スーパーフードに関するコラム

スーパーフード資格取得の通信教育講座

チアシードの保存方法や保存期間って?おいしく食べるための保存のしかたを紹介

 

チアシードの保存方法や保存期間って?おいしく食べるための保存のしかたを紹介

 

チアシードは、いろいろな食品と合わせて食べることができるスーパーフードです。チアシードは飲み物に入れて飲むというイメージがありますが、実はいろいろな使い方ができます。そんなチアシードはどうやって保存するのがよいのでしょうか。おいしくチアシードを楽しむためには、保存方法もきちんと押さえておきたいところです。

今回は、チアシードの保存方法や保存期間について説明します。チアシードを上手に保存して最後までおいしく使い切れるようにしましょう。

チアシードの保存方法

チアシードはどのように保存するのがよいのでしょうか。チアシードをしっかりとおいしく食べるためには、保存方法についてもしっかりこだわりをもつことが大切です。チアシードの基本的な保存方法について説明するので、チアシードを保存するときは正しい保存方法をしっかりと守れるようにしましょう。

直射日光・高温多湿を避ける

チアシードは直射日光や高温多湿を避けて保存することが大切です。直射日光や高温多湿の環境で保管してしまうと、性質が変化してしまう恐れもあるので注意しましょう。具体的には、チアシードは遮光性のある密閉容器に保存するのがおすすめです。遮光性のある密封容器であれば、うっかり直射日光のあたる場所にチアシードの入れ物を放置してしまった場合でも、光による刺激を避けることができます。チアシードがもともと遮光性のあるジッパーのついたパッケージに入っているのであれば、そのまま保存することも可能です。容器に注意してチアシードの保存方法を考えましょう。

清潔な密閉容器に入れる

チアシードは水でふやかした状態でも保存することができます。水でふやかしたチアシードは、煮沸消毒したガラス容器などに入れて冷蔵庫で保管しましょう。消毒していない容器で保存すると、傷みやすくなるので注意が必要です。ただでさえ水分を多く含んでいる食べ物は傷みやすいので気を付けなければなりません。それに加えてチアシードは酸化しやすいという特徴もあるため、できるだけ劣化を防ぐための工夫をしたうえで保存するようにしましょう。

冷凍保存も可能!

水でふやかしたチアシードは、冷凍して保存することも可能です。すぐに使わない場合は冷凍したほうが長くおいしい状態を保ちやすいです。チアシードを冷凍保存するときは、製氷皿に入れて冷凍庫で保存するとすぐに取り出しやすくて便利です。特にドリンクに入れて使う予定であれば、氷代わりとして使えるのでよいでしょう。

チアシードの保存期間

チアシードはどれくらいの期間、保存することができるのでしょうか。チアシードは保存することもできますが、やはり保存できる期間には限りがあります。そのため、保存期間をしっかり意識したうえで保存したほうがよいでしょう。ここでは、チアシードを保存するときの目安となる期間について説明します。チアシードを保存するときの参考にしてみてください。

基本的には2年程度

チアシードは開封前であれば2年程度まで保存可能です。ただし、パッケージに記載されている賞味期限を守ることを優先しましょう。製造後から時間が経っている場合は、開封前でも期限が短くなっている場合もあるので注意が必要です。チアシードのパッケージには必ず賞味期限が記載されているので、チアシードを購入するときは賞味期限を考慮したうえできちんと使い切れそうな量を購入したほうがよいでしょう。賞味期限をしっかり意識して購入すれば、チアシードを余すこともないので経済的です。

開封後はなるべく早めに食べきる

チアシードを水でふやかした後は冷蔵庫で2~3日程度であれば保存可能です。ただし、できるだけ早めに食べ切るようにしましょう。保存可能な期間は、きちんと消毒した容器を使用することも前提となっています。保存環境が悪ければ、早い段階でチアシードが傷んでしまう可能性もあるので注意が必要です。

賞味期限が切れたチアシードはどうする?

賞味期限が切れたチアシードは、基本的に処分するしかありません。そのため、チアシードはできるだけ期限を切らさないように使い切る必要があります。最初はあまり大量に購入するのではなく、試しに使える程度の少量のチアシードのみを購入するようにしたほうがよいでしょう。使い方に慣れてきたら、自分が使用する量に合わせてチアシードを購入するのがおすすめです。

残ったチアシードの使い方アイデア

チアシードの賞味期限が近づいてきて、残っているチアシードがたくさんあるときはどのような使い方をすればよいのでしょうか。ここでは、残ったチアシードの使い方について説明します。思いのほかチアシードがたくさん残ってしまっている場合は、これを参考にしてチアシードを使い切るようにしてみてください。

ドレッシングに

チアシードはドレッシングに混ぜて使用することも可能です。チアシードをドレッシングに混ぜても違和感なく馴染むうえに、野菜と一緒に噛んで食べることができます。小さな粒粒がドレッシングのアクセントにもなるので、いつもとは一味違ったドレッシングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スコーンやクッキーなどのおやつに

チアシードはスコーンやクッキーなどのおやつに混ぜて使うのもおすすめです。いつものお菓子作りの際に生地にチアシードを混ぜるだけでいいので、作り方も難しくありません。チアシードを混ぜれば普段のおやつでしっかりと栄養補給ができるので、一石二鳥です。

ジャムに入れてトーストなどに

チアシードはジャムに入れてもおいしく食べられます。トーストに塗って食べれば、朝食でしっかりチアシードの栄養素を吸収することができるようになり、1日の活力にもなるでしょう。ぷつぷつとした種の食感がアクセントになるので、いつもとは違ったトーストを楽しむことができます。

炒め物や酢の物などのおかずに

チアシードはお菓子やパンなど以外にも、食事のおかずに混ぜて食べることもできます。チアシードそのものには独特な味わいはないため、炒め物や酢の物などさまざまなおかずに入れて楽しめるのが魅力的です。意外な組み合わせでもおいしく食べられる可能性があるので、いろいろなおかずにチアシードを混ぜて試してみてはいかがでしょうか。

チアシードは賞味期限を守ってしっかり保存しよう

チアシードは賞味期限を守ってしっかり保存しよう

 

チアシードを保存するときは、まずは賞味期限をきちんと確認することが大切です。賞味期限内に使い切ることができなければ、チアシードは処分するしかありません。せっかくさまざまな栄養素を備えているチアシードをそのまま捨ててしまうのはもったいないですよね。そのため、チアシードは賞味期限内に使い切ることを目指し、きちんとした保存方法で保管するようにしましょう。そうすれば、チアシードの栄養素をしっかりと活かすことができます。チアシードは水でふやかした状態でも保存できますが、乾燥した状態に比べると日持ちがしないので、適量を少しずつ使用することも心がけとしては重要です。チアシードはお菓子や料理などさまざまなものと組み合わせることができるので、使い切れなくて困る場合はいろいろなアレンジを楽しむようにしましょう。チアシードを期限内にきちんと摂取して、健康な体作りに役立ててみてください。



スーパーフードに関する記事一覧

スーパーフードについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
スーパーフード基本コース
資格を目指すコース!!
スーパーフード
人気講座
スーパーフード 資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

スーパーフードプラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
スーパーフード 資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

スーパーフード資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

スーパーフード講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座