通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

キャンドルの資格・検定試験

キャンドル 基本コース / プラチナコース

資格試験について

2種類の資格取得が目指せる

本講座では基本コースとプラチナコースの2種類のコースを用意しています。プラチナコースを受講された方は日本デザインプランナー協会(JDP)主催の「キャンドルデザインマスター」、日本インストラクター協会主催の「キャンドルアドバイザー」の2つの資格を100%確実に取得できます。


キャンドルデザインマスター

image07

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

キャンドルデザインマスターの資格はキャンドル製作に必要な知識、技術のレベルが一定以上である事を証明する資格となります。試験ではキャンドル製作の材料や各種キャンドルの特徴、製作の工程などが問われます。


キャンドルアドバイザー

image08

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価

ディナーキャンドルやジェルキャンドル、スイーツキャンドルなど様々なキャンドルの製作知識が必要とされます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

キャンドルの炎が燃える仕組みとは?キャンドルが燃えるその仕組みは、芯に火をつけることにより直下のロウが溶けはじめます。その溶けたろうが芯に染みこんでいき、そのロウが熱せられて気化し、酸素と結びつき燃え上がります。この状態をずっと繰り返すことによって、いつまでもキレイな炎がともり続けるのです。また、そのロウが溶け出す温度は約57℃といわれていて、案外低温で溶けだすことがわかります。さらに発火する温度は約220℃で、これまた高温だということがわかります。それを理解しておくと、溶けだしたロウが床などに付着してしまった時、直火で溶かすのではなく少し熱めのお湯を沸かしてしぼったタオルで拭き取ることで、ロウは簡単に除去することができます。
それでも取れない場合は、ドライヤーなどの道具を使えば、ほぼ間違いなく除去できます。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ