通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

講座で学ぶ知識~照明デザイン用語~

空間プロデュース 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

知れば知るほど面白い空間デザイン
~照明デザイン用語~

アイキャッチ

人目を引きつけるように施した照明、又は照明器具。スポットライト等を用いて周囲に比べ3~6倍以上の高照度を与え、対象物や対象部位を際立たせる方法が代表的。照射対象とその周囲で光色を変える方法など、様々に工夫できる。

image07

アクセントライト

空間全体の調子を強く引き締める明かりまたは照明器具。「アクセント照明」は「ある特定の対象物を強調するため、または視野の一部に注意を引くようにする為の指向性照明」と定義されている。空間の一部を強調する為に設備した照明を「ポイント照明」と呼ぶ事もある。

image08

アッパーライティング

下から照らす上向きの照明。空間の調子を作る照明として天井面や壁面を照らすこの方法では、光源が直接見えない柔らかな反射光によって非日常的な雰囲気を得る事ができる。演出照明として、樹木やオブジェ、歴史的建造物などを下方から照らすと、昼光では得られない光景を作り印象に残る演出が出来る。

image09

アンビエントライト

作業面周辺の基本的な明るさを得る照明または照明器具。アンビエントとは、『周囲の』『場所全体の』『環境』という意味である。対義語としてタスクライトがある。オフィスの執務室など、アンビエントライトとタスクライトを組み合わせ、照明空間を構成することを『タスク&アンビエント照明』と呼ぶ。

image10

ウェルカムライティング

店舗などが客を誘引する為に位置口付近に明るくコントラストをつける照明。一方的に目立たせるのではなく、周囲環境との調和を考えて演出する。入口付近の明るく演出された床部分をウェルカムマットと呼ぶ事がある。

image11

受講費用

1・2級 基本コース

120,000円(税込・送料無料)

1・2級 プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

140,000円(税込・送料無料)

  • 空間資料請求(無料)
  • 空間受講お申し込み

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ