憧れのインテリアデザイナー!年収はどれくらい?

 

インテリアデザイナーは華やかなイメージが強く、人気の高い職業の1つです。社会人になってから転職を目指す人も少なくありません。インテリアデザイナーには資格もたくさんありますが、絶対に取得しなければならないというものは無いので難しくはありません。

ところで、インテリアデザイナーの年収は、どれくらいなのでしょうか。仕事として取り組むためには、収入面も気になりますよね。今回は、インテリアデザイナーの年収についてみていきましょう。年収について考える際に参考にした休日の状況についてもあわせて紹介します。

インテリアデザイナーの給料は?

憧れのインテリアデザイナー!年収はどれくらい?

 

インテリアデザイナーになると、給料はどれくらいもらえるのでしょうか。インテリアデザイナーは仕事内容に魅力を感じて目指す人も多い職業です。とはいえ、仕事として取り組むからには給料も気になりますよね。まずは、インテリアデザイナーの給料の具体的な状況についてみてみましょう。

勤務先で変わる

インテリアデザイナーの給料は、一概にいくらくらいと断言するのは難しいです。それは、インテリアデザイナーが勤務するのは、インテリアデザイン事務所、設計事務所、インテリア用品メーカーなどたくさんの種類があるからです。給料はそれぞれの勤務先の規定や規模によっても大きく異なるでしょう。そのため、インテリアデザイナーとして就職先を選ぶときは、年収についてもそれぞれ細かくチェックしたほうが無難です。求人情報を見るときは、勤務条件だけでなく給料についてもよく確認しましょう。

基本的には一般的な会社員と変わらない

インテリアデザイナーの給料について一概に断言できないといわれると、少し不安になるかもしれません。しかし、実際のところは、一般的な会社員とほとんど変わらないといってよいでしょう。インテリアデザイナーは華やかな印象がありますが、企業に勤める場合は一会社員という扱いになるので、意外と収入は普通です。たとえば、20代の年収は300万円台、30代の年収は400万円台くらいでしょう。勤務先によっては、それより多い場合もあれば少ない場合もあります。

ボーナスの有無にも差がある

インテリアデザイナーの収入については、ボーナスがあるかどいうかという点も考慮したほうがよいです。仮に月収が高めに設定されている場合でも、ボーナスがない場合は年収がインテリアデザイナーの平均よりも少なくなる可能性があります。もちろん、ボーナス分が毎月の給料に分配されており、年収としてみても十分な金額になりそうであれば問題ないでしょう。自分が必要とする収入を考慮しつつ、年収がそれで足りるかどうかを検討することが重要です。

インテリアデザイナーの休みの割合は?

インテリアデザイナーの収入について考えるうえでは、休みの割合について考慮しておくことも大切です。インテリアデザイナーは多忙な仕事なので、一般的な会社員よりも働いている時間が多くなる可能性が高いです。そのため、会社員と同程度の収入では割安だと感じる部分もあるかもしれません。具体的な休みの状況について確認し、納得のいくワークライフバランスを目指すことも重要だといえます。

基本的に残業が多い

インテリアデザイナーの仕事は、基本的に残業が多いです。夜遅くまで仕事をするのが当たり前といっても過言ではありません。クリエイティブな仕事は残業が多いことが普通なので、5時や6時の定時で帰宅したいという強い希望があるなら、インテリアデザイナーの仕事は諦めたほうがよいでしょう。とはいえ、残業をたくさんして作り上げた仕事が完成したときには、このうえないやりがいを感じられる仕事でもあります。自分が何を優先したいのかを一度よく考えてみるとよいでしょう。

大型プロジェクト後は連休が取れる場合も

普段は忙しいインテリアデザイナーの仕事ですが、大型プロジェクトが終わったあとなどは連休が取れる場合もあります。どの時期にどんなプロジェクトが入るのかということについて予想しきれない部分がありますが、たまにでもしっかりと休みを取れるというのはうれしいことですよね。一般的な会社員であっても、残業ばかりのうえに休みがほとんど取れないというのはめずらしいことではありません。それと比べれば、自分の好きなインテリアの仕事をし、そのうえでしっかり休みを取れる場合もあるというのは恵まれた環境だといえます。ただし、これは職場によっても異なるので、就職するときはしっかりと事前にリサーチしておきたい項目です。

インテリアデザイナーの将来は?

ところでインテリアデザイナーになったら、将来はどのようになるのでしょうか。しっかり経験を積んだ後の姿についてイメージしてみましょう。なお、これはインテリアデザイナーになる前にイメージしておくことが重要です。せっかくインテリアデザイナーになるなら、長く続けられる仕事として取り組めるようにイメージしておきましょう。

フリーランスとして独立するのが慣例化

インテリアデザイナーは、経験を積むとフリーランスとして独立する人が多いです。理由は人それぞれですが、ある程度知名度が上がって指名がもらえるようになると、独立しても仕事が得られるようになっていきます。フリーランスになれば毎日会社に行かなくてもよくなるので、自由度が非常に高まります。その反面、自分で仕事を獲得するための営業力も身につける必要が出てきます。

稼ぎたければフリーランスを目指す

より多くの収入を得たいという場合にも、フリーランスを目指すというのは有効な手段です。フリーランスになれば、仕事を受ければ受けるほど収入は多くなっていきます。もちろん、仕事をもらうためにはそれなりの実績が必要なので、独立する前にしっかりと努力して実績を残しておかなければなりません。自分のやり方しだいによっては、年収1000万円を目指すことも不可能ではないでしょう。もちろん、それほどまでになるには、かなりの実績と経験が必要になります。

年齢制限がないので産後も活躍できる

インテリアデザイナーとして活躍するには、年齢はあまり関係ないといえるでしょう。そのため、たとえば、女性が出産や育児を経たあとでも活躍できます。ただし、いきなりインテリアデザイナーに転身するというのは簡単なことではないので、結婚や出産をする前に資格を取得したり経験を積んでおいたりするほうがよいでしょう。一度身につけた知識をうまく活かせば、長く働いていけるはずです。

インテリアデザイナーの年収は自分の頑張り次第!

インテリアデザイナーの年収は自分の頑張り次第!

 

インテリアデザイナーの年収は、どのような働き方をするのかによって大きく変化します。努力してフリーランスになれば、ある程度大金を稼げるようにもなるはずです。独立しなくても一般的な会社員と同程度の給料はもらうことができるので、インテリアデザイナーとしてしっかり働けばお金に困るということはないでしょう。役職がつけば、その分収入も高くなることも見込めます。もちろん、いずれもしっかりと知識を身につけ、インテリアデザイナーとしての経験を身につけていくことが大前提となることを忘れてはいけません。自分の好きなインテリアについてしっかりと学び、実務経験を積むことで、一流のインテリアデザイナーを目指しましょう。そうすれば、年収はおのずと高くなっていきます。

インテリアデザイナーに関する記事一覧

 

 

インテリアデザイナーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ