなく、そのレッスンだけを請け負うという働き方も可能です。

ヨガインストラクターになるには?

では、ヨガインストラクターになるには、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。ここでは、ヨガインストラクターになる方法について詳しく紹介します。自分に向いている方法を選んでヨガインストラクターを目指しましょう・

ヨガインストラクターのほとんどはヨガ経験者

ヨガインストラクターを目指すほとんどの人は、すでにヨガの経験を積んでいる人です。「ヨガを始めてみたらとても楽しくてインストラクターになりたいと思った」という人が多くいます。そのため、ヨガのインストラクターになるなら、まずは趣味のようなかたちでヨガを始めてみて、ヨガが自分に合っているかどうか確かめてみるのがおすすめです。

特別な資格はないため職場があれば誰でもなることができる

ヨガのインストラクターになるためには、必ず必要な資格などはありません。そのため、働く葉所にさえ巡り会うことができれば、誰でもヨガのインストラクターとして働ける可能性があります。

一般的ななり方

ヨガのインストラクターになる方法としては、代表的なルートがいくつかあります。ここでは、ヨガインストラクターになるまでの道のりを紹介します。

 *養成コースを受講

ヨガのインストラクターになるための養成コースがさまざまなスクールやスタジオでおこなわれています。ヨガインストラクターになる人は、こういったところで学び、ヨガの基本をマスターしているケースが多いです。

 *通信講座で知識を学ぶ

ヨガインストラクターに必要な知識は、通信講座で学ぶことも可能です。通信講座でヨガインストラクターの知識を学べば、自分のペースで学習を進めることができます。気軽にヨガインストラクターを目指すことができそうです。

 *就職する

ヨガインストラクターになる方法としては、ヨガスタジオなどに就職するというのもひとつの手です。スタジオの中には、ヨガインストラクターとしての経験がなくても採用してくれるところもあります。そういったスタジオに就職し、働きながらインストラクターとしてのスキルを身につけることができれば、実践的な知識をもつことができます。

必要なスキル

ヨガインストラクターになるためには、さまざまなスキルが必要です。ヨガインストラクターに必要な基本的な知識や能力について紹介します。

 *ヨガの知識

ヨガインストラクターになるためには、ヨガの基本的な知識が必要です。ヨガとはそもそもどういうものなのか、ヨガはどのようにして人々に受け継がれてきたのかなど、基本からしっかりと理解することで、ヨガの根本部分を相手に伝えられるようになります。

 *ポーズの知識

ヨガインストラクターになるなら、ヨガのポーズに対する知識も必要不可欠です。ヨガには数えきれないほどたくさんのポーズがあります。それらをひとつひとつしっかりとおさえることで、正しいポーズのとり方を指導する必要があります。

 *呼吸法の知識

ヨガでは呼吸法がとても大切です。ヨガの呼吸法は難しいので、正しい方法をわかりやすく伝えることで、ヨガの効果をしっかりと発揮できるようにさせてあげなければなりません。

 *コミュニケーション能力

ヨガインストラクターはさまざまな人に指導をおこないます。そのため、誰とでも気軽にやり取りができるような高いユニケーション能力が必要となります。

ヨガに関わる資格とは?

ヨガインストラクターは、とくに資格がなくても名乗ることができます。国家資格などもありません。ただし、ヨガのインストラクターになるなら、全米ヨガアライアンス認定資格というものを取っておくと安心です。多くのインストラクターが取得している資格なので、本気でインストラクターを目指すなら、取得したほうがよりよいでしょう。

ヨガインストラクターになるにはヨガの深い知識が必須!

ヨガインストラクターになるにはヨガの深い知識が必須!

 

ヨガインストラクターになりたいなら、ヨガに対する知識や高い技能が必要です。また、コミュニケーション能力により、しっかりとヨガのやり方を伝えられるかどうかもポイントとなります。ヨガについてしっかりと学び、ヨガインストラクターを目指していきましょう。

ヨガに関する記事一覧


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ