に関するコラム

資格取得の通信教育講座

ファスティングの準備食とは?何を食べたらいいのか詳しく解説

 

ファスティングの準備食とは?何を食べたらいいのか詳しく解説

 

ファスティングを始めるなら、準備期間をしっかりと設けることが重要です。いきなり断食を始めてしまうと、体がその状態に適応できず、体調に影響が出る恐れもあるので注意しましょう。準備期間に食べてもよい食事の特徴を押さえることは、ファスティングの成功のために必要不可欠です。

準備期間には、具体的にどのようなものを食べたらよいのでしょうか。今回は、ファスティングの準備期間に食べるべき食事について詳しく解説します。これからファスティングを始めようとしている人はぜひ参考にしてみてください。

ファスティングの準備食とは?

ファスティングの準備食とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。まずは、ファスティングにおける食事のとり方について、ひととおり確認しておきましょう。

ファスティングは準備期間・断食期間・回復期間の3ステップ

ファスティングをするときは、いきなり断食をおこなってはいけません。まずは、準備期間を設けて徐々に体を慣れさせていく必要があります。突然食事をとるのをやめてしまうと体が驚いてしまうので、本番に向けて体を整えていくことが大切です。そして、十分な準備期間を終えたら、断食の期間に入ります。断食期間中も決して無理はせず、体調に気を使うことが重要です。さらに、断食の期間を修了したら、今度は回復期間を設けます。回復期間も体に食事をとることを慣れさせるための重要なステップです。このように段階的に食事のとり方を変えることで、体調を整えながらファスティングをおこなうことができます。

準備期間は準備食を食べる

ファスティングの準備期間においては、準備食を食べるのが基本です。準備食はあっさりとして低カロリーなものを中心にします。こうすることにより、肝臓や腎臓の負担を軽減することができ、ファスティング中に近い状態を作ることができます。さらに、準備食は血糖値の急降下を防ぐ役割も果たすため、断食期間に体を慣れさせるのに適しています。

準備期間の食事内容

準備期間の食事は、具体的にどのような内容にすればよいのでしょうか。準備期間の食事においては、食材の選び方が非常に重要です。ここでは、準備期間の食事内容について紹介します。

基本は「まごわやさしい」

ファスティング前の準備期間の食事では、「まごわやさしい」としてまとめられている食材を選ぶとよいでしょう。「ま」は豆類、「ご」はごま、「わ」はわかめ(海藻)、「やさ」は野菜、「し」はしいたけ(きのこ類)、「い」はいも類・穀物をそれぞれ表しています。頭文字で覚えておけば、いちいち確認しなくても食材が用意できるので簡単ですね。

消化のよいものを意識する

準備期間の食事は、消化のよいものを選ぶということも大切です。食材そのものの性質だけでなく、調理方法についても食かがよくなるような工夫をするとよいでしょう。消化がよければその分内臓の負担が軽くなるので、断食している内臓の状態に近づけることができます。

準備期間の目安は?

ファスティングの準備期間は、具体的にどのくらいの日数を目安とすればよいのでしょうか。準備期間は最低でも1~2日は必要です。通常であれば、だいたい3日以上にすることが多いです。ただし、食生活が乱れている場合は1週間くらいを目安にしたほうがよいでしょう。体の状態に合った準備期間を設けることで、安心して断食をおこなうことができます。

前日の食事には十分気をつける

準備期間のなかで最も重要なのは、ファスティングの前日の食事です。前日の食事のしかたが悪いと、断食の期間中の体調に大きな影響が出る可能性もないとはいえません。まず、朝は玄米や酵素ドリンクなどで済ませます。そして、昼はお豆腐や納豆などタンパク質を中心に摂取しましょう。朝とまったく一緒の食事内容にならないように気を付けてください。夜は早めに食事をとることが大切です。りんごやサラダなど、消化がよいものを食べるようにします。ご飯を食べたいのであれば、おかゆのように消化しやすい調理法を選びましょう。

おすすめの準備食

準備食は、具体的にどのようなレシピで作ったらよいのでしょうか。準備食は制約が多いので、一般的な料理のレシピでは対応できないことが多いです。ファスティングの準備食に向いているレシピを紹介します。

野菜スープ

ファスティングの準備食としては、野菜スープがおすすめです。さまざまな野菜を入れて柔らかく煮込めば、栄養が豊富ながら消化しやすい食事がとれます。基本的には材料を食べやすい大きさに切って煮込めばOKです。入れる食材としては、玉ねぎやニンジン、きのこ類のほか、ショウガや大豆、玄米などがおすすめです。オリーブオイルも入れると、より風味が出て体にもよいです。

サラダ

準備食としてはサラダも定番です。ドレッシングも手作りすれば、断食前でも安心して食べられるでしょう。ドレッシングは山芋を皮ごとすりおろし、アマニ油やしょうゆ、黒酢と混ぜたものがおすすめです。さらに、水菜やトマト、アボカド、豆腐、海藻などを好きな分量で合わせればおいしいサラダが簡単に完成します。なお、野菜の酵素をしっかりとるには、サラダを作ったら早めに食べることが重要です。

準備食に向かないもの

準備食を用意するときは、とってはいけない食材を把握しておくことも大切です。準備食に向かない物とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、準備食に使ってはいけない食材について、基本的なものを紹介します。

揚げ物

準備食においては、脂っこい揚げ物はできるだけ避けるようにしましょう。準備食では少しでも体の負担を下げるような食事をとる必要があります。野菜の揚げ物だとしても、まわりに油がついているとカロリーは高くなるので避けなければなりません。

消化に悪いものはNG

準備期間の食事としては、基本的に消化に悪いものはとってはいけません。たとえば、動物性のタンパク質は消化に時間がかかり、内臓にとっても負担が大きくなります。そのため、準備食においては豆類など植物由来の食品でタンパク質を摂取するようにしましょう。

カフェイン入りのものは避ける

ファスティングにおいては、カフェインは避ける必要があります。それは準備期間においてもいえることです。そのため、ファスティングの準備期間に入ったら、お茶やコーヒーなども飲むのを控える必要があります。水分補給はミネラルウォーターで代用するようにしましょう。

ファスティングするなら準備食にも力を入れよう!

ファスティングするなら準備食にも力を入れよう!

 

ファスティングを始めるのであれば、準備期間にもしっかり食事の内容にこだわることが大切です。準備食は、ファスティングを成功させるためにとても重要な役割を果たします。しっかりとファスティング前の体に合った食べ物を選び、断食の手助けとなるように調整をおこないましょう。準備期間にかけるべき日数は人によっても異なります。そのため、自分自身の体の状態をきちんと見極めることも大切です。無理なくファスティングに入れるよう、十分に余裕をもって準備期間を設けましょう。準備期間でしっかりと体の状態を調整することができれば、ファスティングにおいて高い効果を実感することができます。ファスティングは準備期間から始まっているといっても過言ではありません。準備を整えて、正しい方法でファスティングをおこないましょう。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座