現在位置

スムージーはいつ飲む?置き換え方法についてレクチャー

 

栄養満点なスムージーは、いつ飲むのがベストなのでしょうか。せっかくなら体にとってベストなタイミングで飲みたいですよね。また、スムージーは食事などと置き換えをしてもよいのでしょうか。栄養満点のスムージーを食事と置き換えれば、ダイエット効果も期待できそうです。

今回はスムージーをいつ飲むべきかについて紹介します。置き換え方法についても説明するので、自分に合った方法を選んでみてください。スムージーを上手に飲めれば、健康的な食生活の大きな手助けとなるでしょう。

スムージーを飲む時間

スムージーはいつ飲む?置き換え方法についてレクチャー

 

スムージーはどのようなタイミングで飲むのがよいのでしょうか。それぞれの飲むタイミングによるスムージーの効果の違いについてみてみましょう。

基本的にはいつ飲んでもいい

実はスムージーは基本的にはいつ飲んでも構いません。スムージーは野菜や果物でできているので、栄養がたくさん含まれています。基本的に体によい成分ばかりなので、いつ飲んでも体にはとてもよい影響を与えることができます。

朝にスムージーを飲む場合

朝にスムージーを飲むと、体の代謝を高めることができます。また、朝に飲んだスムージーは体にとっての活力になるでしょう。スムージーを飲む習慣をもっている人は、朝に飲んでいるパターンが多いです。

昼にスムージーを飲む場合

昼にスムージーを飲めば、お腹を満たす効果が期待できます。日中はカロリーを消費しやすくなるので、その効果を高めることが可能です。忙しくて食事をする時間が無いという場合でも、スムージーなら手軽に栄養補給ができます。

夜にスムージーを飲む場合

夜にスムージーを飲むようにすると、豊富な栄養が消化されたばかりの状態で睡眠をとることができます。夜なら比較的時間もあるという人が多く、リラックスして飲めるケースが多いです。スムージーは時間をかけてゆっくり飲むことが必要なので、夜なら体に負担をかけずにスムージーが飲めます。

スムージーを飲むタイミング

スムージーを飲むタイミングはどのようにして選べばよいのでしょうか。スムージーを飲むタイミングを決めるうえで重要になるポイントについて紹介します。

食事の前後は避ける

スムージーは食事の前後を避けて飲むようにしましょう。具体的には、スムージーを飲んでから前後40分は食事をしてはいけません。これは、食事とスムージーのそれぞれを摂取するタイミングが近いと、スムージーの栄養の吸収を妨げる原因となるからです。栄養を効率よく体にとり入れるためには食事とタイミングをずらしてスムージーを飲むようにしましょう。

習慣にして継続することが大切

スムージーは薬ではないため1回飲めばすぐに効果があらわれるというわけではありません。そのため、スムージーによる健康効果を感じたいなら、飲む習慣を継続することが大切です。無理にスムージーに入れる野菜や果物の種類を多くする必要はないので、無理なく続けられる程度の準備でスムージーを飲みましょう。また、スムージーは市販もおこなわれているので、作るのが難しい場合はそういったものを利用するとよいでしょう。とくに粉末状になったスムージーなら、自分が飲みたいタイミングに合わせて簡単にスムージーを作れるので手軽です。

スムージーの置き換え方法

スムージーを上手に活用するなら、スムージーの置き換えをおこなうという方法もあります。普段の食事などをスムージーに置き換えるだけで体をすっきりとさせられる可能性があります。スムージーの置き換え方法としては以下の例があげられます。

おやつやデザートをスムージーにする

もっとも取り組みやすい置き換え方法は、普段のおやつやデザートをスムージーに置き換えるという方法です。果物を中心にして作ったスムージーは、甘みがあるのでおやつやデザートとして飲んでも満足感を得ることができるでしょう。一般的なおやつやデザートとは違い、素材の組み合わせ方によってはカロリーが低くおさえられるのでとてもおすすめです。とはいえ、果物であっても完熟した甘いものばかりを組み合わせると、カロリーが高くなりやすいので注意してください。

3食中1食をスムージーに置き換える

ダイエット効果を期待したいなら毎日3食の食事のうち1食をスムージーに置き換えるという方法もあります。この場合、残りの2食で足りない栄養素を補うように配慮する必要があります。1日の食事全体で栄養バランスをうまく保つようにしてください。具体的には、食事では炭水化物やタンパク質が不足しないように適量を摂取することが必要です。

最初は週末だけなど軽く始める

スムージーによる置き換えはいきなり継続的に始めるのではなく、最初は週末だけに限定するなどして少しずつ体を慣らしていきましょう。スムージーは体の中を活性化させ、消化をよくする効果があります。そのため、スムージーを飲むと余計にお腹が空くといった事象が起こることもあります。スムージーによる空腹が気になる場合は、バナナなど満腹感につながるスムージーを選ぶようにするとよいです。置き換えが自分の体に合うかどうか確かめたうえで、毎日の生活に取り入れていくようにしましょう。

置き換え用スムージーのポイント

スムージーで置き換えをおこなう場合は、いくつかポイントをおさえておく必要があります。スムージーによる置き換えの効果を高めるためにも、ポイントをしっかりおさえて適切に飲めるように配慮しましょう。置き換え用スムージーに関するポイントは、以下のとおりです。

カロリーを考える

スムージーを飲むときは、カロリーに注意しましょう。糖度の高いフルーツをたくさん使用すると甘みで満足感を得られますが、その反面、高カロリーにつながる恐れがあります。なお、果糖であっても糖分のとり過ぎは体にとってよくありません。バランスを考えたうえでスムージーに入れる素材について考えましょう。

栄養の組み合わせを考える

置き換え用のスムージーを作るときは、栄養の組み合わせを考えるようにしてください。普段の食事であまり摂取できていない栄養をとれるようにするのが基本です。そのうえで、美容によい栄養素など自分の目的に合った栄養素をプラスすることも必要です。

腹持ちのよさも考えて組み合わせる

スムージーは食事とは違うので、スムージーで置き換えをおこなうと空腹を感じる場面も無いとはいえません。そのため、置き換え用のスムージーを作るときは腹持ちのよさを考慮しましょう。バナナを使用したり、牛乳や豆乳を使用したりすると、より腹持ちがよくなる傾向があります。

スムージーは食事と置き換えてもOK!

スムージーは食事と置き換えてもOK!

 

スムージーを生活に取り入れるのであれば、飲むタイミングは非常に重要です。スムージーは使用する素材の組み合わせ方によって、味も大きく変化します。自分の好みに合ったスムージーが作れるようになれば、スムージーを毎日おいしく飲む習慣を身につけることができるでしょう。スムージーを続けることが大切なので、無理なく続けられる範囲で野菜や果物の種類を選ぶようにしてください。置き換えをする場合は栄養素にもよりしっかり注目し、体にあった栄養を選んで組み合わせることが重要です。おいしいスムージーを作り、健康的な食生活に活かしてみてはいかがでしょうか。

スムージーに関する記事一覧

 

 

 

スムージーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ