• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > デザイン・デザイナーの資格取得講座一覧 > 建築模型資格取得講座 > 建築模型の製作に用いる道具と素材について

建築模型に関するコラム

建築模型資格取得の通信教育講座

建築模型の製作に用いる道具は?必要な素材とともに確認!

建築模型の製作に用いる道具は?必要な素材とともに確認!

建築模型を作るためには、どのような道具を使うのでしょうか。また、どのような素材を使って建築模型ができているのかについても気になっている人がいるでしょう。建築模型を作るためには、さまざまな道具や素材を使用します。

そこで今回は、建築模型の制作に用いる道具や必要な素材について紹介します。これから建築模型の制作を始めたいと考えている人は、この機会に必要な物をしっかり確認してみてください。必要な物をきちんとそろえて作業を始めましょう。

建築模型の基本道具

建築模型を作る場合、どういった道具が必要になるのでしょうか。建築模型はさまざまなもの組み合わせて作りますが、それらを扱うための道具もしっかりと用意しておくことが大切です。ここでは、建築模型を作るために必要な基本の道具について紹介します。建築模型作りを始めたいと考えているなら、まずは必要な道具からしっかりとそろえるようにしましょう。建築模型はそれぞれによって必要な材料が変わることはありますが、基本の道具についてどのような模型を作るときにも必ず必要になります。よって、最初に道具を一式きちんとそろえておくと、安心して作業に取り組むことができるでしょう。

カッターナイフ

建築模型を作る場合、カッターナイフはよく使用します。材料を切ってパーツを作っていくなかでは、カッターナイフはなくてはならない存在です。細かい作業をすることが多いので、小さめのカッターナイフのほうが作業しやすいでしょう。大きなカッターナイフとともに小さなカッターナイフを用意しておけば、それぞれの場面によって使い分けができて便利です。なお、握る部分にゴムなどがついていて滑りにくいものを選んだほうが安全です。

カッティングマット

カッターナイフを使うときは、カッティングマットも必要になります。カッティングマットがないと、机を傷つけてしまうので注意が必要です。また、カッティングマットは、カッターナイフがしっかり切れる状態を保つためにも重要な役割を果たします。そのため、カッティングマットも最初に必ず用意するようにしましょう。

定規

建築模型を作るためには、定規も必要です。基本的に建築物はまっすぐの美しい線で構成されているので、精巧な模型を作るためには定規は必要不可欠な存在となります。模型を作るために作られている模型専用の定規があるので、できればそれを用意するとよいでしょう。とても便利なので、使うと模型の制作がスムーズに進みます。

ピンセット

建築模型を作るときは細かい作業が多いので、ピンセットもあったほうがいいです。ピンセットがあれば、細かいパーツを組み合わせるときも手元が狂って失敗するのを避けられます。建築模型の作成に専念するなら、模型作りのためにピンセットを用意し、道具箱に入れておくとよいでしょう。

建築模型の材料

建築模型を作るためには、さまざまな材料を使用します。部分によって必要な材料が異なるので、それぞれの材料をしっかりと用意することが求められます。建築模型用の材料は専門店などで購入できるので、模型の作成を始める前にひととおりそろえておくとスムーズです。よく使う材料はある程度決まっているため、多めに用意しておくと材料をいちいち購入する手間を省けます。

製作材料

建築模型を作る場合、模型の全体的な材料となるスチレンボードや木材などの素材が必ず必要です。これらの素材は、専門店で広く扱われているため、欲しいと思えば簡単に入手できます。近くに材料が手に入る店舗がないときは、ネットで検索すると簡単に購入できます。多めに購入する場合も、直接届くと手間がかからなくて便利です。

接着剤

建築模型を作るためには、パーツどうしを組み合わせるための接着剤も必要になります。接着剤についても、パーツの種類や大きさによって使用するタイプが異なります。たとえば、スチボンドやスプレーボンドなどを用意しておくと幅広い場面に対応できるでしょう。さらに、建築模型を作るときは仮止めをすることも多いので、マスキングテープを用意しておくと便利です。接着剤やマスキングテープについても、専門店ですぐに入手することが可能です。

カラー材料

建築用模型を作る際には、カラー材料も必要です。建築模型の用途によっては、色を付けずに使用することもあります。ただし、本格的な建築模型を作るときは、建物の色まで細かく装飾することが多いです。カラー材料としては、色紙やカラーパウダーなどがあります。定番のものをいくつか用意しておけば、さまざまな建築物の模型に対応することができるでしょう。

建築模型でよく使われる素材

建築模型では、どのような素材の材料がよく使われているのでしょうか。材料を用意する際には、そういった点も気になるところです。ここでは、建築模型についてよく使われる素材について紹介します。建築模型の作成のために材料を集めるときは、ぜひ参考にしてみてください。

スチレンボード

建築模型を作る際に最も多く使われているのは、スチレンボードです。スチレンボードは紙でコーティングが施されているボードです。厚みもいろいろな種類があるため、用途に合わせて選ぶことが可能です。加工すれば曲面を再現するために使用することもできます。汎用性も高い素材で、さまざまな建築模型に使用することが可能です。

紙類

建築模型を作るときは、紙類を使うことも多いです。たとえば、簡易模型を作るときは、スチレンペーパーを多く使用します。さらに、ボード紙を建築模型に使用することもあります。建築模型においては、紙類も重要な材料のひとつです。

木材

建築模型の素材としては、木材が使用されることもあります。木造で建てる予定なら、木材を使うとよりしっかりとした雰囲気を高めることができるでしょう。また、簡易的な模型を作る場合でも、木材を使用するとよい雰囲気にすることができます。工夫次第で木材のよさを活かすことができるので、上手く取り入れてみてください。

アクリル

建築模型作りでは、アクリルを使用することもあります。ただし、アクリルを使う場合、カットするためにはレーザーカッターも必要です。そのため、個人で建築模型を作るとなると、アクリルを使用するのは現実的ではないでしょう。ただし、美しい見た目の模型を完成させられるので、予算があるなら取り入れるとよいです。

建築模型に必要な道具や材料をそろえて作業しよう

建築模型に必要な道具や材料をそろえて作業しよう

建築模型を作るためには、さまざまな道具や材料をそろえる必要があります。とはいえ、建築模型で必要な道具や材料はある程度決まっているので、一度そろえてしまえば何度も使用することができます。そのため、建築模型を作ることになったら、最初に道具や材料を一式そろえることが大切です。そうすれば、途中で道具や材料が足りなくなることもなく、建築模型作りの作業に集中することができるでしょう。建築模型作りの作業は一度始めると時間がかかるので、最初にしっかりと道具や材料をそろえておいたほうが、作業も効率的に進みます。もちろん、さまざまなタイプの建築模型があるので、それぞれに合わせて作業を進めていく必要があります。建築模型に必要な道具や材料をそろえて、しっかりと作業を進めていきましょう。

建築模型を学ぶなら

建築模型通信講座

SARA の建築模型資格講座は 2 種類の建築模型資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


建築模型に関する記事一覧

建築模型についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
建築模型基本コース
模型資格を目指すコース!!
模型人気講座
模型資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 58,000円

建築模型プラチナコース
模型資格を楽に取得!!
簡単資格取得
模型資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 120,000円

建築模型資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

建築模型資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座