スーパーフードに関するコラム

スーパーフード資格取得の通信教育講座

スーパーフードとは?その種類や効果について押さえておこう

 

スーパーフードとは?その種類や効果について押さえておこう

 

スーパーフードという言葉は、いろいろなところで耳にしますよね。とはいえ、そもそもスーパーフードとはどのようなものなのか知らないという人も多いのではないでしょうか。せっかくスーパーフードを摂取するなら、スーパーフードの意味をしっかりと理解しておきたいところです。

今回は、スーパーフードの種類や効果について説明します。スーパーフードの概要をしっかり押さえて、スーパーフードをおいしく効果的に摂取できるようにしましょう。

スーパーフードとは?

スーパーフードは、どのように定義されているものなのでしょうか。スーパーフードの全体像を把握するためには、スーパーフードの定義を知ることが大切です。まずは、スーパーフードの歴史と定義など基本的な事柄について押さえておきましょう。

北米で使われ始めた言葉

スーパーフードは、1980年頃に北米で医師や専門家の間で使われ始めた言葉です。食糧法を研究するなかで、有効成分を多く含む食品に注目が集まり、スーパーフードという呼び方が定着しました。その後、アメリカの医師が2004年に出版した著書がきっかけとなり、世間一般にスーパーフードという呼び方が広まっていきます。

少量で栄養成分を効率的に摂取できる食品

スーパーフードは、一般の食品より必須栄養素や健康成分を多く含む食品を示しています。おもに植物由来の食品について使われ、少量で栄養成分を効率的に摂取できるのが大きな特徴となっています。スパーフードを上手に取り入れることができれば、健康に大きく役立てることができるでしょう。

代表的なスーパーフードの種類と特徴

では、スーパーフードとしては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。スーパーフードとよばれる食品は、とてもたくさんの種類があります。ここでは、スーパーフードの種類とそれぞれの特徴について確認してみましょう。

アサイー

アサイーは高い抗酸化作用をもつスーパーフードです。アンチエイジングに高い効果を発揮します。鮮やかな色合いをしていますが、味わいにはあまり特徴がなく、甘いわけでもなければ酸味があるわけでもありません。その分誰でも食べやすいスーパーフードだといえるでしょう。アサイーには牛乳の倍程度のカルシウムが含まれており、疲労回復の効果も期待できます。

スピルリナ

スピルリナは、世界最古の植物といわれています。藻のような香りがし、タンパク質や必須アミノ酸を多く含んでいます。血液の浄化や腸のデトックスなど、さまざまな効果を期待できるスーパーフードです。栄養素の種類は50にも及び、髪や肌に対してもよい効果が期待できます。

マカ

マカは鉄分やカルシウムを豊富に含んでいる食べ物です。冷え性を改善したりホルモンバランスを整えたりする効果をもっています。

クコの実

クコの実は血流をアップさせる働きをし、血圧をコントロールする効果も期待できます。冷え性の人や高血圧の人は積極的に摂取したほうがよいスーパーフードです。クコの実は中華料理の材料としてもメジャーなので比較的入手しやすいです。ただし、スーパーフードとしての効果を期待して購入するのであれば、オーガニックのものを選んだほうがよいでしょう。

ローカカオチョコレート

ローカカオチョコレートは、一般的なチョコレートとは違い、低温乾燥をおこなっているため栄養素を失わずに食品のなかに閉じ込めることができます。マグネシウムや鉄、亜鉛など、さまざまな栄養素が含まれています。たとえば、マグネシウムは血液をきれいにする効果をもっています。また、亜鉛は重金属のデトックス効果も期待できます。ほかにもさまざまな効果が期待できるため、ローカカオチョコレートは注目度の高いスーパーフードです。

チアシード

チアシードは水でふやかして摂取するのが基本で、見た目がカエルの卵のような独特な特徴をもっています。チアシードはアスリートにぴったりなタンパク質豊富な食品です。ドリンクに入れられることも多く、腹持ちがよいのがポイントです。ダイエットにも活用しやすいでしょう。チアシードにはオメガ3脂肪酸も含まれており、認知症予防や免疫力の向上にも役立ちます。

ヘンプシード

ヘンプシードはオメガ3脂肪酸を多く含むスーパーフードです。ミネラルも多く含んでいるため、肌にもよい効果を発揮する食品です。

アマニ油

アマニ油もまたオメガ3脂肪酸を多く含んでおり、さまざまな効果を期待できます。アマニ油は水に溶けやすいですが、熱に弱いという性質をもっています。そのため、加熱せずに使用する方法で摂取するのがおすすめです。たとえば、ドレッシングなどにして食べるようにすると、生の状態でおいしく接すっシュすることが可能です。

ココナッツ油

ココナッツ油は中鎖脂肪酸が多いため、常温では白っぽく固まっています。中鎖脂肪酸は体内に蓄積された脂肪を使いながらエネルギー転換をおこなうので、ダイエットに効果的なスーパーフードだといわれています。甘い香りを楽しめるので、料理の隠し味やデザートとして楽しめます。

スーパーフードの取り入れ方

スーパーフードはどのようにして取り入れたらいいのでしょうか。スーパーフードは、さまざまな活用方法があります。ここでは、スーパーフードの取り入れ方についてチェックしておきましょう。

スムージーやデザート、ドリンクに混ぜる

スーパーフードは、パウダー状や粒状になっているタイプも多いです。パウダー状や粒状のものであれば、スムージーやデザート、ドリンクに混ぜて飲むのがおすすめだといえます。さりげなく飲めるので、続けやすいのもポイントです。

煮込み料理に混ぜる

パウダー状や粒状のスーパーフードは、煮込み料理に使用することもできます。ちょっとした隠し味としても役に立つので、普段の料理をよりおいしくすることが可能です。

米と一緒に炊いて食べる

穀物のタイプのスーパーフードであれば、米と一緒に炊いて食べることもできます。米と一緒になっていれば、毎日の習慣としても取り入れやすいですね。

そのまま食べる

スーパーフードの中には、ドライタイプのものも多くあります。ドライタイプであれば、ナッツやドライフルーツのようにそのまま食べてもよいでしょう。おやつのようにおいしく摂取できるのが魅力的です。

ヨーグルトやアイスのトッピングとして食べる

スーパーフードはトッピングとしても取り入れることができます。シリアルのようにヨーグルトやアイスに加えると、デザート感覚でおいしく食べられるでしょう。

スーパーフードを調理するときの注意点

スーパーフードを調理するときは注意したほうがよいこともあります。たとえば、加熱すると栄養が損なわれることがあるので、加熱してもよいかどうかをしっかり見極める必要があります。さらに、どのような食品も摂取しすぎは体によくないこともあるため、1日あたりの摂取目安量を確認することも大切です。栄養量やカロリーを考慮したうえで、適切な量を摂取できるようにしましょう。

スーパーフードにはさまざまな種類がある!

スーパーフードにはさまざまな種類がある!

 

スーパーフードは種類が豊富で、さまざまな効果が期待できます。スーパーフードを上手に取り入れることができれば、より健康的な毎日を実現することも可能です。スーパーフードを取り入れて、無理なく元気な毎日を手に入れましょう。



スーパーフードに関する記事一覧

スーパーフードについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
スーパーフード基本コース
資格を目指すコース!!
スーパーフード
人気講座
スーパーフード 資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

スーパーフードプラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
スーパーフード 資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

スーパーフード資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

スーパーフード講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座