• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > デザイン・デザイナーの資格取得講座一覧 > 建築模型資格取得講座 > 建築模型士・建築模型アーティストになるには?

建築模型に関するコラム

建築模型資格取得の通信教育講座

建築模型士・建築模型アーティストになるには?

建築模型士・建築模型アーティストになるには?

建築模型士や建築模型アーティストという職業を聞いたことがありますか。建築模型士や建築模型アーティストは、建築業界で必要な建築模型を多く制作しています。建築模型作りは細かい作業が必要ですが、そういったものが好きな人にとっては楽しい仕事といえるでしょう。

今回は、建築模型士や建築模型アーティストになるにはどうすればいいのかについて説明します。建築模型の制作に携わりたいと考えている人は、この機会にしっかりと確認してみてください。

建築模型製作の特徴

建築模型の制作には、どのような特徴があるのでしょうか。建築模型というものについて馴染みが少ない人にとっては、建築模型製作の特徴がよく分からないことも多いものです。そこでここでは、建築模型製作の特徴について具体的に説明します。建築模型の制作がどのようなものか知りたい人は、ぜひここでしっかりと確認してみてください。

図面を読む力が求められる

建築模型を作るためには、図面を読む力が求められます。なぜなら、建築模型は図面に従って模型を作成しなければならないからです。図面のイメージ通りの模型を作成することで、設計や今後の装飾の参考にします。よって、建築模型を作るためには図面を読み取る正確な力が必要です。

正確さが求められる

建築模型を作る場合、正確に作業できるかどうかも重要なポイントとなります。建築模型は実際の建築物を縮小し、精巧に再現することを目的としています。そのため、建築模型を作るときは図面通りの正確さが求められるでしょう。特に細かい指示がある場合は、それを忠実に再現しなければなりません。見た目にこだわりのある建築物であれば、美しさに対して細かい朱蒙がつきます。単に形がきれいにそろっているだけでなく、色の表現もしっかりおこなわなければなりません。よって、根気のいる作業が必要になります。

時間がかかる

建築模型を作成するには、想像以上に時間がかかります。手作業でひとつひとつ作っていくとなると、あっという間に時間が過ぎてしまうものです。そのため、建築模型を作る仕事をするためには、しっかりと時間を確保することが必要です。実際にどの程度の時間がかかるのかについて、想像する力も求められるでしょう。そのためには、自分自身の技量を見極めておくことも必要です。

納期がある

建築模型の制作には基本的に厳格な納期が定められます。納期はそれぞれの建築模型によっても異なり、スピード重視の場合もあれば、精度重視の場合もあるでしょう。いずれにせよ、相手は気長にいつまででも待っていてくれるというわけではありません。そのため、納期を意識して、計画的に作業を進める必要があります。

建築模型士・建築模型アーティストになるには?

建築模型士や建築模型アーティストになるためには、どのような能力が必要なのでしょうか。建築模型士や建築模型アーティストになる場合、いくつか押さえておきたいことがあります。ここでは、建築模型士や建築模型アーティストになるための方法について紹介します。

資格は必要ない

建築模型を作る仕事に就く場合、基本的に資格を取得する必要はありません。資格がなくても、建築模型を作るために必要な能力をもっているのであれば、問題なく仕事をすることができます。ただし、未経験など不利な状態から建築模型を作る仕事に就きたいのであれば、建築模型に関わる資格を取得しておいたほうがよいでしょう。資格があれば、一定の能力やスキルがあることを示せるので、未経験でも仕事を確保しやすくなります。就職の際にも資格を示すと、やる気やスキルを評価してもらえる可能性が高いです。

図面を読むための基礎的な知識が必要になる

建築模型士として働くためには、図面を読むための基礎的な知識が必要です。図面にはその建築物についての基本的な情報が詰まっています。建築模型士としてはそれを読み取って正確に模型に落とし込んでいく必要があります。そのため、建築模型士になるのであれば、建築に関する基本的な知識を身につけておくことが最低条件となるでしょう。もちろん、そのうえで模型を作るための技術も必要となります。

一般的ななり方

建築模型士や建築模型アーティストになるためには、設計事務所やハウスメーカーに勤務しながら知識と技能を習得していくのが一般的です。実際に建築に関わる職場で働くことにより、総合的に建築についてのスキルを高めることができます。建築模型士や建築模型アーティストの先輩もいるはずなので、具体的に必要な能力を見て学ぶことができるでしょう。そういった経験は、実際に自分自身が建築模型を作る仕事をする際に役に立ちます。

とはいえ、未経験から建築模型士を目指すことも不可能ではありません。たとえば、建築模型を作る仕事を副業にしたいのであれば、通信講座などで建築模型製作について学べば十分に対応できる可能性が高いです。初めてでもしっかりと知識を学ぶことができるので、気軽に勉強を始めることができます。

建築模型士に向いている人

ところで、建築模型士にはどのような人が向いているのでしょうか。建築模型士は技術や知識が必要な仕事ですが、もともとの素質について向き不向きがあります。ここでは、建築模型士に向いている人の特徴について紹介します。

手先が器用な人

建築模型士に向いているのは、手先が器用な人です。たとえば、プラモデル製作や細かい作業が必要な工作などの組み立てが得意な人は、建築模型の制作でも活躍できる可能性があるでしょう。さらに、塗装が得意な人も建築模型士には向いています。

集中力が高い人

建築模型を作るためには、しっかりと集中することが必要です。集中力がなければ、細かい作業を長時間続けるのは難しいでしょう。特に細かい建築模型になると、何時間も集中して作業しなければ納期に間に合わないケースもあります。そのため、建築模型の制作に携わりたいのであれば、高い集中力を身につけておく必要があります。

建築模型士なるにはできることから始めよう

建築模型士なるにはできることから始めよう

建築模型士や建築模型アーティストになるには、まずは建築模型の制作に必要な知識や技術をしっかりと身に着ける必要があります。そのためには建築に関わる会社に就職して働きながら学ぶという方法がありますが、それ以外にも通信講座で学ぶという手段があります。副業で建築模型の制作を始めてみたいという場合は、通信講座を選ぶと効率的に建築模型について学ぶことができます。必要な知識や技術をピックアップしているので、初心者でも迷うことなく仕事に取り組むことができるはずです。建築模型士や建築模型アーティストになれば、自分自身の能力を活かして仕事を進めることができます。

建築模型士や建築模型アーティストになれば、たくさんの素敵な模型を作って多くの人に喜んでもらうことができるでしょう。特にその建築物の建築を依頼している人にとって、建築物が立つ前に模型を見られるというのはとても貴重な機会です。建築に詳しくない人は、図面を見ただけでは建築物の様子を上手にイメージすることはできません。しかし、建築模型があれば、誰もが簡単に実際の建築物の様子を把握することができます。そのためには、建築模型は必要不可欠な存在です。そのような建築模型の制作に携わり、やりがいのある仕事をしましょう。

建築模型を学ぶなら

建築模型通信講座

SARA の建築模型資格講座は 2 種類の建築模型資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


建築模型に関する記事一覧

建築模型についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
建築模型基本コース
模型資格を目指すコース!!
模型人気講座
模型資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 58,000円

建築模型プラチナコース
模型資格を楽に取得!!
簡単資格取得
模型資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 120,000円

建築模型資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

建築模型資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座