現在位置

スムージーとは?スムージーの定義とジュースとの違い

 

健康によいというイメージから人気のあるスムージー。スムージーとは具体的にどんなものなのでしょうか。スムージーに似ている飲み物は多数ありますが、それぞれの違いがよく分からないという方も多いようです。スムージーはほかの飲み物に比べて栄養価が非常に高いので、毎日の生活に取り入れるとよりよい毎日につながる可能性が高いといえます。

スムージーの定義とはどのようなものでしょうか。スムージーを飲むならその点をしっかり理解しておくべきです。今回は、スムージーの基本について、ジュースとの違いも踏まえつつ紹介します。

「スムージー」とは?

スムージーとは?スムージーの定義とジュースとの違い

 

 

「スムージー」とは一体どんなものなのでしょうか。カラフルで女性に人気のある飲み物だとイメージしている方も多いかもしれません。実はスムージーはそれ以上にさまざまな特徴をもっています。まずはスムージーの概要や名称の由来についておさえておきましょう。

スムージーの概要

スムージーは氷や凍らせた野菜、果物をミキサーにかけた飲み物です。スムージーは1990年代のアメリカで生まれたドリンクで、時代とともに製法が変化しながら受け継がれてきました。見た目はフローズンドリンクに似ています。とはいえ、フローズンドリンクは野菜や果物を使用していません。そして、スムージーは食材の組み合わせ方によって味が大きく変化します。果物を多めに入れれば、甘くておいしいスムージーを作ることも可能です。飲むだけで生の野菜や果物の栄養をしっかりとれるのが、スムージーの大きな利点です。健康や美容に関心のある女性を中心に日本でも注目を集めています。

「スムージー」という名称の由来

スムージーという名称は、野菜や果物がとろとろの状態になってスムーズな食感になるところから定着しました。高い栄養価がありながらとても飲みやすいので、多くの人に愛される飲み物となっています。ミキサーさえあれば、なめらかな舌触りのおいしいスムージーを簡単に作れるというのもうれしいポイントです。一緒に入れる氷や水の量にもよりますが、ほかの飲み物に比べてもスムージーはとろとろとした濃密な口当たりを感じられます。これはスムージーに野菜や果物の食物繊維がしっかりと含まれているためです。そのため、スムージーをコップ1杯飲むだけでも満腹感を得られることも多いです。

スムージーとジュースの違い

スムージーと似た飲み物としてジュースがあります。ジュースの中にも野菜や果物を混ぜたものがたくさんありますね。そういった点はスムージーと同じなので、スムージーとジュースの違いがよく分からないという方も多いはずです。では、ジュースとスムージーには具体的にどういった違いがあるのでしょうか。詳しくその違いについてみてみましょう。

スムージーの特徴

スムージーはミキサーで作ります。スムージーの作り方としては、野菜や果物を丸ごと入れるのが基本です。丸ごとというのは、皮や種も含んでいます。野菜や果物の栄養は皮や種に豊富に含まれているため、全てをミキサーにかけることで全ての栄養を逃さず体に取り入れることができるようになります。野菜や果物を細かく砕くので植物の細胞壁まで壊すことができるのが大きな魅力です。ただし、合わせる材料の配分が難しいため、野菜や果物の組み合わせ方を間違うと飲みにくくなってしまう場合もあります。とくにグリーンスムージーを作るときは、グリーンを入れ過ぎて青臭くなってしまわないように注意しなければなりません。

ジュースの特徴

ジュースは専用のジューサーを使用して作ります。ジューサーを使用すると、野菜や果物の繊維は取り除かれてしまいます。そのため、ジュースはスムージーに比べると食物繊維の量が少ないです。また、特に市販のジュースは加熱処理をおこなっているので、もともと野菜や果物に含まれていたビタミンはほとんど失われてしまっています。もちろん、ジュースはおいしい飲み物として楽しめますが、栄養価を気にするのであればスムージーには少し劣る部分があるといえるでしょう。ただし、スムージー以上にさまざまな味のバリエーションが楽しめるという特徴もあります。市販のジュースであってもビタミンなどが追加で入れられていることもあるので、外出先で栄養補給したいときなどであれば頼りになります。

スムージーのメリット

スムージーにはほかのドリンクにはないさまざまなメリットがあります。メリットを理解すれば、スムージーを生活に取り入れたくなるはずです。ここでしっかりとスムージーのメリットについて確認して、スムージーについて詳しく知りましょう。

食物繊維を豊富にとれる

スムージーは野菜や果物をまるごとそのまま使用します。そのため、野菜や果物に含まれている食物繊維も全て体に取り入れることが可能です。複数の野菜や果物を組み合わせることで、よりたくさんの食物繊維を吸収できる可能性が高まります。普段の食事で野菜不足を感じているなら、スムージーを取り入れることによりその不足分を補うことができるはずです。

皮や種などに含まれる栄養素もしっかりとれる

野菜や果物をそのまま食べたりジュースにしたりするときは、皮や種は捨ててしまうことがほとんどです。しかし、スムージーなら素材を余すことなく使用することができます。スムージーは味もおいしいので、無理なくしっかりと栄養素がとれるのが大きな魅力です。栄養素をたくさん摂取したいという場合は、サラダを食べたり市販の野菜ジュースを飲んだりするよりも、スムージーを手作りして飲むほうが効果は高いでしょう。

苦手な野菜も摂りやすい

スムージーは複数の野菜や果物を組み合わせてミキサーにかけます。そのため、味が苦手で単体では食べにくい野菜でも、スムージーの材料の1つとして使用すれば、無理なく摂取することが可能です。スムージーの味の組み合わせ方にはさまざまな種類があるので、いろいろ試してみて好みの合わせ方をみつけるとよいでしょう。組み合わせ方によっては想像以上においしいスムージーが完成するかもしれません。野菜や果物の新たな魅力を発見する機会としてスムージーを飲んでみるのもよいですね。

スムージーはジュースよりも栄養価が高い!

スムージーはジュースよりも栄養価が高い!

 

スムージーは栄養価が非常に高く、おいしく飲むことができるドリンクです。家庭で簡単に作れるのも大きな魅力だといえるでしょう。スムージーをおいしく作るためのレシピはネット上でも多数公開されているので、参考に作ってみるのがおすすめです。また、スムージー作りに慣れてきたら、さまざまな野菜や果物を組み合わせてオリジナルのスムージーを作ることも可能です。なお、スムージーを作るときは皮や種など固いものをミキサーにかけるので、できるだけパワーの強いものを選んだほうがよいでしょう。そうすることにより、よりしっかりと野菜や果物を粉砕することができます。

スムージーはジュースやサラダと比べるとかなり効率的に栄養を摂取できる方法だといえます。ぜひ毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。最初はたくさんの野菜や果物を用意するのが面倒に思えるかもしれませんが、まとめて購入して冷凍保存しておけば準備も簡単です。毎日作っていれば手順にも慣れてくるので、より簡単にスムージーを作れるようになるでしょう。

スムージーに関する記事一覧

 

 

 

スムージーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ