カフェを経営するには?必要な準備を整えよう

 

自分の店をもち、カフェを経営するのが夢だという人も多いのではないでしょうか。カフェの経営はたくさんの人に憩いの場を提供できるので、とてもやりがいのある仕事だといえます。素敵な空間を自分の手で作り上げられるというのもとても素敵ですよね。

自分でカフェを経営するには、どのような準備を行う必要があるのでしょうか。カフェの経営には多岐にわたる準備が必要です。今回はカフェを経営するために必要な準備についてくわしくみていきましょう。

カフェの経営に必要な準備

カフェを経営するには?必要な準備を整えよう

 

カフェの経営を行うためには、さまざまな準備が必要です。まずは、その基本について確認しましょう。

店のコンセプトを決める

カフェの経営では、店のコンセプトがとても重要です。そのため、まずはコンセプトをはっきりさせるところから始めましょう。コンセプトには、店の内装のイメージからターゲットとなる客層までさまざまなことを盛り込む必要があります。コンセプトが具体的であればあるほど、より魅力的な店作りができる可能性が高まるでしょう。また、ほかの細かい部分を決めていくうえでもコンセプトが基本となるので、コンセプト作りは納得がいくまでとことんこだわることが大切です。

商品の価格設定を決める

コンセプトがしっかり固まったら、商品の価格設定を決めましょう。価格設定には商品にかかる材料費などを反映させることが必要不可欠です。価格は、最低でも商品を作るためにかかる費用以上でなければ経営を成り立たせていくことができません。また、客層をイメージして「どの程度の価格なら注文が多くなるか」ということに配慮することも重要です。価格が高すぎると注文がなかなか入らないでしょう。しかし、逆に安すぎてもお客さんに不信感を与えかねないので注意が必要です。

座席数や導入設備の種類を決める

カフェの経営の準備を進めるときは、座席数や設備についてもしっかり考える必要があります。店の大きさや経営の規模に合わせて無理のない座席数を設定しましょう。そのうえで、どのような設備を導入するのか決定します。カフェの店作りでは、内装や家具類、食器などを用意する必要があるので、それぞれの仕入れ先についても価格や質を考慮して決定しなければなりません。

カフェの経営に必要な資格

カフェを経営するためには、どのような資格が必要なのでしょうか。重要な部分なのできちんと確認しておきましょう。

食品衛生責任者

飲食店を経営するためには、「食品衛生責任者」の資格を取得しなければなりません。食品衛生責任者の資格は、飲食店の店舗ごとに必ず1人取得者がいなければならないとされています。取得者はオーナーでなくても構いません。

防火管理者

カフェを運営するなら、「防火管理者」の資格も必要です。具体的には収容人数が30人以上の場合に取得する必要があります。そのため、小規模なカフェであれば取得が必要ない場合もあります。取得が必要な場合は、延べ床面積によって取得すべき資格が異なるので注意しましょう。延べ床面積が300平方メートル未満なら「乙種防火管理者」、300平方メートル以上なら「甲種防火管理者」の資格が必要です。

調理師免許は不要

カフェの開業にあたっては、調理師免許の取得は義務ではありません。ただし、調理師免許を取得すれば調理について正しい知識を身につけることができます。そのため、より本格的なメニューを提供したいといった場合は、調理師免許を取得したほうがよいこともあります。

カフェの開業に必要な届け出

カフェを開業する際は資格のほかに、届け出も必要です。きちんと手続きを行う必要があるので、忘れないようにしましょう。

飲食店営業許可

カフェの運営を始めるなら、店舗が完成する10日前までに営業許可の申請を行う必要があります。具体的には、保健所に対して営業許可申請書を提出することで手続きをします。申請の際は、店の間取り図や申請料も必要になるので、はやめに準備を整えておきましょう。

防火管理者選任届

防火管理者の資格について、「防火管理者専任届」を提出する必要もあります。これは開業日までに消防署に書類を提出することで手続き可能です。

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書

深夜12時以降にアルコールを提供するのであれば、「深夜酒類提供飲食店営業開始届出書」という書類も提出しなければなりません。これは、営業を開始する10日前までに警察署に提出します。

カフェの経営をする際のポイント

カフェの経営を行うなら、いろいろなポイントについて配慮する必要があります。店の売上に関する重要な部分なので、しっかりと考えるようにしましょう。

コンセプト

カフェにとって、コンセプトはとても重要です。コンセプトがパッとしないと、カフェとしての魅力が台無しになってしまう可能性があります。コンセプトは、どのように経営していくかという点についても大きく影響するので、納得がいくまでとことん考えることが大切です。

立地

カフェを経営するときは立地も重要です。立地が悪ければ、当然たくさんのお客さんに来てもらうことは難しいでしょう。カフェは事前に調べて足を運ぶ人も多いですが、何度も来てもらうためにはアクセスのしやすさはとても大切です。ただし、立地がよい場所ほど借りるためにはたくさんの費用がかかります。予算を意識しながら、なるべくよい場所を確保できるようにしましょう。

なお、立地はターゲットに合わせて考えることも忘れてはいけません。たとえば、若者向けのカフェをビジネス街で経営しても、ターゲットはアクセスしにくいため、客足が伸びない可能性が高いです。若者がターゲットなら、若者に人気のある街や学校が多い街で営業したほうがよいでしょう。

経営計画

カフェを経営する際は、コンセプトや立地などに配慮したうえで計画をしっかりと立てるようにしましょう。しっかりと調べて根拠を明確にしつつ、具体的な数字をあげることも重要です。無理のない現実的な計画を立てて経営を軌道に乗せることを目標としましょう。

カフェ経営のための工夫

カフェの経営を行うためには、コンセプトが非常に重要です。その中では、カフェとほかの業種を組み合わせるという手法をとっているところも多いです。たとえば、「雑貨屋×カフェ」「本屋×カフェ」などさまざまな工夫を凝らしたカフェがみられます。カフェ経営を行うならこういった工夫を取り入れることも重要です。この理由としては、カフェのみの運営では集客や収入が上手くいきづらいという背景があります。そのため、こういった工夫を取り入れることで、カフェの弱点を補っているのです。コンセプトにもよりますが、カフェの運営では季節によって収入にばらつきが出ることもあるので、年間を通してしっかり経営するためにはこういった工夫を取り入れるのも1つの手として考えましょう。

カフェを経営するにはいろいろな工夫が必要!

カフェを経営するにはいろいろな工夫が必要!

 

カフェを始めるときには、さまざまな準備を行わなければなりません。事務的な手続きだけでなく、お客さんを集めるための効果的な工夫をしっかりと考えることも重要です。思い付きを活かすことも大切ですが、しっかりと経営していくためにはお客さんの気持ちを考えて計画することも必要です。さまざまな方向からカフェの経営方針を考えて、たくさんの人に愛される素敵なカフェを運営しましょう。

カフェオーナーに関する記事一覧

 

 

カフェオーナーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ