自宅でカクテルを作るにはどうしたらいい?道具や方法をチェック

 

自宅でカクテル作りができたら素敵だと思ったことはありませんか。実はカクテル作りは、意外と簡単に誰でもおこなうことが可能です。もちろん、カクテルの中には高度な技術が必要なものもありますが、なかには材料を混ぜるだけで完成させられるものも多いです。

カクテルを自宅で作るにはどんな道具や材料を用意したらよいのでしょうか。また、どのような作り方をしたらよいのでしょうか。今回は自宅でできるカクテル作りの方法について紹介します。カクテル作りを趣味にしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

カクテルは趣味になる?

自宅でカクテルを作るにはどうしたらいい?道具や方法をチェック

 

カクテルは自分自身で作ることができます。簡単なものなら混ぜるだけで作れるので、取り組みやすいのもポイントです。それでいてカクテルはとても奥が深いので、ハマれば技を極めることも可能です。カクテルの具体的な魅力としては、以下のような点があげられます。カクテルを趣味として楽しんでみてはいかがでしょうか。

場所を選ばない

カクテルは材料と道具さえあればどこでも作ることができます。場所を選ばないので、自宅で趣味として取り組んでもよいでしょう。友人を招いておいしいカクテルを作って振舞えば、華やかなパーティもできますね。

自分の好みの味を探せる

カクテルにはさまざまなレシピがあります。おいしくて定番のものから、知る人ぞ知るおいしいレシピまでさまざまです。自分の好みに合わせたカクテルを作れたらとても楽しいですよね。カクテル作りに慣れてきたら自分流のアレンジを加えることも可能です。

組み合わせは無限大

カクテルは複数の材料を組み合わせて作ります。自分でオリジナルカクテルを作るなら、その組み合わせは無限大です。おいしい組み合わせを考えて、世界に1つだけのカクテルを生み出してみてはいかがでしょうか。

カクテル作りに必要なもの

カクテル作りを始めるなら、いくつか用意すべきものがあります。きちんと材料や道具を用意すれば自宅でもおいしいカクテルを楽しむことができますよ。カクテル作りを楽しみたいなら、必要な物をそろえるところから始めましょう。

最低限必要なもの

カクテル作りをするために最低限必要なのは、グラス、お酒、ジュースです。これらを用意すれば、すぐにカクテルを作って味わうことができます。よりこだわりをもつのであれば、デザインのおしゃれなカクテルグラスを用意するとよいでしょう。とくに作りたいカクテルのイメージに合ったカクテルグラスなら、カクテルのおいしさをより際立たせることができますよ。

初心者におすすめなもの

初心者でカクテル作りを始めるなら、目盛り付きのメジャーカップを用意しましょう。料理に使用しているものを使っても構いません。カクテルでは材料を合わせる分量が重要です。分量を間違うとイメージ通りにカクテルを仕上げることができなくなる恐れもあるので要注意です。

あると便利なもの

カクテル作りをより本格的におこないたいのであれば、シェイカーも用意するとよいでしょう。カクテルの中にはシェイカーを使用しないものも多いですが、混ざりにくい材料どうしを使用するカクテルの場合はシェイカーを使用してよく混ぜる場合もあります。さまざまなカクテルを作ってみたいという場合は、シェイカーも用意してカクテルを作ってみましょう。

また、バースプーンもあると便利です。バースプーンは複数の材料を混ぜ合わせるために使用するものです。菜箸など長いもので代用することが可能ですが、より雰囲気を出したいのであればバースプーンがあったほうがよいでしょう。

自宅で作れるカクテルレシピ

カクテル作りは一見複雑なように見えますが、実際は材料を混ぜるだけで完成するシンプルなものも多いです。ここでは、自宅でも簡単に作れるカクテルのレシピを紹介します。材料をそろえてぜひ作ってみてください。

スクリュードライバー

スクリュードライバーは、ウォッカとオレンジジュースを1:1の割合で合わせたものです。氷が入ったグラスにウォッカを注ぎ、次にオレンジジュースを加えて軽く混ぜ合わせましょう。こうすれば簡単にスクリュードライバーが完成します。甘くてすっきりしていますが、アルコール度数は割と高めなカクテルです。

ジンバック

ジンバックはジンとジンジャエールを1:1で混ぜ、レモン汁をたらして作ります。まず、氷の入ったグラスにレモン汁を数滴たらしたら、ジンとジンジャエールを順番に注ぎます。ジンジャエールの炭酸が抜けないよう、グラスの底のほうから優しくかき混ぜるようにしましょう。もしもあれば、カットしたレモンを最後にグラスのふちに乗せるとより本格的なカクテルに仕上がります。

ストローハット

ストローハットはテキーラとトマトジュースを1:1で合わせ、カットレモンを添えて作ります。まず、グラスのふちをカットレモンで濡らし、塩をまぶします。これはスノースタイルとよばれるカクテルのスタイルです。次にグラスに氷を入れたら、ウォッカを注ぎましょう。そして、トマトジュースを入れたら、全体を軽く混ぜて完成です。

カクテルを楽しむための注意点

カクテルはお酒の中でもとても飲みやすいのが特徴的です。ただし、その分気をつけるべきことも多いです。カクテルはあくまでもお酒なので、カクテルを楽しむときはそのことを忘れないようにしなければなりません。魅力的なカクテルをしっかり楽しむためには、注意点にもしっかり気をつけましょう。

飲みやすい=アルコール度数が低いわけではない

カクテルはジュースや果実によってアレンジするため、非常に飲みやすい仕上がりとなります。ただし、飲みやすいからといってアルコール度数が低いわけではないという点に注意しましょう。カクテルはお酒が弱い人でもジュースのように飲めてしまうので気をつけたほうがよいです。なかにはカクテルにするとお酒の匂いがほとんど感じられないものもあります。カクテルの見た目に騙されないようにしましょう。

飲み過ぎに注意

カクテルは飲みやすさからどうしても飲み過ぎになりやすい飲み物だといえます。飲み過ぎにならないように気をつけ、飲む杯数が増えないように配慮しましょう。周りの友人がカクテルを飲み過ぎているような場合も、できればそのことを指摘して飲み過ぎを防いで上げたほうがよいです。適度な量のカクテルを飲むことで、上手にお酒を楽しむように気をつけましょう。

自宅でカクテルを作ろう!

自宅でカクテルを作ろう!

 

カクテル作りはお酒やグラスさえ用意すれば、自宅でも簡単におこなうことが可能です。レシピに沿ってジュースやお酒を混ぜるだけで完成するので、手軽に楽しめるのがうれしいポイントですね。家でおしゃれなカクテルを作れるようになると、家に友人招いてお酒を飲むときでもより楽しいひとときを過ごせるようになるのではないでしょうか。もちろん、カクテルはお酒なので飲み過ぎにならないように十分注意することが大切です。

カクテルを作るための道具を用意しておけば、バーのような雰囲気を楽しむことも可能ですね。カクテルは趣味として楽しんでいる人もたくさんいます。簡単なカクテルであれば、とくにコツなどをおさえる必要もないので非常に気軽に作れます。カクテルの作り方を覚え、よりおいしいくお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

カクテルに関する記事一覧

 

 

 

カクテルについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ