ファスティング中に空腹になったら?効果的な対策方法を紹介

 

ファスティング中に空腹になったら?効果的な対策方法を紹介

 

ファスティング中は、基本的に水以外の飲食物を摂取することはできません。とはいえ、何も食べ物を食べられないとなると、どうしても空腹に悩まされます。我慢しているうちに空腹感はなくなってくることも多いですが、ファスティングに慣れていないとどうしても我慢できないと感じる場面もあるでしょう。そういったときには、どのような対策をするとよいのでしょうか。

今回は、ファスティング中に空腹を感じた場合にできる効果的な対策を紹介します。ファスティングをするなら、空腹になったときの対策もしっかりと押さえておきましょう。

空腹感を緩和する準備期間

ファスティング中の空腹を和らげるには、準備期間をしっかりと設けることが重要です。そして、準備期間に過ごし方にも気を付ける必要があります。まずは、ファスティングによる空腹感を緩和するための準備期間に対する考え方を押さえておきましょう。

いきなり断食するのではなく徐々に減らす

ファスティングを始めるときは、いきなり断食するのではなく徐々に食事の量を減らしていくことが大切です。たとえば、断食する前日はローカロリーで消化のよいものを食べるとよいでしょう。ファスティングに慣れていないなら、もう少し前から食事の量を調整することも必要です。

前日の晩はヘルシーな食事をする

ファスティングの空腹を抑えるには、とくに前日の夜の食事のしかたが大切です。前日の晩にとる食事は、できるだけヘルシーにするように気を付けましょう。おかゆのように水分が多く、消化によいものを選ぶことも重要です。

胃腸を慣れさせる

準備期間中の食事が重要なのは、食事をあまりとらない状況に胃腸を慣れさせるためです。食事が体のなかにあまり入ってこない状態になれておけば、食事を完全に経った後も胃腸はそれほど驚きません。そのため、強い空腹を感じる可能性が低くなります。とくに初めてファスティングをする場合は、胃腸をしっかり慣れさせるためにも準備期間にはしっかりと力を入れる必要があります。

ファスティング中の空腹対策

いくら準備に力を入れても、ファスティングを始めればどうしても空腹を感じるシーンがあるのが事実です。その場合、どのような対策をすれば効果的なのでしょうか。無理は禁物ですが、せっかくファスティングをするならできるだけ断食をしっかりとおこなうことが大切です。ここでは、ファスティング中にできる空腹対策について紹介します。

ファスティング当日の予定を組んでおく

ファスティング当日については、事前に予定を組んでおくことが大切です。たとえば、趣味やリラックスできることをおこなうようにすると、空腹を忘れて没頭することができます。好きなことに集中していると、ご飯を食べるのも忘れてしまうことはよくありますよね。そのため、ファスティング中に空腹を忘れるためには有意義な時間を過ごすことが重要です。

ファスティングをおこなうタイミングに気をつける

空腹を避け、ストレスなくファスティングに取り組むためには、イライラしやすい生理前は避けることが大切です。また、食事を忘れるくらい多忙なときにおこなうのも効果的でしょう。なお、ランチや飲み会など、誘惑の多い時期は避けて計画におこなうことが大切です。できれば休日などを利用しておこなったほうが、自分のペースで断食しやすくなるでしょう。

お腹が空いたら試したいこと

ファスティング中にお腹が空いてしまい、我慢できないと感じるときでもできることはあります。空腹を感じたときは、まずは以下のことを試してみるのがおすすめです。

歯磨き

空腹を感じたときは、まずは磨きをしてみましょう。口内を刺激することで空腹の抑制となる可能性があります。歯磨き粉は清涼感のあるミント系を選ぶと、口元がすっきりして空腹を和らげるのに役立つでしょう。とくに、普段から食後すぐに歯磨きをする習慣がある人であれば、空腹時に歯磨きをすることで空腹感がおさまる可能性は高いといえます。

体を動かす

ファスティング中に空腹になったときは、体を動かすのも効果的です。体を動かすと気分がすっきりしますし、意識を違うところに向けることができます。体を動かして運動すれば、「ご飯を食べていないからお腹が空いているはずだ」という思い込みによるニセの食欲は消えるでしょう。ただし、ファスティング中は体に栄養が足りない状態でもあるので、あまり激しい運動はNGです。軽い運動を選び、様子を見ながら体を動かすようにしましょう。

どうしてもお腹が空いたときの対処法

いくら対策しても、どうしてもお腹が空くこともあります。そういったときはどのような対策をとればいいのでしょうか。最後に、ファスティング中にどうしてもお腹が空いてしまったときにできることを紹介します。

炭酸水や白湯を飲む

ファスティング中にお腹が空いたときは、口にしてもよいものを満腹感が得やすい状態で摂取するのがおすすめです。ファスティングに口にしていいものは基本的に水だけですが、水も飲み方によって満腹感が得やすくなる可能性があります。たとえば、炭酸水や白湯を選べば、ただ水を飲むよりも満腹感が得やすくなります。普通の水とは違った感覚で飲めるので、気を紛らわす効果も期待できるでしょう。

ファスティング中でもOKな食べものを食べる

ファスティング中にお腹が空いて耐えられない場合は、ファスティング中でも食べてよいとされている食べ物を摂取するというのもひとつの手です。たとえば、無糖ヨーグルトや具なしの味噌汁であれば、ファスティング中に食べても問題はあまりありません。また、しっかり煮込んだ野菜スープを選んでもよいでしょう。これらの食べ物であれば、体に必要なエネルギーを補うことにもつながるので、ファスティングの効果を高めるのにも役立ちます。ただし、食べてよいとされているものであっても、食べ過ぎは厳禁です。最小限の量で空腹を紛らわすようにしましょう。

ファスティングするときにできる空腹対策はたくさんある!

ファスティングするときにできる空腹対策はたくさんある!

 

ファスティングをするなら、空腹はどうしても感じることが多いです。もちろん、ファスティングで食事を断っているなら空腹になるのは当たり前です。ファスティングは一定期間だけおこなうものなので、空腹は基本的には我慢しなければなりません。とはいえ、はじめてのファスティングとなると、どうしても空腹に耐えきれないと感じる場面も出てくるでしょう。そのようなときは、今回紹介した対策をおこなってみてください。

ファスティングで空腹を感じたときは、空腹を紛らわすことが大切です。「お腹が空いた」と思っていても、何か他のことに熱中しているといつの間にか空腹を忘れてしまっていたというケースも少なくはありません。人間の体にはエネルギーが蓄えられているので、一定期間ファスティングをおこなうだけなら、食事をとらなくてもしっかり機能できるようになっています。体の心配をする必要はあまりないので、気持ちをコントロールすることに重きを置きましょう。気持ちをコントロールするにはいろいろと行動してみることがポイントとなります。どうしても我慢できないなら、ファスティング中に食べてもよい食べ物を口にしても構いません。空腹とうまく付き合って、ファスティングを乗り切りましょう。

ファスティングに関する記事一覧

 

ファスティングについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


TOPへ