インテリアアドバイザーになろう!仕事内容や資格の取得方法とは?

 

インテリア業界を目指すなら、まずはインテリアアドバイザーに挑戦してみてはいかがでしょうか。インテリアアドバイザーなら、初心者でも無理なくインテリアに関する知識を習得できるはずです。資格を取る難易度は比較的低いので、少しでも興味があるなら挑戦してみる価値はあるといえるでしょう。

ところで、インテリアアドバイザーとは、具体的にはどういった仕事なのでしょうか。今回は、インテリアアドバイザーの仕事や資格についてくわしく説明します。

インテリアアドバイザーとは?

インテリアアドバイザーになろう!仕事内容や資格の取得方法とは?

 

インテリアアドバイザーとは、どのようなものなのでしょうか。まずは、インテリアアドバイザーの概要についてみてみましょう。

インテリアアドバイザー認定試験の合格者

インテリアアドバイザーとは、資格認定試験の名称です。そのため、試験に合格した場合に名乗ることができます。知識や技能などそれぞれの側面についてのスキルを証明することができる資格です。そのため、反対にいえば、資格をもっていない場合はインテリアアドバイザーを名乗るのはNGということになります。とはいえ、インテリアアドバイザーの資格はそこまで難しいものではありません。なので、きちんと勉強すれば合格できる可能性は非常に高いです。

インテリアアドバイザーとして勤めることができる

インテリアアドバイザーの資格をもっていれば、インテリアアドバイザーとして就職することが可能です。履歴書に記載すれば、その分の知識や技能が身に付いているという証明にもなります。また、実際に働くうえでも、インテリアアドバイザーとしての仕事を実践することが可能です。資格をもっているということをクライアントに伝えれば、より安心して仕事を任せてもらえるでしょう。インテリア業界を目指すなら、自分の実力をアピールするためにインテリアアドバイザーの資格を取得しておいたほうがよいといえます。

インテリアアドバイザー認定試験

インテリアアドバイザーの認定試験とは、どういったものなのでしょうか。インテリアアドバイザーを目指すなら、資格の概要についてしっかりと確認しておくべきです。試験概要に合わせて受験の準備をきちんと進めていきましょう。

日本デザインプランナー協会が主催

インテリアアドバイザー認定試験は、日本デザインプランナー協会が主催している資格です。受験資格はとくにないため、興味があれば誰でも受験できます。試験の難易度もそれほど高くないので、一通り勉強すれば合格できる可能性は高いといえるでしょう。受験するときもどこかの会場に行く必要がなく、在宅で受験可能です。そのため、全国どこの地域に住んでいても同じ条件で受験できるという手軽さもあります。

インテリアアドバイザー試験の受験概要

受験料は消費税込みで1万円がかかります。インターネットで申し込み、指定された方法で受験料を払いましょう。合格基準は、問題の70%以上に正解することです。70%といわれると難しいように感じますが、問われるのは基本的な内容が中心となっているのでしっかりと勉強すれば困ることはないでしょう。偶数月に試験がおこなわれるので、かなりの頻度で試験が開催されていることになります。とはいえ、いつでも受験できると思うとなかなか受験する機会を逃してしまうことも多いです。そのため、受験すると決めたら、早めに申し込みをして資格取得に向けて勉強に励むべきだといえます。

インテリアアドバイザー試験の内容

インテリアアドバイザー試験では、インテリアに関する基本的な知識とともにカラーコーディネートに関する色彩感覚などが問われます。こういったことを全く学んだことがないという方にとっては、覚えることが多くて大変に感じられるかもしれません。しかし、一度理解してしまえばそれほど難しい内容ではないので、そこまで大きな負担はないはずです。独学で勉強することも十分できますし、通信講座を活用して学習を進めてもよいでしょう。実際にインテリアアドバイザーとして働き始めると役に立つ知識ばかりなので、しっかりと学習して頭に入れることが重要です。

インテリアアドバイザーの仕事とは?

インテリアアドバイザーの資格を取得して実際に働き始めた場合、どのような仕事をすることになるのでしょうか。具体的にみてみましょう。

インテリアのアドバイスをおこなう業務

インテリアアドバイザーはその名のとおり、インテリアのアドバイスをおこなうのが主な仕事です。インテリアについての多様な知識を使って、その場に最も適したインテリアについてアドバイスします。インテリアの組み合わせ方や配置の仕方について、「どうしてそれがよいのか」という理由付けをしっかりおこないながらアドバイスをしていきます。美的センスも重要ですが、クライアントに納得してもらうためにはきちんと口で説明できるような理論が必要です。自分の好みもある程度反映することは可能ですが、クライアントの好みやイメージをうまく具現化させるというのがメインになります。

アドバイス業務に特化した職種

インテリアアドバイザーと似た資格として、インテリアデザイナーがあります。インテリアアドバイザーとインテリアデザイナーには、どういった違いがあるのでしょうか。それは、インテリアデザイナーがインテリアを形づくるデザインをおこなうのに対し、インテリアアドバイザーはインテリアについてのアドバイスをするという違いがあります。インテリアアドバイザーは担当する空間のインテリアについて、配置や配色のアドバイスを細かくおこなっていく仕事です。ただし、デザイナーの中には、インテリアアドバイザーとしての業務も担当できる知識を持ち合わせている人もいます。

なお、初心者におススメなのは、インテリアデザイナーよりもインテリアアドバイザーです。インテリア初心者でも認定試験に合格すれば、実務に役立つ知識を得ることができます。インテリア業界への就職を目指すなら、インテリアアドバイザーの資格は最初に取得すべきだといえるでしょう。

インテリアに関する知識を身につけてインテリアアドバイザーになろう

インテリアに関する知識を身につけてインテリアアドバイザーになろう

 

インテリアアドバイザーは、インテリア業界の中でも比較的取得しやすい資格です。そのため、インテリアやクリエイティブなジャンルの資格を何ももっていないという場合でも挑戦できます。受験資格について制限はとくにないため、独学や通信講座で知識を習得したうえで認定試験を受けるようにしましょう。試験日は2ヶ月に1回あるので、チャンスはたくさんあります。難易度もそこまで高くはないので、しっかりと勉強すればかなりの確率で取得できるはずです。

もちろん、インテリアアドバイザーの資格を取得すればすぐにインテリア業界で活躍できるというわけではありません。実際にインテリアアドバイザーとして活躍するためには、実務経験をしっかりと積むことが必要不可欠です。実際に業務に携わりながら、具体的な事例について学んでいきましょう。その中では、新しい情報について自ら積極的に学ぶことも重要です。常に最新のインテリア事情に目を向け、素敵なインテリアのアドバイスができるようにしておくことが必要だといえるでしょう。インテリアアドバイザーの資格を取得して、憧れのインテリア業界で働くための第一歩を踏み出してみませんか。

インテリアデザイナーに関する記事一覧

 

 

インテリアデザイナーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ