通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

ブリーダーについて

ペット用子犬、
子猫の繁殖を主業とするブリーダー

日本ではこの種のブリーダー業がもっとも軒数が多く、一般的です。流行や購入者のニーズに応じて子犬、子猫を繁殖させ、年間を通じてペットショップへの安定した提供を行います。飼育する犬種、猫種も複数種におよび、郊外の広い敷地を主な繁殖施設とします。生まれた子犬、子猫は離乳が可能な月齢に達すると、ペットショップの店頭へ並べられ、販売されます。犬の出産は最大でも年に2回、メス犬であれば3、4歳までが限界です。繁殖可能な年齢を過ぎた犬、猫のその後の継続飼育や飼育費用に関する問題、繁殖施設の衛生管理など社会的な問題として注目される機会も多く、この業態に関する課題は多々残されています。

特定の品種の保存、
改良を目的とし繁殖を行うブリーダー

犬には個体そのものが本来有するサイズ、気質、外見がそれぞれ定められています。いかに、本来の形状、気質に近いかを競う場がドッグショーや品評会、競技会と呼ばれる場です。このような場に参加し、その品質を競う事、本来の品質の保持を目標とし、繁殖させるブリーダーもあります。いわゆる「トップブリーダー」と呼ばれる分野です。この分野のブリーダーは、単一品種での飼育、繁殖をする事が多く見られます。優秀な品質が認められた親犬から誕生した子犬は一般的なペット用子犬の数十倍の価格で取引されています。また、オス犬はその優秀な血統を受け継がせたいと要望が多く寄せられ、高額な費用で交配を引き受ける事も一般的です。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ