• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > ドリンク・飲み物の資格取得講座一覧 > 焼酎資格取得講座 > 焼酎とウイスキーの違いについて

焼酎に関するコラム

焼酎資格取得の通信教育講座

焼酎とウイスキーの違いは?比較するポイントごとに見てみよう

焼酎とウイスキーの違いは?比較するポイントごとに見てみよう

焼酎とウイスキーを比べた場合、どのような違いがあるか知っていますか。何となく違うものだというイメージがあっても、実際には違いを具体的に説明できないという人も多いのではないでしょうか。しかし、実際には、焼酎とウイスキーについてはさまざまな違いが見られます。

今回は、焼酎とウイスキーの違いについて説明します。比較するポイントをあげて紹介するので、焼酎とウイスキーの違いを分かりやすく理解したい方はぜひチェックしてみてください。

焼酎とウイスキーはどう違う?

焼酎とウイスキーはどのように違いがあるのでしょうか。焼酎とウイスキーはどちらもお酒であり、共通点もあります。しかし、名前が違うように、それぞれお酒に違いがあります。ここでは、焼酎とウイスキーの違いを知るために押さえておきたい基本について紹介します。具体的には、焼酎とウイスキーの共通点を確認するとともに、焼酎とウイスキーの以外を比較するためのポイントについて紹介します。

焼酎とウイスキーの共通点

焼酎とウイスキーは両方ともお酒です。そして、焼酎もウイスキーも、同じく蒸留酒とよばれるお酒の一種です。焼酎とウイスキーが似ていると思われるのは、このことを大きな理由のひとつになっているといえるでしょう。そのため、どちらかのお酒の作り方をひととおり理解しているなら、もう片方のお酒の作り方についてもスムーズに理解できるはずです。ただし、それぞれの細かいポイントについては違いが多くあるので、それぞれをしっかりと押さえておくことが重要になります。焼酎とウイスキーはそもそもの分類が同じであることについては、頭の片隅に置いておくとさまざまなことが理解しやすくなるはずです。

違いを比較するポイント

焼酎とウイスキーの違いを比較するためのポイントは複数あります。まず、原料の違いです。焼酎とウイスキーの主原料は同じですが、他に用いる原料について違いがあります。基本的な原料が同じであっても、加える材料が異なれば、仕上がりについて大きな違いが出ます。さらに、焼酎とウイスキーでは製造工程においても、違いが見られます。製造工程の違いは、加える材料にも大きく関係するため、両方の違いを合わせて押さえるようにすると理解しやすいでしょう。加えて、熟成方法や色についても、焼酎とウイスキーには特筆すべき違いがあります。熟成方法と色は大きな関係性をもっているといえるため、一緒に理解することが大切です。このように考えてみると、焼酎とウイスキーではいろいろな違いがあることがうかがえます。次の段落からは、ここで紹介したそれぞれのポイントについて、詳しく違いを比較しながらひとつひとつ紹介していきます。

麦焼酎とウイスキーの原料

では、焼酎とウイスキーの原料については、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。焼酎といってもいろいろな種類があるため、ここでは、麦焼酎を例にウイスキーとの比較をおこないます。麦焼酎とウイスキーの主原料は両方とも同じ大麦です。そのため、基本的な部分は同じと捉えることができます。ただし、焼酎とウイスキーでは、主原料の大麦意外に用いる原料が異なる点に注意が必要です。焼酎の場合、大麦の他に米とコウジカビも使用します。これらは、焼酎の製造においても大きな意味をもちます。これに対してウイスキーの場合は、単なる麦ではなく発芽した麦を使用します。つまり、ウイスキーの主原料は麦芽です。このように、焼酎とウイスキーには、原料においても微妙な差があることが分かります。

焼酎とウイスキーの製造工程

次に、焼酎とウイスキーの製造工程の違いについて確認しましょう。すでに説明しているとおり、焼酎の主原料は大麦です。この大麦に麹菌が生産した酵素の力を加えることにより、デンプンを糖化していきます。これに対して、ウイスキーはコウジカビを使用しません。ウイスキーは、麦自体が持つデンプン消化酵素を活かすことで、糖化を促していきます。起きている作用自体は似ていますが、それをおこなうために使用する材料が異なっています。

焼酎とウイスキーの色と熟成方法

焼酎とウイスキーについては、他にも違いが見られます。それは、色と熟成方法です。色と熟成方法には、大きな関係があります。熟成の仕方によって、お酒の色は大きく変化するのです。そのため、お酒の色について熟成方法と一緒に考える必要があります。そこでここでは、焼酎とウイスキーの色と熟成方法について説明します。

焼酎とウイスキーを比べると、色に大きな違いが見られます。実際に両方を飲んだことがある人なら、説明するまでもないかもしれません。まず、ウイスキーは基本的に琥珀色です。これは、ウイスキーを貯蔵する際の環境によるものです。それに対して、焼酎は無色透明になっています。実は、ウイスキーも焼酎も、蒸留によってできる液体自体は無色透明です。しかし、ウイスキーは独特の熟成方法を経ることによって、色が変化します。そのため、焼酎もウイスキーに似た熟成方法をおこなえば、色が変化することもあります。焼酎とウイスキーの違いを理解するためには、色も重要なポイントです。ただし、なかにはウイスキーのような色をした焼酎もあるため、きちんと細かいポイントまで確認したほうがよいでしょう。

貯蔵方法の違い

では、焼酎とウイスキーでは貯蔵方法にどのような違いが見られるのでしょうか。まず、ウイスキーはホワイトオーク材の樽に詰めて貯蔵をおこないます。貯蔵している間に樽から影響を受け、色が琥珀色に変化するのです。一方、焼酎は、一般的にはステンレスやホーロー製の容器で貯蔵するケースが多いです。そのため、貯蔵している容器からは影響を受けず、無色透明のままとなります。ただし、焼酎の場合もオーク樽で熟成すれば、琥珀色に変化します。その場合、一般的な焼酎とはまた異なる魅力をもつお酒を造ることが可能です。琥珀色をした焼酎は、一般的な無色透明の焼酎とはまた異なる風味を楽しむことができます。気になる場合は、琥珀色をしている焼酎を探して一度飲んでみてもよいでしょう。

焼酎とウイスキーにはさまざまな違いがある!

焼酎とウイスキーにはさまざまな違いがある!

焼酎とウイスキーを比べてみると、いろいろな違があることが分かります。焼酎とウイスキーは単に名称が違うというだけでなく、原料や作り方においてさまざまな違いが見られます。また、貯蔵方法にも違いがあり、そのことが焼酎とウイスキーの特徴について大きな違いをもたらしています。今回ポイントをあげて紹介したように、焼酎とウイスキーにはさまざまな違いがあるため、それぞれについてしっかり理解しておくことをおすすめします。そうしたほうが、焼酎とウイスキーのそれぞれをよりおいしく飲むことができるでしょう。

実際、焼酎とウイスキーを実際に飲み比べてみると、味や風味にも違いがありますよね。それぞれに違った特徴や魅力があるので、どちらが好きかは人によっても異なります。もちろん、両方がそれぞれ好きだという人もいるでしょう。自分に合うお酒を見つけるためには、それぞれのお酒の特徴をしっかりと理解しておくことも必要です。焼酎とウイスキーの違いを的確に理解し、それぞれの魅力をきちんと理解できるようにしましょう。

焼酎を学ぶなら

焼酎通信講座

SARA の焼酎資格講座は 2 種類の焼酎資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


焼酎に関する記事一覧

焼酎についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
焼酎基本コース
焼酎資格を目指すコース!!
焼酎人気講座
焼酎資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

焼酎プラチナコース
焼酎資格を楽に取得!!
簡単資格取得
焼酎資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

焼酎資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

焼酎資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座