ファスティング中の運動はどうするべき?

 

ファスティング中の運動はどうするべき?

 

ファスティングをするときは、基本的にゆっくりと過ごすことが重要です。ただし、ファスティング中は適度な運動をおこなうことも重要だといわれています。具体的にはどのような運動をしたらいいのでしょうか。ファスティング中は、おこなうべきではない運動もあるので要注意です。おこなってもよい運動をしっかりと把握するようにしましょう。

今回は、ファスティング中におこなってもよい運動としてはどのようなものがあるのか紹介します。しっかりと把握して、適切な運動ができるようにしておきましょう。

ファスティング中の運動とは?

ファスティング中に運動すると、どのような効果が期待できるのでしょうか。まずは、ファスティング中の運動についての意味をしっかりと押さえておきましょう。

適度に運動して筋肉量をキープする

ファスティング中は食事をとらないため、エネルギッシュな活動は控えがちになります。もちろん、栄養が補給できていない状態なので、無理に活動すると体調を崩す恐れがあります。とはいえ、適切な運動をおこなうことができれば、筋肉量をキープすることにつながります。筋肉は体の代謝をよくするのに重要な存在です。そのため、ファスティングの効果を高めるためには、適度な運動をとり入れて筋肉量をキープすることが重要となります。

運動と合わせることでダイエット効果も上がる

ファスティング中に運動をおこなうと、ダイエット効果が高まることも期待できます。ファスティングをおこなう目的は人それぞれですが、ダイエット効果を求めている人はとても多いです。そのため、ファスティングと運動を組み合わせれば、効果的なダイエットを目指すことが可能になります。

血行が促進される

運動をおこなえば、前進の血流がアップします。そのため、血行がよくなり体の内側が活性化します。ファスティング中は静かに過ごすのが基本ですが、血行促進は体内にとってメリットが大きいです。適度な運動をとり入れれば、ファスティング中も体内をよりよい状態に保つことができます。

ファスティング中におすすめの運動

ファスティングするときにおこなうとよい運動としては、どのようなものがあるのでしょうか。ファスティング中は激しすぎる運動を選ぶと、体調が悪くなることもあるので要注意です。適度な運動になるものを選ぶようにしましょう。ここでは、ファスティング中におすすめの運動方法について紹介します。

軽めの有酸素運動がおすすめ!

ファスティング中は、基本的に有酸素運動をおこなうのがおすすめです。有酸素運動なら体に負荷がかかりにくいので、少ないエネルギーでゆったりと運動できます。体調に変化を感じたらすぐにやめることもできるので、調子を見ながら取り組むにはぴったりだといえるでしょう。

プチ断食の場合は軽めの運動でOK

ファスティングといってもプチ断食をおこなう場合は、より軽めの運動をとり入れればOKです。たとえば、ウォーキングや水中ウォーキングなどをおこなうとよいでしょう。また、ゴルフに取り組むのもおすすめです。普段から取り組んでいる運動があるなら、そういったものをうまく取り入れるとスムーズです。

本格ファスティングならリラックスできる運動を

ある程度の期間をかけてしっかりファスティングに取り組む場合は、リラックス効果を期待できる運動をとり入れましょう。たとえば、ヨガやストレッチなど選ぶと体を適度に動かしながら、安らぐことができます。ヨガやストレッチは自宅でも簡単にできるので、取り組みやすいところも魅力です。

ファスティング中にNGな運動

ファスティングをしているときは、取り組まないほうがよい運動もあります。無理にそういった運動をとり入れると体がついていかず、体調に影響が出ることもあります。そういった事態を避けるためには、ファスティング中にしてはいけない運動を把握しておくことが大切です。ここでは、ファスティング中にNGな運動について紹介します。

アドレナリンが分泌される運動

ファスティング中におこなってはいけない運動としては、アドレナリンが分泌されて興奮状態になるようなものがあげられます。息切れするほど激しい運動もNGです。体を鍛えるような運動は避けたほうがよいでしょう。

NGな運動の例

ファスティング中におこなってはいけない運動としては、重量上げやボクシングなど激しいスポーツがあげられます。また、バスケットやサッカーなどの運動もNGです。加えて、全力疾走も避けたほうがよいでしょう。ファスティング中は自分のペースで過ごせるような運動を選ぶ必要があります。

体を動かすときの注意点

ファスティング中に体を動かす場合、どのような点に注意するとよいのでしょうか。ファスティング中は体が普段とは違った状態になっているので、無理をするのは禁物です。体を大切にして適度な運動ができるように心がけましょう。最後に、ファスティング中に体を動かすときの注意点について紹介します。

しっかりと水分補給をする

ファスティング中に体を動かすときは、しっかりと水分補給することを意識しましょう。運動すれば、たとえ激しい動きがなくても少なからず汗をかきます。そうなると、体内で水分不足になる可能性が高まります。ファスティング中はこまめな水分補給が重要なので、運動をするときはとくにしっかりと水分を補給するように気を付けましょう。

激しい運動は貧血の原因になるので注意

ファスティングをしているときは、激しい運動はできる限り避けましょう。激しい運動をすると貧血を引き起こす原因となります。急いでいてどうしても走らなければならないときや重い物を持って階段を上ったりしなければならないときでも、できるだけ無理をしないことが大切です。体調に異変を感じたらすぐに休み、大事にいたらないように配慮しましょう。

普段の運動量を考慮する

ファスティングを始めたからといって、いきなり運動をおこなうのはよくないケースもあります。とくに、普段は運動不足な人がいきなり運動をしてしまうと、体がついていかない可能性があります。そうなると、たとえ激しい運動をしていなくても、体調が悪くなるかもしれません。普段の運動量を考慮しつつ、自分にとって適切な運動量を見極めるようにしましょう。

ファスティング中は適度な運動を心がけて

ファスティング中は適度な運動を心がけて

 

ファスティングをおこなうなら、適度な運動をとり入れることが大切です。激しい運動をし過ぎると体調が悪くなる可能性もありますが、ちょうどよい運動をおこなえばファスティングの効果をより高めることが可能になります。ただし、実際に適した運動量はその人の普段の運動量にもよるので、一概に言い切ることはできません。そのため、ファスティングをするときに運動をとり入れる際は、自分の普段の運動量を考慮したうえでどれくらい運動するか決める必要があります。自分にとって無理のない範囲で効果的な運動ができるようにしましょう。運動をとり入れれば、ファスティング中の空腹感を紛らわすのにも役立ちます。ファスティングは空腹がネックとなるので、それを紛らわすことはファスティングを成功させるためにはとても重要なことです。自分に合った種類の運動を適度にとり入れて、ファスティングを成功させられるように頑張りましょう。

ファスティングに関する記事一覧

 

ファスティングについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ