講座で学ぶ知識~インド料理とは~

インド料理 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

日本国内の
インド料理の先駆け


日本人がインド料理と聞いてカレー以外で思い浮かべるのはナンとタンドリーチキンですが、これらは北インド生まれです。日本にインドレストランができた当初は、北インドの料理を出す店がほとんどでした。スパイスが控えめでクリーミーなチキンカレーと、大きなふっくらした甘味のあるナン、脂が少なくほどよくスパイシーな味のしみたタンドリーチキンは宮殿風の内装と共に、まだ見ぬインドを想像させるのに十分でした。実際は、かつてインドだったパキスタンや隣国のネパールもほぼ同じ食文化を持っているため、インドレストランの料理人が実はネパール人ということもよくあります。インドでは土窯「タンドール」を持っている家庭は多くなく、タンドリーチキンやナンは贅沢なものです。実際のナンも日本ほど大きくはなく、ナンよりも楽に作れるチャパティや米がよく食べられています。しかしながらインドは中東の影響を多く受けている部分が残っていて、大きなナンが作られている地域も存在しています。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ