スムージーでおこなう断食のやり方

 

断食をするなら、スムージーを活用することで無理なく体をサポートできます。美容やダイエット目的の断食をする場合、断食中に何も口にしないというのはとても危険です。体が必要としている栄養素をスムージーによって供給することにより、体調を安定させながら断食の効果を感じることができるようになります。

スムージーを利用した断食方法とは、具体的にどういったものなのでしょうか。ポイントをおさえて正しく断食をおこなっていきましょう。今回は、スムージーでおこなう断食のやり方について紹介します。

スムージーでおこなう断食とは?

スムージーでおこなう断食のやり方

 

スムージーは液体状なので、胃腸に負担をかけずに栄養を摂取することができます。そのため、スムージーは断食時の飲み物として利用することも可能です。まずは、スムージーでおこなう断食方法の基本についてみてみましょう。

断食は基本1日

断食は基本的に1日だけで済ませるようにしましょう。長期間、栄養摂取がスムージーのみとなると、体の栄養バランスが崩れる恐れがあります。断食は体に過度な負担がかからない範囲で実施していきましょう。

準備期・断食期・回復期の3日間で行う

しっかりと断食をおこないたいという場合は、準備期・断食期、回復期の3日間でおこなう断食をおこなうとよいでしょう。こうすれば、体に過度な負担をかけずに、断食の効果をより高めることが可能です。それぞれの時期によって摂取すべきものの内容が違うので、必ずルールに従って断食を実行する必要があります。

断食中もスムージーは飲んでOK

断食をおこなっている間も、スムージーなら飲んで構いません。スムージーの栄養をしっかり吸収することができるので、体に余計な負担をかけずに断食をおこなうことができます。

スムージー断食のメリット

スムージーを活用して断食をおこなうことには、どういったメリットがあるのでしょうか。スムージーによる断食をおこなうなら、メリットもしっかり理解しておいたほうがよいです。そうすることで、断食の効果をより高くすることも可能になります。スムージーによる断食のメリットについて、例をあげて詳しく見てみましょう。

便秘改善や美肌効果がある

単純に何も食べずに断食をおこなうと、栄養の供給がストップしてしまうので体の健康状態に悪影響が及ぶ可能性があります。しかし、スムージーを活用して断食すれば、体に必要なビタミンやミネラルは断食中もしっかり摂取することが可能です。栄養をきちんととれば、便秘の改善や美肌効果にもつながるので一石二鳥です。ダイエット効果を感じつつ、こういった効果も感じられるのは非常にうれしいポイントではないでしょうか。

満足感を得ながら断食ができる

スムージーはフルーツをたくさん入れるので、飲んだ後の満足感も非常に高いです。断食となると食事がとれないことでストレスがたまりますが、スムージーでおいしく栄養を摂取すればそういった問題も起きにくくなります。空腹状態を緩和することができるので、スムージーを利用した断食は成功しやすいといわれています。

スムージーによる断食のやり方

スムージーを使った断食とは、具体的にはどのようにおこなっていけばよいのでしょうか。スムージー断食の詳しいやり方についてみていきましょう。ここでは準備期・断食期・回復期の3日間をかけておこなう断食について説明します。この方法なら週末を利用することで、無理なく実施できるのでおすすめです。周りの人に断食をしていることが悟られる心配も少ないので、密かにダイエットしているという人でも取り組めるはずです。

グリーンスムージーでおこなうのがおすすめ

断食時に飲むスムージーは、どんなスムージーを選んでも問題はありません。ただし、基本のスムージーとしてグリーンスムージーを用意するのがおすすめです。グリーンスムージーは栄養バランスもとりやすいため、栄養源がスムージーのみとなる断食中にはぴったりだといえるでしょう。グリーンスムージーを中心にしながら、ほかのスムージーやスープと組み合わせるとよいです。

1日目

1日目の朝と昼は軽めに普通の食事をとります。ただし、なるべく消化がよいものを選ぶようにしましょう。たとえば、魚や野菜を中心にした和食のメニューを選ぶべきです。そして、夜は断食用のスムージーを飲みます。寝る直前に飲むのではなく、寝る前に消化が終わるように配慮したうえでスムージーを飲みましょう。

2日目

2日目は朝昼夜の3回に分けてスムージーを飲みます。カロリーや栄養バランスに気をつければ、スムージーの種類は何でも大丈夫です。野菜や大豆製品でできたポタージュスープを飲んでも構いません。また、飲み物は水やノンカフェインのお茶を選ぶようにしましょう。

3日目

3日目は、消化に負担がかからないような食事を心掛けましょう。朝はスムージーを飲み、昼はおかゆなどを選ぶとよいです。また、夜は胃腸に優しいスープや豆腐を中心にしたメニューにしましょう。

スムージーによる断食をおこなうときの注意点

スムージーによる断食を実施するときは、いろいろと注意すべき点があります。スムージー断食の効果をしっかりと発揮するためにも、注意点をよく理解して正しい断食がおこなえるように配慮しましょう。注意点をあまり意識していないと、断食中に具合が悪くなってしまう可能性も無いとはいえないので気をつけてください。

スムージーとは別に水分補給をしっかりおこなう

断食中はスムージーを摂取しますが、それとは別に水分補給もしっかりとおこなうようにしましょう。スムージーだけを飲んでいる間は、塩分をあまり摂取しないので水分をとってもむくみにつながる可能性は低いです。スムージーの水分だけでは1日に摂取すべき水分量に足りないので、積極的に水などを飲むようにしましょう。そうすると体のデトックス効果も期待できます。

長時間の入浴や激しい運動は避ける

断食をしている間は、タンパク質や炭水化物など体のエネルギー源となる栄養素が不足しやすくなります。そのため、断食中は体力を使うことはなるべく避けたほうが無難です。たとえば、断食中に長時間の入浴や激しい運動をおこなってしまうと、体調を悪くする可能性も無いとはいえないので要注意です。断食中は体をゆっくり休ませながら家で過ごすのを基本としたほうがよいでしょう。どうしても外に長時間出掛ける必要があるときは、無理をし過ぎずこまめに休むようにしてください。

断食するならスムージーを上手に活用して

断食するならスムージーを上手に活用して

 

断食はうまくおこなえば、集中的にダイエットするために役立ちます。ただし、絶食状態になっては体にとても悪いです。体が飢餓を感じるとエネルギーをため込みやすくなるので、ダイエットしにくい体になってしまう恐れもあります。そうなってしまっては、食べる量を減らしてもなかなか痩せられなくて困ってしまうかもしれません。

こういった状況を避けるためには、スムージーを上手に活用して、必要な栄養素を適宜体にとり入れていくことが重要です。体に合った栄養素がとれるスムージーを作り、食事の代わりに飲むようにしましょう。スムージーをうまく利用できれば、ダイエットによって体調を崩すといった心配は必要がありません。おいしいスムージーで無理なく健康的なダイエットをしてみませんか。

スムージーに関する記事一覧

 

 

 

スムージーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ