カクテルを作りたい!必要な道具の種類とは?

 

カクテルを作るときにはさまざまな道具が必要です。家で料理などに使用しているもので代用できる場合もありますが、せっかくカクテル作りを始めるなら専用の道具をそろえてみてはいかがでしょうか。道具をしっかりとそろえることができれば、カクテル作りの雰囲気を高めることもできますよ。

今回はカクテルを作るために必要な道具について紹介します。基本的な道具とともにあればより便利な道具まで幅広く紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

カクテル作りの基本道具

カクテルを作りたい!必要な道具の種類とは?

 

カクテルを作るときには、さまざまな専用の道具を使用します。ここではその中でも基本となる道具を紹介します。カクテル作りがしたいなら、まずはこれらの道具を用意するところから始めましょう。

カクテルグラス

カクテルグラスはできたカクテルを注いで飲むためのグラスです。もちろん、カクテルグラスでなくてもカクテルを飲むために使用しても構いませんが、せっかくならカクテルグラスがあったほうがよいでしょう。カクテルグラスを使用すると雰囲気が出ますし、味わいにもちょっとした違いが出ます。

シェーカー

カクテルを作るときはシェーカーを使用することもあります。カクテルといえばバーテンダーがシェーカーを振っている姿をイメージする人も多いのではないでしょうか。ただし、シェーカーは必ず使うものというわけではありません。混ざりににくい材料どうしを合わせるときに使用することが多いです。

ミキシンググラス

カクテルの中には、ミキシンググラスの中で材料を混ぜてからカクテルグラスに注ぐ作り方もあります。そういった種類のカクテルを作りたいのであれば、ミキシンググラスも用意するようにしましょう。ミキシンググラスには注ぎ口もついているので、こぼさずにしっかりと飲み物を注ぐことが可能です。

ブレンダー

カクテルの作り方としては、ブレンドという方法もとてもメジャーです。ブレンドとはブレンダーとよばれるミキサーを用いて材料を混ぜる方法をいいます。そのため、ブレンドの技法を使ってカクテルを作るときはブレンダーも用意しなければなりません。

メジャーカップ

メジャーカップはお酒の量をはかるときに使用します。調理用の計量カップでも問題ありませんが、お酒を作るときの見た目の印象も大事にしたいという方はカクテル用のメジャーカップも用意するとよいでしょう。

バースプーン

バースプーンはお酒をステアするために使用します。混ぜやすいような作りになっているので、菜箸などを使用するよりも手早く混ぜられるのがポイントです。頻繁にカクテル作りをおこなうのであれば、バースプーンもきちんと用意しておいたほうがよいでしょう。

カクテル作りに便利な道具

カクテルを作るときは、できれば用意しておくと便利になる道具もあります。頻繁にカクテルを作ろうと思って要るのであれば、ここで紹介する道具も用意しておくとよいでしょう。

スクイーザー

スクイーザーはレモンやライムなど果物を絞るための道具です。少量を絞ってカクテルに入れるだけでも風味や味わいが変化するので、本格的カクテルを楽しみたいならぜひ用意してみてください。もともと料理用のものが家にあるのであれば、それを使用しても問題ありません。

オープナー

オープナーはボトルを開けるための道具です。オープナーにはたくさんの種類がありますが、カクテルを作るならバーブレードを用意するとよいでしょう。ほかにも、バタフライナイフ型、指輪型、マラカス型などさまざまなかたちのオープナーがあります。

ストレーナー

ストレーナーはミキシンググラスなどに被せて使用します。ミキシンググラスに氷が入っている場合、そのまま注ごうとすると氷が落ちてしまいますが、ストレーナーを使用すれば氷の落下を防ぐことが可能です。手持ちのミキシンググラスに合うものを選びましょう。

氷を扱う道具

カクテルを作るときは氷を使用します。氷を扱う道具にもたくさんの種類があります。氷は解けてしまわないように扱う必要があるので、専用の道具をしっかり用意して適切に使用しましょう。

アイストング

アイストングは氷をつかんでカクテルグラスなどに入れるときに使用するものです。先がギザギザになっているので、氷をつかみやすいのがポイントとなっています。自分の手で実際にもってみて氷が掴みやすいと感じるものを選ぶとよいでしょう。

アイスピック

アイスピックはキリ状に細くなっており、氷を砕くために使用するものです。手元に大きい氷しかない場合、氷を砕いて調整するために使います。先がとがっていて危険なので、保管の際は注意が必要です。

アイス・クラッシャー

アイス・クラッシャーは氷を砕くための道具です。手動タイプと電動タイプに分かれています。手動タイプでもアイスピックを使うよりは簡単に氷を砕くことが可能です。定期的に大量の氷を砕きたいなら電動タイプがあると非常に便利です。

アイスペール

アイスペールは氷を入れておくためのバケツです。プラスチック製や金属製などさまざまなタイプがあります。底に網がついているタイプなら水と氷が分離するので、残っている氷が長持ちしやすくておすすめです。とはいえ、アイスペールに入れた氷はなるべく解けないうちに使ったほうがよいでしょう。

カクテルを楽しむための道具

カクテルに使用する道具としては、カクテルの雰囲気を高めるものがほかにもたくさんあります。カクテルをより本格的に極めたいという場合は、カクテルを楽しむための道具も用意しておくとよいでしょう。

カクテルピン

カクテルピンはチェリーなどカクテルに乗せるフルーツなどにさして使用します。単純に見た目を飾るものとして使用するので、自分で飲むために作るのであればあまり必要ないかもしれません。

グラスホルダー

たくさんのグラスをもっているのであれば、グラスホルダーを用意するとよいでしょう。上からぶら下げるタイプだと場所を取らないだけでなくおしゃれにグラスをしまうことができます。

コースター

氷を入れたグラスを机に置いておくと水滴が垂れますが、コースターがあるとそういった部分を気にする必要がありません。また、ホットカクテルを作ったときは机にかたついてしまう可能性もあるのでコースターがあると安心です。カクテルグラスの雰囲気と合わせたコースターを用意しましょう。

カクテルを作るときには専用の道具をそろえよう!

カクテルを作るときには専用の道具をそろえよう!

 

カクテルを作るときは道具をそろえるところから始めましょう。おいしいカクテル作るためには手早く作ることが重要です。そのためには、使い勝手のよい専用の道具を用意するのが必要不可欠だといえるでしょう。初めてカクテルを作るときは、高価な道具を用意する必要はありません。まずは気軽にそろえられるものから用意するとよいです。専用の道具があればカクテル作りをスムーズにおこなうことが可能です。

なお、カクテルにはさまざまな種類があるので、今回紹介した道具を全て使用しなくても作れるものはたくさんあります。より少ない道具でカクテルを完成させたいなら、ステアするだけでできる簡単なカクテル作りから始めるとよいでしょう。こういったものなら初心者でも無理なくカクテルを作ることが可能です。無理のない範囲でカクテル作りを始めて、おいしいお酒を気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

カクテルに関する記事一覧

 

 

 

カクテルについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ