• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > デザイン・デザイナーの資格取得講座一覧 > 建築模型資格取得講座 > 建築模型を作る仕事について

建築模型に関するコラム

建築模型資格取得の通信教育講座

建築模型を作る仕事って?仕事内容や具体的な働き方を知ろう

建築模型を作る仕事って?仕事内容や具体的な働き方を知ろう

建築模型士は、どのような仕事をしているのでしょうか。建築模型士は、それぞれの状況によってさまざまな模型を作成します。完成度が求められる場合だけではないので、それぞれの状況をしっかり見極めることも求められています。

建築模型士という仕事は、なかなか具体的にイメージしにくいかもしれません。そこで今回は、建築模型士の仕事内容や具体的な働き方について紹介します。建築模型を作る建築模型士に興味をもっている人は、ぜひ参考にしてみてください。

建築模型とは?

建築模型とは、そもそもどのようなものなのでしょうか。建築模型は、建築する予定の建物を予想して作る模型のことです。建物の建築を計画したり、実際に建設したりするときに、検討や説明をするために作られます。建築模型があることにより、よりその建築物のイメージがしやすくなるというメリットがあります。建築模型は、大きさを1/50や1/100などに縮尺して作っていきます。建築模型が必要とされる場面は上京によってもさまざまです。そのため、場合によってはそれほど精巧に作る必要がないこともあるでしょう。一方、詳細に検討する必要があり、建築模型についても精密さが求められることもあります。いずれにせよ、目的に応じた建築模型を作ることで、さまざまな場面で検討がスムーズに進むようになります。

建築模型士の仕事内容

建築模型を作る職業は、建築模型士とよばれています。建築模型士が作る建築模型は、場面によってもそれぞれ違います。なぜなら、建築模型には目的によってさまざまな種類があるからです。ここでは、場面ごとに建築模型士の仕事内容について確認してみましょう。

プレゼンテーション模型

建築模型士は、プレゼンテーション用の模型を作ることも多いです。たとえば、一般の人や事業者から住宅または施設の建設を依頼された場合、実際に建てる建物のイメージをしやすくするために、模型が作られます。依頼主は建築に詳しくないことが多いですが、建築模型があれば、建築のイメージをスムーズにつかむことが可能です。プレゼンテーション模型を作る場合、求められていることは図面に基づいているかどうかです。図面と相違がある模型を作ってしまうと、トラブルのもととなるので注意が必要です。また、依頼主が良いイメージをもてるよう、美しくて完成度の高い模型を作ることも重要なポイントだと言えるでしょう。

スタディ模型

建築模型としては、スタディ模型とよばれるものもあります。スタディ模型とは、建設事務所や設計事務所などが図面を作成する過程の中で必要するものです。図面を検証するために模型を作り、外観の様子や建物全体のバランスを確認します。だいたいのイメージをつかむためのものなので、それほど完成度は高くなくても問題ありません。それよりも、速く作り上げることが求められます。早く模型が完成すれば、その分、速く図面の作成作業も進めることができます。そもそも建設事務所や設計事務所の担当者であれば、建築物のイメージをしやすい状態にあります。そのため、最低限の確認ができる模型であれば問題はありません。

展示用模型

建築模型の種類としては、展示用模型もあります。展示用模型は完成模型ともよばれています。展示用模型は、特に完成度が高い模型です。建物の構造はもちろん、塗装や装飾まで本当の建物を忠実に再現することが求められます。展示されて多くの人の目に入ることになるため、細心の注意を払って作り上げなければなりません。展示用模型についても、美しさや高い精度が求められています。展示用模型の完成度によって、見る人の建物に対するイメージが決定づけられることも少なくありません。そのため、展示用模型の役割はとても大きいと言えるでしょう。

建築模型士の働き方

建築模型士は、具体的にどのような働き方をするのでしょうか。建築模型士の働き方は、具体的に見ていくとさまざまです。ここでは、建築模型士の働き方について、主な例についてみてみましょう。

企業に勤務

建築模型士は、企業に勤務して働くことも多いです。たとえば、設計事務所や建設事務所に勤務し、必要に応じて模型を作成します。さらに、ハウジングメーカーや建築模型会社に勤務して模型を作る担当になることもあるでしょう。いずれにせよ、建築模型士が勤務するのは、建物に関わる企業です。企業ではさまざまな建物の建築を受注するため、その分、たくさんの建築模型が必要となります。もちろん、すべての建築物についても同じように建築模型を作成するわけではありません。それぞれの建築物の特徴や条件をしっかりとらえ、それぞれに合わせて建築模型を作り上げる必要があります。

フリーランス

建築模型士は企業に勤めずフリーランスとして働くことも可能です。フリーランスであっても、建築模型作成の受注を受ければ、仕事として建築模型を作成することができます。ただし、フリーランスとして仕事を受けるためには、それなりの実績や人脈も必要となるでしょう。フリーランスとして建築模型を作成する仕事を得るためには、それなりに準備したうえで独立しなければなりません。たとえば、最初は企業に勤めて建築模型を作り、少しずつ経験を積んだり人脈を広げたりすることも大切です。また、建築模型士の仕事は、在宅で副業として取り組むことも可能です。副業であれば、ほかの仕事をしながらでも建築模型を作ることができます。それほど仕事がもらえない段階でも、副業で少しずつ知名度を高めていくというのもひとつの方法です。フリーランスになるなら、計画的に準備を進めるようにしてください。

建築模型を作る仕事に就こう

建築模型を作る仕事に就こう

建築模型士になれば、さまざまな建築物の模型作りを担当することになります。どのような職場で働くか、どのような仕事を受けるかにもよりますが、建築物は戸建て住宅もあればビルもあります。そのため、建築模型士になると、たくさんの模型を作る作業をすることになるでしょう。建築模型を作る作業は、とても細かいので根気がいります。しかし、そういった作業が好きな人にとっては、とても楽しい仕事だと言えるでしょう。もちろん、仕事として要望に応えながら模型を作るので、好き勝手に模型を作ることはできません。しかし、そのように要望を考慮しながら作業するのは、とてもやりがいが大きいです。依頼された相手に喜んでもらえたり、褒めてもらえたりすると、「一生懸命作業してよかった」と思えるでしょう。

建築模型士として働ける場所は、いくつもあります。建築に関わる企業に勤めるケースが多いので、建築に関わる知識をしっかり学ぶこともとても役立ちます。建築模型士の仕事に興味があるなら、ぜひその興味を育てていきましょう。建築模型士の仕事はフリーランスとして取り組むこともできます。もちろん、最初からフリーランスとして成功できるわけではないですが、少しずつ努力を重ねていけば、大きな結果を目指すことも可能です。フリーランスになれば、家で仕事をすることもできるため、将来的な選択肢の幅も広くすることができるでしょう。建築模型士になるためには、さまざまな準備も必要です。しっかりと知識や技術を身につけ、建築模型士として活躍できるようにしていきましょう。

建築模型を学ぶなら

建築模型通信講座

SARA の建築模型資格講座は 2 種類の建築模型資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


建築模型に関する記事一覧

建築模型についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
建築模型基本コース
模型資格を目指すコース!!
模型人気講座
模型資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 58,000円

建築模型プラチナコース
模型資格を楽に取得!!
簡単資格取得
模型資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 120,000円

建築模型資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

建築模型資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座