• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > ドリンク・飲み物の資格取得講座一覧 > 焼酎資格取得講座 > 焼酎と泡盛の違いについて

焼酎に関するコラム

焼酎資格取得の通信教育講座

焼酎と泡盛の違いが知りたい!違いのポイントを理解しよう

焼酎と泡盛の違いが知りたい!違いのポイントを理解しよう

焼酎と泡盛は、似ているところが多いです。しかし、焼酎と泡盛は別々のお酒として分類されています。焼酎と泡盛はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。お酒をおいしく楽しむためには、それぞれの違についてはっきりとした理解をしておくことをおすすめします。

今回は、焼酎と泡盛の違いについて説明します。焼酎も泡盛も好きでも、違いがよく分からない人も少なくないはずです。「焼酎と泡盛の違いがよく分からない」という人は、ぜひ参考にして違いを押さえるようにしてください。

焼酎と泡盛の違いとは?

焼酎と泡盛には、どのような違いがあるのか気になりますよね。焼酎と泡盛は、実はかなり似ているものです。そのため、焼酎と泡盛について理解するためには、それぞれの違いをしっかりと押さえる必要があります。詳しく確認してみると、焼酎と泡盛についての違いがよく分かります。ここでは、焼酎と泡盛の共通点や違いについて基本的な部分を確認しましょう。

泡盛も焼酎の一種といえる

泡盛と焼酎は、もともと関係性が深いです。実は、泡盛は焼酎の一種として考えることができます。というのも、泡盛は焼酎のルーツともいわれています。そのため、焼酎も泡盛も似ているところが多くあります。焼酎が好きな人は、泡盛も自然においしく飲める可能性があるでしょう。もちろん、好みは人それぞれなので、飲んだことがない場合は一度試しに飲んでみることをおすすめします。

とはいえ、名前が違うように、泡盛と焼酎には微妙な違いも見られます。そのため、泡盛と焼酎については、それぞれの違いをしっかりと押さえるようにすることが大切です。泡盛と焼酎の違いをしっかりと押さえることができれば、それぞれをよりおいしく楽しむことができるようになるでしょう。違いを把握したうえでそれぞれを飲んでみれば、自分に合うお酒をより見つけやすくなります。

主な違い

泡盛と焼酎には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。泡盛と焼酎には、決定的な違いがあるというのが事実です。泡盛と焼酎の大きな違いは、ズバリ原料にあります。そのため、泡盛と焼酎の違いを理解するためには、原料の違いをしっかりと確認しましょう。原料が違うので、当然ながら完成した泡盛と焼酎には味わいについても違いが見られます。

さらに、泡盛と焼酎については、古酒の有無という観点でも違いを確認できます。それぞれについてきちんと確認すれば、泡盛と焼酎の違いを正しく把握することができるでしょう。古酒はより味がまろやかになることが多いため、古酒のほうが好みに合うと感じる人も少なからずいます。好みによっても違うので、古酒と新酒の両方を試してみることをおすすめします。

焼酎と泡盛の原料の違い

すでに説明したとおり、焼酎と泡盛の最大の違いは、原料にあります。具体的に、焼酎と泡盛の原料にはどういった違いが見られるのでしょうか。原料の違いは、焼酎と泡盛の違いを押さえるうえで最も重要なポイントとなります。そのため、正しい知識を把握することがとても大切です。ここでは、焼酎と泡盛の原料の違いについて説明します。焼酎と泡盛の違いについて知りたい人は、ここで違いについてしっかり押さえておくようにしてみてくださいね。

焼酎

焼酎の原料としては、さまざまなものが使用されています。たとえば、焼酎の原料としては芋や米などさまざまなものが使われています。使われる原料によって、「芋焼酎」や「米焼酎」などとよび方も変化します。名称が変化することからもうかがえますが、焼酎は使用する原料の種類によって、風味や味わいが大きく変化します。

また、米焼酎であれば、使用されているのは日本の米であることが基本です。米の産地では、それぞれの特産品である米を使った焼酎も多く作られています。やはり、おいしい米を使用した焼酎は、風味も豊かで味わい深いですよね。焼酎に使用する米の産地は、泡盛との違いを考えるうえでとても重要といえます。また、本格焼酎を作る場合は白麹を使用します。それ以外の焼酎の場合は、黒麹や黄麹などを使うこともあります。麹の種類もまた焼酎の味わいや風味を決定づける重要な要素となります。

泡盛

泡盛の原料は、基本的に米です。焼酎のように、他の原料を使うことは一般的にありません。そのため、泡盛の原料はシンプルで分かりやすいです。ただし、泡盛を作るときは日本米ではなく、タイ米(インディカ米)を使用することもあります。タイ米(インディカ米)を使用すると、泡盛のコクが深くなります。そのため、そういった独特の魅力にハマり、泡盛を好む人も少なくありません。また、泡盛には黒麹菌を使用するため、焼酎に比べて辛口に仕上がることが多いです。泡盛は、使用される原料があらかじめ細かく定められているという点で、焼酎と違いが見られます。

焼酎と泡盛の古酒の有無

焼酎と泡盛の大きな違いとして、古酒の有無があげられます。泡盛には古酒があります。古酒というのは、3年以上熟成させた古いお酒のことです。3年以上熟成させると、お酒の中のアルコール分によるとがりがなくなり、味がまろやかになるといわれています。古酒はアルコール度数がとても高く、40度前後になることもあります。古酒の魅力を楽しみたいのであれば、泡盛を選ぶとより深くお酒を味わえるでしょう。なお、焼酎でも古酒を作ることはできますが、泡盛ほど一般的にはなっていません。古酒を楽しみたいのであれば、泡盛を選んだほうが確実でしょう。さまざまな古酒を選び、違いを楽しむこともできます。

泡盛と焼酎の違いについて的確に押さえておこう

泡盛と焼酎の違いについて的確に押さえておこう

焼酎と泡盛は、お酒の中でも共通点が多いです。そのため、同じようなものだと認識している人も多いかもしれません。しかしながら、焼酎と泡盛には、いろいろな違いがあります。特に原料については、まったく違うものを使用しているので、その点についてしっかりと理解しておくとよいでしょう。原料を知っているだけで、お酒の味をよりしっかりと味わってみようという気持ちになってきますよね。注意深くお酒を味わうようにすると、それぞれの素材の風味も感じられるかもしれません。最初のうちは同じような味わいに感じられても、何度か飲んでいるうちにそれぞれの特徴的な魅力を理解できるようになるでしょう。せっかくお酒を楽しむのであれば、味わいをしっかりと堪能してみることをおすすめします。

また、泡盛は古酒もあるので、古酒を飲んでみるとより焼酎との違いをはっきりと感じられるでしょう。長い期間をかけて熟成された泡盛は、古酒ではない泡盛に比べても異なる味わいを感じられます。もちろん、泡盛は好きでも古酒は苦手だという人もいるので、飲んだことがない場合には最初は試しながら飲んでみるとよいです。泡盛は普段は飲まないという人も、焼酎の代わりに泡盛を飲んでみると意外と気にいるかもしれません。お酒にはたくさんの種類があり、それぞれさまざまな風味の違いを感じられます。せっかくお酒を楽しむなら、それぞれのお酒の違いをいろいろと楽しんでみるのもおすすめです。たくさんのお酒のなかから、自分に合う種類を選んでみてはいかがでしょうか。その選択肢のひとつとして、焼酎や泡盛もぜひ試してみてくださいね。

焼酎を学ぶなら

焼酎通信講座

SARA の焼酎資格講座は 2 種類の焼酎資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


焼酎に関する記事一覧

焼酎についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
焼酎基本コース
焼酎資格を目指すコース!!
焼酎人気講座
焼酎資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

焼酎プラチナコース
焼酎資格を楽に取得!!
簡単資格取得
焼酎資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

焼酎資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

焼酎資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座