スムージーの種類とは?目的や色別の種類を知ろう

 

スムージーは、組み合わせる材料によってさまざまな味や効果につながります。そのため、スムージーを楽しみたいなら、スムージーの種類を把握しておくとよいでしょう。スムージーの種類をあらかじめ知っておけば、体調や気分に合わせて好みのスムージーを作れるようになります。

スムージーにはどのような種類があるのでしょうか。また、それぞれはどういった味で、どのような効果があるのでしょう。今回は、スムージーの種類について詳しく説明します。自由自在にスムージーを作れるようになりたい方はぜひ参考にしてみてください。

スムージーの種類

スムージーの種類とは?目的や色別の種類を知ろう

 

一口にスムージーといっても、その種類は多種多様です。スムージーは基本的には自分で作ることができるものなので、工夫次第で簡単にいろいろなスムージーを作れます。まずは、スムージーの種類について概要をみておきましょう。

組み合わせによって種類は無限大

スムージーの種類は、野菜や果物などの組み合わせ方によって無限大に広がっています。なかにはスムージーの材料に向いていない野菜や果物もありますが、味の出方などをよく理解して組み合わせればおしいいスムージーをいくらでも作ることが可能です。

目的に合わせた種類選びがポイント

スムージーは合わせる素材によってさまざまな種類に分かれます。野菜や果物はそれぞれ含まれる栄養素が異なるので、組み合わせ方によってスムージーから得られる効果も違います。スムージーの効果を最大限に高めるためには、自分の目的に合った種類を選ぶことが重要だといえるでしょう。

目的に合わせたスムージーの種類

スムージーにはさまざまな種類があります。目的別に分類すると、たとえば以下のような種類があげられます。スムージーを飲むなら、自分の目的をしっかり意識したうえでスムージーの種類を選ぶようにするのがおすすめです。

美容系スムージー

美容系スムージーは美容を意識する人にとって必要不可欠ともいえるスムージーです。美容を保つにはビタミンをしっかりとることが重要です。ビタミンを豊富にしっかりとるためには、栄養面を考慮したスムージーを飲むと非常に効果的です。スムージーを飲み続けるためには味も飲みやすくすることが大切ですが、美容への効果を期待するなら栄養面もしっかり考慮したほうがよいでしょう。

ヘルシースムージー

ヘルシースムージーは健康を考えて栄養に特化したスムージーです。美容系スムージーに似ていますが、その人にとって不足している栄養に焦点をあてるという違いがあります。自分の食生活の中で不足していると感じられる栄養素があれば、ヘルシースムージーで栄養を上手に補うようにするとよいでしょう。

ダイエット系スムージー

ダイエット系のスムージーは、カボチャやヒマワリの種、ナッツなどを加えるのが特徴です。一般的なスムージーに加えて満腹感を得やすいのが大きな魅力だといえるでしょう。朝食や夕食をスムージーに置き換えれば、より高いダイエット効果が期待できるはずです。なお、スムージーに果物を入れ過ぎると糖分が高くなってしまい、ダイエットの大敵となる恐れもあるので注意が必要です。

フルーツスムージー

フルーツスムージーは野菜を加えずに果物だけで作るスムージーです。野菜を入れないため、青臭さがほとんどなく飲みやすいのがメリットです。複数の果物の栄養を効率的に摂取できるのも大きな魅力です。果物の組み合わせ方によって季節感を演出することもできるので、フルーツジュースのような感覚で気軽に飲むことができます。

カラースムージーの種類

スムージーにはさまざまな種類があり、色による分類もあります。色によって含まれる栄養素を大まかに把握することができます。スムージーを選ぶときは、色の違いを目印にするのも1つの手です。

グリーンスムージー

グリーンスムージーはその名のとおり、緑色をしているスムージーです。ほうれん草やケールなど葉物の野菜を入れて作ります。グリーンスムージーはスムージーの中でも代表的なスムージーの1つです。単に「スムージー」といえば、グリーンスムージーのことをさしている場合も多いといえるでしょう。

レッドスムージー

レッドスムージーは、イチゴやトマトなど赤い果肉を中心に使用したスムージーのことです。甘酸っぱい味わいが特徴的で、グリーンスムージーの青臭さが苦手だという人でもおいしく飲めるスムージーです。

オレンジスムージー

オレンジスムージーは、ニンジンやパパイヤなど、オレンジ色に近い色をした素材を使用して作るスムージーです。オレンジスムージーは生活習慣病を心配している人や目の調子が悪いと感じる人におすすめです。

イエロースムージー

イエロースムージーには、レモンやパイナップル、黄パプリカなどを入れます。美肌になりたい人や冷えを改善したいという人にはぴったりのスムージーです。

パープルスムージー

パープルスムージーは、ブルーベリーやブドウ、紫キャベツなどを材料にして作ります。目の疲れや病気に効く成分が豊富に含まれるため、目を酷使する人なら効果を実感しやすいでしょう。

ホワイトスムージー

ホワイトスムージーは、大根やキャベツ、ヨーグルトなどを使用します。ホワイトスムージーは風邪を撃退するのに向いているので、体調がすぐれない場合に作って飲んでみるとよいです。

市販のスムージーの種類

スムージーを飲む方法としては自分で作るだけでなく、市販のものを活用するという方法もあります。市販のスムージーにも複数のタイプがあるので、自分に合ったものを選ぶようにするとよいでしょう。ここでは代表的な2つのスムージーについて紹介します。

そのまま飲めるタイプ

市販のスムージーとして1番飲みやすいのは、ボトルやパックなどにスムージーが詰められていてそのまま飲める状態で販売されているものです。このタイプならふたを開けるだけですぐにスムージーを飲めるので、作る時間や手間が惜しいという人でも気軽にスムージーを楽しめます。

粉末タイプ

スムージーには粉末タイプもあります。このタイプなら適量の水で粉を溶かすことにより、スムージーが作れます。水を加えるだけなのでとても簡単です。普段は生の野菜や果物でスムージーを作っているという人でも旅行の際は粉末タイプを持参するという人もいます。栄養価などが調整されているタイプもあるので、求める効果に合わせて選ぶとよいでしょう。

スムージーにはたくさんの種類がある!

スムージーにはたくさんの種類がある!

 

スムージーには非常にたくさんの種類があります。一般的にスムージーといえば緑色のスムージーを指していることが多いですが、実際はほかにもたくさんのスムージーがあります。スムージーを作ったり選んだりするときは色に気をつけるだけでも、ある程度スムージーによる効果を把握することが可能です。スムージーならおいしい味を楽しみながら、気軽に健康によい栄養素を補うことができます。普段の食生活において栄養が不足していると感じているなら、スムージーを活用するとよいでしょう。自分で野菜や果物をミキサーにかけなくても、市販のスムージーを利用すれば準備はかなり簡単です。自分の状況に合わせて使い分けをおこなってみてください。スムージーを飲み始めれば無理なく健康的な身体作りにつなげることができるはずです。

スムージーに関する記事一覧

 

 

 

スムージーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ