グリーンスムージーはすごい!具体的な効果について解説

 

グリーンスムージーには、体によいさまざまな効果が期待できます。材料をミキサーで混ぜるだけなので、作り方も比較的簡単です。グリーンスムージーは見た目の印象から苦そうだと感じる人も多いですが、実際は甘くてフルーティーな味わいを楽しめる飲み物でもあります。グリーンスムージーを生活に取り入れれば、おいしく健康的な身体を目指せるでしょう。

グリーンスムージーには具体的にどんな効果があるのでしょうか。今回は、グリーンスムージーのさまざまな効果について解説します。

グリーンスムージーとは?

グリーンスムージーはすごい!具体的な効果について解説

 

スムージーといえば、グリーンスムージーが基本となっているといっても過言ではありません。グリーンスムージーとはどういったスムージーなのでしょうか。まずはグリーンスムージーの概要について紹介します。

緑色の葉野菜とフルーツをミキサーで合わせたスムージー

グリーンスムージーとは緑色の葉野菜を基本とし、それに合うフルーツを組み合わせてミキサーで粉砕したものです。色の濃いフルーツを入れたとしても、スムージーの色は葉野菜の緑色になります。フルーツの組み合わせによって、グリーンの青臭さを感じさせないおいしいスムージーに仕上がります。

野菜不足を手軽に解消できる

グリーンスムージーは野菜不足を手軽に解消できるというメリットがあります。そのまま食べるとなると多過ぎると感じる量でも、スムージーにしてしまえばスルッと飲めてしまうでしょう。忙しいときでもミキサーのスイッチを入れるだけで簡単に作れるのも大きな魅力です。

青汁が苦手な人でも飲みやすい

グリーンスムージーの見た目の色は青汁などに似ている場合もありますが、青汁とはまったく違う味わいに仕上がっています。味は葉野菜の味はあまりせず、フルーツの甘みや酸味が中心です。そのため、青汁が苦手だという人でも、葉野菜の健康的な栄養素をしっかりと摂取することが可能です。

グリーンスムージーの効果

グリーンスムージーには、さまざまな効果が期待できます。グリーンスムージーの効果とは具体的にどのようなものなのでしょうか。ここでは、グリーンスムージーの効果について具体例をあげてみてみましょう。

アンチエイジング効果

グリーンスムージーにはアンチエイジング効果があるといわれています。グリーンスムージーにはフルーツによりビタミンが豊富に含まれており、体の酸化を防ぐ効果が期待できるのです。また、グリーンスムージーに含まれるβカロチンやポリフェノールもまたアンチエイジングに葉効果的だといわれています。

美肌効果

グリーンスムージーを飲めば、ビタミンやミネラルをしっかり吸収することができます。そのため、美肌効果もあるといわれています。しっかりと栄養を摂取することで、肌の美しさも保つことができるのです。美容に関心の高い女性がスムージーを好んで飲むのは、美肌効果を意識している場合も多いです。

便秘解消効果

グリーンスムージーには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘解消の効果も期待できます。便秘気味な人は普段の食事では食物繊維が足りていない場合が多いです。そのため、グリーンスムージーを毎日飲むようにすれば、便秘を解消するのにも役立つでしょう。

ダイエット

グリーンスムージーにはダイエット効果もあります。しっかり栄養を摂取することができるので、リバウンドを防げるという魅力があります。グリーンスムージーで置き換えや断食などおこなえば、効率的にダイエットを進めることができるはずです。

生活習慣病の予防

グリーンスムージーにはさまざまな栄養素が豊富に含まれています。そのため、毎日コンスタントに飲み続けることにより、生活習慣病の予防にもつながります。おいしいスムージーを飲むだけで体の健康を保てるというのは、とても魅力的ですよね。

グリーンスムージーの作り方

グリーンスムージーはどのようにして作るのでしょうか。ここでは、グリーンスムージーの基本の作り方について紹介します。基本をおさえればアレンジを加えることもできるので、まずは組み合わせる素材の分量などをしっかりとおさえましょう。

グリーンスムージーの割合は6:4

グリーンスムージーに使用する素材の分量は、野菜:果物=6:4です。つまり、葉物野菜を6、果物を4投入するということになります。これらをミキサーに入れたら、水を入れて程よい液体状になるように調整します。水の量は使用する果物の水分量も考慮して、適切な量を入れるように気を付けると飲みやすいスムージーが完成します。

小松菜・ほうれん草・水菜などが定番

グリーンスムージーに使用する葉野菜としては、小松菜やほうれん草、水菜などが定番です。小松菜やほうれん草は、茹でてから使用したほうがよいです。意外かもしれませんが、水菜にはビタミンCやカリウムなどが豊富に含まれています。これらのグリーンを中心に使用すれば、いずれも栄養価の高いおいしいスムージーを作ることができるでしょう。

グリーンスムージーの効果的なレシピ

グリーンスムージーを作る場合はどのような組み合わせをおこなうのがよいのでしょうか。最後においしくて体によいグリーンスムージーのレシピを紹介します。グリーンスムージーの作り方はここで紹介する以外にもたくさんあるので、慣れてきたらいろいろ試してオリジナルのおいしいスムージーを作ってみるとよいでしょう。

*小松菜+リンゴ

小松菜にはβカロチンやビタミンCが豊富です。そのため、風邪予防なども期待できます。さらに、リンゴを組み合わせれば食物繊維がたっぷりとれるので、便秘解消にも役立つグリーンスムージーとなります。

*小松菜+バナナ

バナナはさまざまな栄養素をバランスよく含む食品です。そのため、スムージーの材料として使用すれば、おいしい味わいを堪能できるでしょう。バナナは冷凍してスムージー用にストックしておくのもおすすめです。氷の代わりになり、ほどよい冷たさが楽しめるスムージーとなります。

*ほうれん草+バナナ+キウイ

ビタミンと食物繊維が豊富なキウイは、スムージーの材料としても適しています。ほうれん草とバナナとともにキウイをスムージーの材料として使用すれば、酸味がアクセントとなったおいしさを感じられるでしょう。

グリーンスムージーにはうれしい効果がたくさん!

グリーンスムージーにはうれしい効果がたくさん!

 

グリーンスムージーには、さまざまな効果が詰まっています。グリーンスムージーは栄養価が高いだけでなく、味もおいしいのが魅力です。フルーティーなおいしさを堪能できるので、無理なく毎日の習慣として定着させることができるでしょう。ただし、ついたくさん飲んでしまわないように気をつけてください。グリーンスムージーには果物をたくさん使用するので、果糖もたくさん含まれています。そのため、スムージーを飲み過ぎると、糖分のとり過ぎになる恐れがあります。基本的な作り方を覚えれば、自分で自由にアレンジを加えることもできるので、グリーンスムージーの楽しみ方は幅広いです。おいしいグリーンスムージーの習慣を取り入れて、健康的な毎日を送る第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。グリーンスムージーを飲む習慣ができれば、これまで以上にしっかりと体に栄養が行き渡り元気に過ごせるようになるはずです。

スムージーに関する記事一覧

 

 

 

スムージーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ