スーパーフードに関するコラム

スーパーフード資格取得の通信教育講座

ココナッツオイルの賞味期限は?保存方法と使い切るアイデア

 

ココナッツオイルの賞味期限は?保存方法と使い切るアイデア

 

ココナッツオイルは、どのくらいの賞味期限となっているのでしょうか。ココナッツオイルは健康にもとてもよいオイルであり、その成分の関係により参加しにくい特徴をもっています。とはいえ、賞味期限以内に使い切らなければならないのは、ほかの食品と同じです。そのため、賞味期限や保存方法には注意しなければなりません。

今回は、ココナッツオイルの賞味期限について解説します。保存方法や使い切るためのアイデアについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ココナッツオイルの賞味期限

ココナッツオイルの賞味期限は、どれくらいなのでしょうか。ココナッツオイルは他のオイルに比べると、圧倒的に酸化しにくいのが特徴といえます。それは、ココナッツオイルの成分は90%以上が飽和脂肪酸であるためです。とはいえ、賞味期限がないわけではないので、賞味期限を意識したうえで適切な保管をおこなうことがたいせつです。ここでは、開封前と開封後の賞味期限について説明します。

開封前の賞味期限

開封前のココナッツオイルの賞味期限は、製造後2年程度といわれています。開封前のココナッツオイルについては購入してからの賞味期限ではない点に注意しましょう。店頭に並んでいる時点ですでに長い期間が経過していると、購入後2年未満で賞味期限がきてしまうこともあるので、しっかり賞味期限の表示を確認する必要があります。

開封後の賞味期限

開封後のココナッツオイルの賞味期限は1年以内です。ただし、未開封の状態で1年以上保管していた場合は、ココナッツオイルのボトルに表示してある開封前の賞味期限に合わせてココナッツオイルを使い切らなくてはなりません。いずれにせよ、ココナッツオイルを開封した後はできるだけ早く使用するようにしましょう。仮に異臭や変色がある場合は、すぐに使用を中止したほうがよいです。

ココナッツオイルの保存方法

ココナッツオイルを保存するときは、どのような保存方法を選べばよいのでしょうか。ココナッツオイルの保存方法は基本を押さえればそれほど難しくはありません。ここでは、ココナッツオイルの保存方法について説明します。

常温保存

ココナッツオイルは基本的に常温で保存して構いません。ただし、暑すぎる環境に置いておくと成分が変質する可能性もあるので、常温を保てるような場所を選ぶことが大切です。

冷蔵庫でも保存可能!

ココナッツオイルは、冷蔵庫で保存しても問題ないです。ココナッツオイルは25℃以下で固まる性質があるため、冷蔵庫に入れておくとバター程度の硬さになります。ただし、常温に戻せばもとに戻りますし、液化と固形化を繰り返しても品質に異常が生じることはありません。そのため、冷蔵庫に入れた場合の変化はあまり気にしなくてもよいでしょう。なお、製氷皿にココナッツオイルを入れ、冷蔵庫で2時間程度で固まらせておくと、必要な量をすぐに取り出しやすいので便利です。

ココナッツオイルの保存時の注意点

ココナッツオイルを保存するときは、いろいろと注意したいこともあります。ココナッツオイルの保存方法は難しくはないですが、ポイントを押さえておかないと思わぬ問題に発展することもあるので注意が必要です。ココナッツオイルの保存時の注意点について確認しておきましょう。

カビに注意

ココナッツオイルは抗菌性に優れているという特徴があります。しかしながら、ココナッツオイルに水や異物が混入するとカビが発生する原因になるため注意が必要です。余計なものが入ってしまうことがないよう、清潔に保つことを心がけましょう。

小分けにする

ココナッツオイルに異物が混入するのを防ぐためには、小分けにして使用するのもひとつの方法です。小分けにしておけば、万が一異物が混入した場合でも被害を最小限に食い止めることができます。大瓶の場合は小分けにして水や異物が混入するリスクを減らしましょう。

オリの沈殿は問題ない

液状のココナッツオイルは長期間置いていると、液化と固形化を繰り返すこともあります。そうなると茶色い沈殿物が発生することもあります。しかし、ココナッツオイル内のオリの沈殿は、ココナッツの表皮によるものです。そのため、オリが発生している場合に限ってはそのまま使用しても問題はありません。

賞味期限切れのココナッツオイルはどうする?

ココナッツオイルの賞味期限が切れてしまった場合は、基本的にココナッツオイルは処分しなければなりません。ココナッツオイルを処分するときは、いろいろと注意しなければならないことがあります。ここでは賞味期限切れのココナッツオイルの処分方法について説明します。しっかりとポイントを押さえて正しい処分ができるようにしましょう。

シンクに流すのはNG

ココナッツオイルの賞味期限が切れてしまった場合でも、シンクに流して捨ててはいけません。シンクに流して捨てると、ココナッツコイルが排水管の中で固まってつまりの原因となってしまいます。そうなると、業者に依頼しなければつまりを取り除くことができなくなるので注意が必要です。

固めたうえで捨てる

ココナッツオイルを捨てるときは、紙パックやビニール袋に古新聞を入れて染み込ませて捨てるようにしましょう。もしくは、凝固剤などを使用して固めて捨てる方法もあります。いずれにせよ液体として流しに流すのではなく、固体としてゴミに出す必要があります。

使い切れないココナッツオイルの使い方アイデア

ココナッツオイルが使い切れない場合、捨てるのはもったいないと感じる人も多いでしょう。そういったときは、食用以外の使い方を試してみるのがおすすめです。ここでは、使い切れないココナッツオイルの使い方アイデアについて紹介します。大容量のココナッツオイルが使い切れなくても困っている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

石鹸

ココナッツオイルは、手作り石鹸に使用することも可能です。自由な形で石鹸を作ることができるので、趣味として石鹸づくりを楽しんでいる人も多くいます。ココナッツオイルを使用すれば、安全性が高いうえいおしゃれな石鹸を作ることができそうですよね。

キャンドル

ココナッツオイルは、キャンドル作りにも役立てることが可能です。石鹸づくり同様、オリジナルのデザインでキャンドルを楽しむことができます。品質のよいココナッツオイルでキャンドルを作れば、体に悪い物質が部屋に広がることもないので安心です。

ココナッツオイルを使うときは賞味期限を意識して!

ココナッツオイルを使うときは賞味期限を意識して!

 

ココナッツオイルを使うときは、賞味期限をしっかり確認することが大切です。ココナッツオイルの賞味期限は長めですが、だからといっていつまでも使い続けられるわけではありません。賞味期限を過ぎたココナッツオイルは、品質が悪化している可能性が高いので無理に使用するのはやめましょう。ココナッツオイルは保存方法も大切です。きちんとした保存方法を取り入れることで、ココナッツオイルの品質をよい状態で保ちやすくなります。保存方法が間違っていると、賞味期限よりも早い段階でココナッツオイルがダメになってしまう可能性もあるので注意が必要です。正しく保存しつつ、なるべく早めに使い切ることを意識してココナッツオイルをしっかりと使いこなすようにしましょう。



スーパーフードに関する記事一覧

スーパーフードについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
スーパーフード基本コース
資格を目指すコース!!
スーパーフード
人気講座
スーパーフード 資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

スーパーフードプラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
スーパーフード 資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

スーパーフード資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

スーパーフード講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座