スーパーフードに関するコラム

スーパーフード資格取得の通信教育講座

チアシードは噛むのが正解!栄養を効率的にとる食べ方

 

チアシードは噛むのが正解!栄養を効率的にとる食べ方

 

チアシードはスーパーフードとして注目を集めています。飲み物の中に入っているイメージもありますが、チアシードはできれば噛んで食べたほうがよいといわれています。それはなぜなのでしょうか。一言でいうと、チアシードは噛んで食べたほうが栄養をしっかり吸収しやすいです。

今回は、チアシードの正しい食べ方やレシピのアレンジ方法などについて紹介します。チアシードの栄養素をしっかり吸収したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

チアシードの栄養素を効率よく吸収するには?

チアシードの栄養素を効率よく吸収するには、どのような食べ方をするのがよいのでしょうか。せっかくスーパーフードとよばれるチアシードを摂取するなら、その栄養素をしっかり吸収したいですよね。チアシードは小さな粒ですが、なるべく噛んで食べたほうが効率よく栄養を吸収できるといわれています。ここでは、その理由とともにチアシードのおすすめの食べ方を説明します。

チアシードは種

チアシードは、実などではなく種です。種は表面がかたく、栄養素は中に詰まっています。人は種を消化できないため、種をそのまま飲み込んでしまうと中にある栄養をきちんと吸収することができません。チアシードを食べるときは、種であることを忘れないようにしましょう。

噛んで食べることが大切!

チアシードの種の中にある栄養をしっかり吸収するためには、殻を破る必要があります。殻を破るにはチアシードを噛んで食べる必要があります。種の殻を破ることで中の栄養素を吸収することができるようになります。小さな粒粒ですが、意識的に歯で噛むようにしたほうがチアシードの栄養をしっかりと体に補給することができるようになります。

おすすめの食べ方

チアシードはどのような食べ方をすれば、噛んで食べやすいのでしょうか。チアシードの食べ方としては、おかずにふりかけたり、クッキーにしたりして食べると噛みやすくておすすめです。要は噛んで食べるものと一緒にして食べると、ついつい飲み込んでしまうことは少なくなるでしょう。一般的にはドリンクに入れて水分を含んだプルプルの状態で飲んでしまうことが多いですが、飲むだけでは栄養を吸収しづらいので注意しましょう。

チアシードの栄養素「オメガ3」

チアシードはスーパーフードと言われるだけあって、体とって貴重な栄養素を含んでいます。チアシードが含む栄養素として代表的なのがオメガ3です。オメガ3とはどのような栄養素なのでしょうか。ここでは、チアシードの栄養素であるオメガ3の特徴について説明します。せっかくチアシードを摂取するのであれば、チアシードの栄養素についてしっかりと理解を深めておきましょう。

体内で作ることのできない「a-リノレン酸」の必須脂肪酸

チアシードに豊富に含まれるオメガ3は、「a-リノレン酸」の必須脂肪酸です。a-リノレン酸は体内で作ることのできない栄養素であるため、食品から摂取するしかありません。チアシードを摂取すれば、気軽にしっかりとこの栄養素を摂取することができます。a-リノレン酸は体内でDHAやEPAに変わり、体の機能を整えるためにさまざまな働きをしてくれます。

オメガ3の効果

人の体がオメガ3を摂取すると、さまざまな効果を発揮することが期待できます。たとえば、コレステロール値を下げたり、糖尿病や動脈硬化などのリスクを下げたりするといわれています。さらに、鬱の症状を抑える効果もあるといわれており、抗炎症作用などもあって肌によい効果も期待できます。体にとってさまざまな効果を期待できるため、チアシードは積極的に摂取したい食品のひとつだといえるでしょう。

オメガ3の注意点

オメガ3は酸化しやすいという特徴があります。そのため、水を含ませた後は早めに食べたほうがよいでしょう。消化吸収を促すためにも、噛んで食べることでスムーズに体内を循環させることができます。

噛みやすいチアシードを使ったレシピ

チアシードはどのような食べ方をするのがよいのでしょうか。せっかくチアシードを摂取するのであれば、おいしく噛みやすいレシピで食べたいですよね。そこでここでは、チアシードのレシピについておすすめのものを紹介します。「チアシードをどうやって食べたらいいのか分からない」という人は、レシピを参考にしておいしくチアシードを摂取しましょう。

チアシードクッキー

クッキーにチアシードを混ぜるときは、生地の材料と一緒に練りこめばOKです。普段のクッキーづくりと同じ手順でクッキーを作ることができるため、簡単にチアシードクッキーを作ることができます。米粉などを使うようにすれば、より体に気を使ったおやつを作ることができますね。

チアシードのシリアルバー

チアシードはシリアルバーの材料としてもよく合います。ほかの穀物などの材料と合わせて一緒に混ぜることで、チアシード入りのシリアルバーを簡単に自作することが可能です。自分でシリアルバーを作れば、余計なものが入っていないので安心して食べることができます。ブルーベリーなどフルーツを混ぜれば、よりおいしいシリアルバーを作ることができるでしょう。

チアシードのドレッシング

チアシードはドレッシングに入れても、噛んで食べやすいです。チアシードそのものには味や香りはほとんどないため、いろいろな味のドレッシングに合わせることができます。チアシードのドレッシングをかけたときは、いつも以上によく噛むことを意識してサラダを食べるようにすると、チアシードともに野菜の栄養素をしっかりと吸収することができるようになるでしょう。

チアシードご飯

チアシードは米と一緒に炊くのもおすすめです。米を洗ったら、そこにチアシードを入れましょう。水の分量は普段ご飯を炊くときと同じで構いません。この状態でご飯を炊くと、チアシードをご飯と一緒に気軽に摂取することができます。ちょっとしたアクセントにもなるため、普段とはちょっと違った食事を楽しめるのもポイントです。

ほうれん草のチアシード和え

チアシードはおかずと一緒に食べてもおいしいです。たとえば、ほうれん草にチアシードを振りかけ、和えて食べるようにすると違和感なくチアシードを食べられます。味付けも普段と同じごま和えなどにすれば、普段と同じ味わいの中で気軽にチアシードを摂取することができるでしょう。

チアシードは噛むのが基本!

チアシードは噛むのが基本!

 

チアシードを食べるときは、できるだけよく噛んで食べるようにしましょう。なにげなくチアシードを口にすると、そのまま飲み込んでしまう人も多いはずです。しかし、チアシードの栄養をしっかり摂取するには、しっかり噛んで食べることがとても重要です。水分と一緒にチアシードを摂るとなると、そのまま喉へ流れていきやすいので注意しましょう。飲み物と一緒にするよりも食べ物と一緒に摂取することにより、しっかりとチアシードの栄養を吸収しやすくなります。せっかくチアシードを摂取するなら、その栄養素をしっかりと吸収できるようにしたいところです。チアシードはいろいろな味わいとともに楽しむことができます。ちょっとした心がけでチアシードの栄養をしっかりと吸収できるようになるので、いろいろなレシピのアレンジ方法を楽しみつつ、チアシードの栄養をきちんと体の中に吸収させていきましょう。



スーパーフードに関する記事一覧

スーパーフードについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
スーパーフード基本コース
資格を目指すコース!!
スーパーフード
人気講座
スーパーフード 資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

スーパーフードプラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
スーパーフード 資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

スーパーフード資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

スーパーフード講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座