に関するコラム

資格取得の通信教育講座

ファスティングをするなら押さえておきたい注意点

 

ファスティングをするなら押さえておきたい注意点

 

ファスティングは、ダイエット効果が高い健康法です。ただし、ファスティングは体にとって少なからず負担を掛けてしまいます。そのため、ファスティングをおこなうときは、注意点をしっかりと押さえておくことが大切です。ファスティング中はどのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。

今回は、ファスティング中に押さえておくべき注意点について説明します。ファスティングを始める前に、しっかりと確認して注意点を押さえておきましょう。

基本的なファスティングルール

ファスティングはどのようにしておこなえばよいのでしょうか。ファスティングは無理したり誤った方法をおこなったりすると、体に悪い影響が出る場合もあります。そのため、しっかりとルールを押さえたうえで取り組むことが重要です。最初に、基本的なファスティングのルールについて押さえておきましょう。

ファスティング中は固形物を口にしない

ファスティングとは断食のことを指します。そのため、ファスティング中は、基本的に固形物を口にしてはいけません。口にしてよいのは水だけです。場合によっては、一部の食べ物を食べてもよいとするファスティング方法もありますが、基本的には何も食べずに一定期間を過ごすのが普通です。

不要なものをデトックスする

ファスティングの目的は、体にとって不要なものをデトックスすることです。胃腸を休めることで内臓が活性化します。そのため、体のなかの働きを妨げるような飲み物も口にしてはいけません。たとえば、カフェインが多く含まれる飲み物は利尿作用があるため、体内に必要な水分を体の外へ排出してしまいます。そのため、ファスティング中はコーヒーや紅茶などは避け、何も入っていない水だけを飲むようにする必要があります。

水分補給と適度な運動を取り入れる

ファスティング中に必ずすべきことは、水分補給の他にもあります。それは、適度な運動です。適度な運動は筋力の維持に役立ち、それは代謝を上げて体内を活性化させます。ファスティング中は体に栄養素が足りていない状態なので、激し過ぎる運動はNGです。ゆったりと動ける運動をおこなうようにしましょう。

ファスティングをおこなう前の注意点

ファスティングを始めるときは、その前に注意しておくべきことがあります。ファスティングは体に負担がかかるものなので、しっかりと注意点を守って実施する必要があります。ファスティング前に確認すべき注意点を紹介します。

ファスティングができる状態かをチェック

ファスティングは、体調が万全の状態のときにおこなわなければなりません。たとえば、生理中やストレスがある状態でおこなうと、思わぬ不調につながる可能性があります。また、体調不良の場合にも、ファスティングをすると症状が悪化する恐れがあるので要注意です。ファスティングは、暴飲暴食が続いたときや腸内のリセットをしたいときなどにおすすめです。

中学生以下はファスティングしない

ファスティングは、体が成長している途中の段階ではおこなってはいけません。具体的には、中学生以下はファスティングを避けたほうがよいでしょう。中学生以下でファスティングをしてしまうと、必要な栄養素が体に行き届かず、成長を阻害する危険性があります。中学生以下で肥満が気になる場合は、バランスのとれた食事や運動で自然に体重を落とすようにしたほうがよいでしょう。

ファスティング中の薬の服用はNG

ファスティング中は、体にとって必要な栄養素がとれなくなります。そのため、ファスティング中に薬を服用することがないように気を付ける必要があります。ファスティングをしているときに薬を飲むと、具合が悪くなる可能性があります。体調に問題がある場合は医師に相談したうえで、ダイエットの方法を考えるようにしてください。

自分に合ったファスティングを選ぶ

ファスティングにはさまざまな種類があります。たとえば、プチ断食から本格的なファスティングまで種類は豊富です。そのため、自分に合った適切なファスティング方法を選ぶことがとても重要になります。初心者は週末ファスティングやプチファスティングから始め、少しずつおこないましょう。また、特定の食べ物を食べてもよいファスティングから始めてみると無理なくファスティングに取り組めるようになります。

ファスティングの食事の注意点

ファスティングしているときは、食事のとり方にも注意が必要です。ファスティング中やその前後の食事のとり方について確認しておきましょう。

こまめに水分を摂る

ファスティングをおこなうときは、普段以上にこまめに水分を摂ることを意識しましょう。具体的には、1日2~2.5ℓの水分を補給できると理想的です。炭酸水や白湯などを取り入れるのもよいでしょう。

準備期間と回復期間をきちんと設ける

ファスティングをおこなうときは、準備期間と回復期間をしっかりと設けることが大切です。ファスティング前の数日間は準備期間として、軽い食事をとるように意識しましょう。さらに、ファスティングを終えた後についても、いきなり高カロリーの食事をとるのではなく、ある程度ヘルシーな料理を選ぶ必要があります。

味噌汁や梅などで塩分補給

ファスティング中に水しか摂取していないと、頭痛などが起きる可能性があります。その場合は、塩分を補給しましょう。たとえば、味噌汁や梅などであれば、ファスティング中に摂取しても大丈夫です。ただし、あまりにも多く摂取してしまうと、逆に塩分のとり過ぎにつながるので注意が必要です。

ファスティングの運動時の注意点

ファスティング中は筋力が低下しやすいため、適度な運動が必要です。ただし、ファスティング中の運動にも注意点があります。なぜなら、激しい運動は貧血や脱水症状の原因となるからです。ファスティングの運動時に注意すべき点について押さえておきましょう。

適度な筋トレで筋力を維持

ファスティング中は、適度な筋トレをおこなうことで筋力を維持することが大切です。激しい筋トレでなくて構わないので、道具を使わずに家でできる簡単な筋トレを取り入れてみるとよいでしょう。

軽いウォーキングなどで血行を促進させる

ファスティング中の運動としては、軽いウォーキングが効果的です。血行を促進させることができるので、体内の循環をよくすることができます。ファスティングを効果的にすることもできるでしょう。

めまいやふらつきがあった場合は中止

ファスティング中には適度な運動が必要です。ただし、めまいやふらつきなどの症状が出たときは、無理せず運動を中止しましょう。ファスティング中は体に栄養が足りていないので、様子を見ながら体を動かすようにする必要があります。

ファスティング中に禁止なもの

ファスティング中は摂取してはいけないものもあります。すでに説明していますがカフェイン入りの飲み物は選んではいけません。また、飲酒も禁止です。さらに、飴やガムなども胃腸を刺激するのでファスティング中は避けなければなりません。

ファスティングするときは注意点をしっかりと守ろう

ファスティングするときは注意点をしっかりと守ろう

 

ファスティングをおこなうためには、ルールや注意点をきちんと守ることが重要です。ファスティングは体への負担が大きいですが、しっかりとおこなえば問題を押さえて高い効果を実感することが可能です。今回紹介した注意点をよく確認して、ファスティングを上手に取り入れてみてください。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座