• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > ドリンク・飲み物の資格取得講座一覧 > 焼酎資格取得講座 > 焼酎と日本酒の違いについて

焼酎に関するコラム

焼酎資格取得の通信教育講座

焼酎と日本酒の違いとは?違いが見られるポイントを確認!

焼酎と日本酒の違いとは?違いが見られるポイントを確認!

焼酎と日本酒には、さまざまな違いが見られます。とはいえ、具体的に違いを説明できる人はそれほど多くはないでしょう。焼酎と日本酒のそれぞれをおいしく飲みたいなら、焼酎と日本酒の違いについてしっかり理解しておくことをおすすめします。

そこで今回は、焼酎と日本酒の違いについて説明します。焼酎と日本酒の違いについてきちんと確認し、それぞれの良さを活かした飲み方ができるようにしましょう。そうすれば、よりお酒を自分に合わせて楽しむことができるようになるはずです。

焼酎と日本酒の違う点とは?

焼酎と日本酒にはどのような違いがあるのでしょうか。焼酎と日本酒には、さまざまな点で違いが見られます。焼酎と日本酒の一番の違いといえば、やはり原料があげられます。細かくみていくと他にもさまざまな違いが見られるので、しっかりと確認が必要です。ここでは、日本酒と焼酎の違いについてポイントを確認しましょう。

原料

焼酎と日本酒の大きな違いといえば、まず原料があげられます。焼酎の原料は、それぞれの焼酎によって芋や麦などさまざまです。また、米を原料にした米焼酎もあります。これに対して、日本酒の原料は米と米麹のみとなっています。そもそも米を使っていることが日本酒の定義にとって必要不可欠なことです。このように、焼酎と日本酒には、原料について大きな違いが見られます。なお、米を使用する場合でも、使用する米によってお酒の味わいはそれぞれ変化します。

違いはどこ?

焼酎と日本酒には、他にもさまざまな違いが見られます。同じ米を原料とした米焼酎と日本酒であっても、原料以外にさまざまな違いがあるということです。たとえば、焼酎と日本酒を比べれば製造方法が違います。さらに、アルコール度数も違えば、カロリーや糖質にも違いが見られます。加えて、飲み方や味わいにも違いがあるといえるでしょう。そのため、二日酔いのなりやすさにも違いがあります。詳しく比べてみると、焼酎と日本酒にはさまざまな違いが見られるので、それぞれについて詳しく確認しましょう。

焼酎と日本酒の製造方法の違い

まず、焼酎と日本酒については、製造方法にどのような違いがあるのでしょうか。製造方法は、お酒の仕上がりに大きな違いをもたらすものです。ここでは、焼酎と日本酒の製造方法の違いについて、紹介します。

日本酒は醸造酒

そもそも日本酒は、醸造酒とよばれる種類のお酒です。これは、酵母の力を使い、糖分をアルコール発酵させたお酒を意味します。これは、日本酒の大きな特徴といえます。

焼酎は蒸留酒

日本酒が醸造酒であるのに対し、焼酎は蒸留酒です。蒸留酒としては、他にウイスキーなどがあります。蒸留酒は、発酵させた後に蒸留の工程を加えることで造られるお酒です。このように、焼酎の製造方法は日本酒とは大きな違いが見られます。

焼酎と日本酒のアルコール度数

焼酎と日本酒のアルコール度数には、どのような違いがあるのでしょうか。もちろん、焼酎と日本酒のアルコール度数は、種類によっても異なることがあります。しかしながら、焼酎と日本酒では、アルコール度数についてだいたいの傾向が見られます。そこで、ここでは、焼酎と日本酒のアルコール度数の違いについて見てみましょう。

日本酒のアルコール度数

日本酒のアルコール度数は、およそ15度前後です。もちろん、日本酒の種類によっては、これよりもアルコール度数が高いものや低いものもあります。日本酒のアルコール度数は、他のお酒に比べるとそれほど高くはありません。

焼酎のアルコール度数

焼酎のアルコール度数は、およそ25~40度前後です。蒸留によって成分が濃縮されるため、アルコール度数が高くなります。焼酎は、日本酒よりも全体的にアルコール度数が高めです。

焼酎と日本酒の飲み方・味わい

焼酎と日本酒では、飲み方や味わいについても違いが見られます。に焼酎や日本酒をおいしく飲むためには、それぞれの違いについて理解しておいたほうがよいでしょう。ここでは、焼酎と日本酒の飲み方や味わいの違いについて説明します。

日本酒

基本的に日本酒は、そのまま飲むことが多いです。水やソーダ水などで薄めて飲むことは基本的にはありません。ただし、温度を変えて、熱燗や冷酒などとして楽しむことがあります。

焼酎

焼酎はアルコール度数が高いため、他の液体で割って飲むことが多いです。そのため、サワーやお湯割り、水割りなどさまざまな飲み方ができます。ロックでシンプルに飲むこともできます。日本酒に比べて焼酎は、飲み方のバリエーションが豊富だといえるでしょう。

焼酎と日本酒の糖質とカロリー

焼酎の日本酒は、糖質とカロリーについても違いが見られます。焼酎と日本酒の糖質やカロリーにはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、焼酎と日本酒の糖質とカロリーの違いについて説明します。

日本酒

日本酒の場合、製造方法としては醸造だけであるため、糖質が多く含まれます。そのため、カロリーも高い傾向があります。ただし、日本酒は辛口のほうが残糖量は少なめであり、糖質に由来するカロリーは低いといえます。

焼酎

焼酎は蒸留されているため、不純物や糖質が取り除かれています。よって糖質由来のカロリーは低めです。ただし、焼酎を割って飲むのであれば、割り材のカロリーによってカロリー高くなる可能性もあります。ダイエットや健康のためになるべくカロリーを抑えたいなら、水や氷などカロリーのないものを選ぶようにしてください。

焼酎と日本酒の二日酔いのなりやすさの違い

焼酎と日本酒を比べると、二日酔いのなりやすさについてどのような違いが見られるのでしょうか。同じお酒であっても、焼酎と日本酒を比べると、二日酔いのなりやすさに大きな違いが見られます。せっかくお酒を飲むなら、次の日に残らないように楽しみたいですよね。ここでは、焼酎と日本酒の二日酔いのなりやすさについて説明します。

日本酒

日本酒は蒸留されていないため、二日酔いになりやすいです。複数のアルコール成分や未分解の糖質に加え、不純物もそのまま残ってしまっています。ただし、日本酒は甘口のものよりも残糖量の少ない辛口のほうが二日酔いにはなりにくいです。二日酔いを避けたい場合は度そのような視点で選ぶとよいでしょう。

焼酎

焼酎の場合、日本酒に比べて二日酔いにはなりにくいです。これは、蒸留工程において不純物が取り除かれているためだといわれています。そのため、二日酔いをできる限り回避したいのであれば、日本酒よりも焼酎を選んだほうが無難かもしれません。焼酎ならカロリーも低めなので、健康志向に人にはおすすめです。

日本酒と焼酎の違いをしっかり理解しよう

日本酒と焼酎の違いをしっかり理解しよう

日本酒と焼酎には、さまざまな違いが見られます。日本酒と焼酎にはそれぞれ異なる特徴があり、別々の魅力があります。そのため、お酒を飲むときには、日本酒と焼酎の違いをしっかりと理解しておいたほうがよいでしょう。そうしなければ、せっかくのおいしいお酒も十分に楽しむことができない恐れがあります。日本酒や焼酎にはとてもおいしいものも多いので、せっかくならその魅力を最大限に引き出して楽しみたいですよね。日本酒と焼酎の違いを理解して、それぞれの独自の魅力を最大限に楽しんでみましょう。

焼酎を学ぶなら

焼酎通信講座

SARA の焼酎資格講座は 2 種類の焼酎資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


焼酎に関する記事一覧

焼酎についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
焼酎基本コース
焼酎資格を目指すコース!!
焼酎人気講座
焼酎資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

焼酎プラチナコース
焼酎資格を楽に取得!!
簡単資格取得
焼酎資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

焼酎資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

焼酎資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座