• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > ドリンク・飲み物の資格取得講座一覧 > 焼酎資格取得講座 > 焼酎の使い道について

焼酎に関するコラム

焼酎資格取得の通信教育講座

焼酎が余ったらどうする?さまざまな使い道のアイデアをご紹介!

焼酎が余ったらどうする?さまざまな使い道のアイデアをご紹介!

焼酎が好きでたくさん飲んでいる人でも、焼酎が余ってしまうこともありますよね。たとえば、思っていた味と違ったり、量が多過ぎたりすることもあるでしょう。焼酎が余ってしまった場合、それらはどうにか活用することはできないのでしょうか。実は焼酎はさまざまな使い方をすることが可能です。

今回は、焼酎が余った場合の使い道について説明します。余った焼酎を活用すれば、いろいろ便利に使用することが可能です。焼酎の余りがもったいないと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

余った焼酎の使い道

焼酎が余ってしまった場合、アレンジしても飲み切れないこともあるでしょう。風味や味を変えたとしても、量が多過ぎる場合は無理をしないほうが賢明です。そういったときは、どのように焼酎を使ったらいいのでしょうか。ここでは、余った焼酎の使い道について説明します。

料理に使う

焼酎が余ってしまったら、料理に使うという方法があります。もともと料理では料理酒を使うこともありますよね。料理酒のような使い方をすれば、焼酎を余さずに使い切れる可能性が高く、料理に使う料理酒を購入するコストも節約できます。

スキンケアに使う

焼酎はスキンケアに使用するというのもおすすめです。お酒を使った基礎化粧品も販売されているとおり、お酒は使い方によっては肌のケアにも役立てられるのです。ただし、肌の状態によっては刺激が強くなり過ぎてしまう恐れもあるため、パッチテストなどもおこなったほうが安心です。

かび防止剤として使う

焼酎はかびの防止剤としても活用可能です。かびを防ぐためのわざわざ買わなくてよくなるのは、節約につながって嬉しいですよね。

家庭菜園の防虫剤にする

焼酎は、家庭菜園の防虫剤としても利用できます。家庭菜園をすれば野菜の収穫ができますが、その分、管理が大変です。しかし、余った焼酎を使って防虫剤の代わりとすれば、簡単に虫が寄ってくるのを防ぐことができます。

焼酎を料理に使う方法

焼酎を料理に使用する場合、具体的にはどのようにすればいいのでしょうか。そもそも焼酎は、日本酒に比べると癖が強いです。そのため、使い方には注意しなければなりません。ここでは、焼酎を料理に使うときのポイントについて説明します。

料理酒の代用にするには?

焼酎を料理酒に使うときには、焼酎の癖について確認しましょう。癖があまり気にならないものであればそれほど問題はありません。ただし、芋焼酎のように癖が強い焼酎の場合は料理に入れると、味にも影響が出る可能性があります。また、焼酎は旨みが少ないため、出汁でうまみをしっかり出すことも大切です。

肉や魚の殺菌や臭み取り

焼酎は料理酒として使う以外にも使い道があります。たとえば、焼酎を使えば、食品の臭みをとることも可能です。肉や魚にまぶして使うと、臭みを取りつつ殺菌もできます。

天ぷらやフライの衣に混ぜる

焼酎はてんぷらやフライの衣に混ぜて使ってもよいでしょう。単に水を使うよりも、料理酒を使っているような雰囲気に近くなります。おいしい揚げ物を作るために、焼酎を活用してみましょう。

辛味調味料にする

焼酎を使えば、辛味調味料を作ることもできます。たとえば、唐辛子を瓶に入れて焼酎注ぎ、1週間ほど寝かしておくと、自家製の辛味調味料の完成です。辛味調味料が好きな人は、一度作ってみると病みつきになってしまうかもしれませんね。

焼酎が合う料理って?

所で、焼酎はどのような料理によく合うのでしょうか。焼酎が合う料理はいろいろとあります。たとえば、煮込み料理は焼酎がよく合います。具体的には、角煮やチャーシューなどがあります。他にもいわし煮などに焼酎を合わせるとおいしくなります。さらに、煮込み料理だけでなく蒸し料理に焼酎を入れるのもおすすめです。あさりやささみの酒蒸しなどを作ると、酒のつまみとしてもおいしい料理を作ることができるでしょう。

焼酎をスキンケアに使う

焼酎はスキンケアに使うことも可能です。焼酎をスキンケアに使うときは、具体的にどのような使い方ができるのでしょうか。ここでは、焼酎をスキンケアに使う方法について紹介します。

焼酎フェイスパック

焼酎は、フェイスパックとして使用することができます。焼酎をコットンに含ませ、顔の上に置いてフェイスパックをしましょう。焼酎でパックをおこなうと、引き締め効果や保湿効果が期待できます。いつも市販のフェイスパックを利用している場合は、余った焼酎を使って焼酎フェイスパックをおこなってみてはいかがでしょうか。ただし、焼酎が肌に合わないと荒れてしまう恐れがあるので、肌に焼酎がついても問題ないか事前に確認するようにしてください。

焼酎化粧水

焼酎は、化粧水としても使用可能です。焼酎とグリセリンを混ぜると、オリジナルの化粧水を作ることができます。割合としては、焼酎の1/4~1/3程度のグリセリンを用意するとよいです。焼酎で作った化粧水には、テカリ防止などの効果を期待できます。

焼酎風呂

焼酎はお風呂に入れて使ってもよい効果を期待できます。お風呂にコップ1杯程度の焼酎を入れると、美肌効果や冷え性の予防などが期待できます。焼酎の種類によっても期待できる効果は異なるので、余った焼酎のタイプを確認しておくとよいでしょう。ただし、焼酎をお風呂に入れるとなると、お酒の香りもします。お酒が苦手な家族がいる場合は、よく相談してからおこなったほうがよいでしょう。また、全身にお酒の成分が行き渡ることになるため、肌が弱い人は慎重におこなうことをおすすめします。

かび防止剤として使う

焼酎はかびの防止剤としても活用可能です。焼酎は食品なので、衛生面が気になる場所でも活用できます。たとえば、空いている容器に焼酎を入れ、冷蔵庫の中に置いておくだけでかびの発生を防止できます。焼酎なら万が一冷蔵庫の中でこぼしてしまっても衛生面での問題はありません。そのため、安心してかびの防止剤として使用できます。

家庭菜園の防虫剤にする

焼酎は家庭菜園の防虫剤としても使えます。具体的なやり方はとても簡単です。まず、唐辛子を詰めた瓶に焼酎を入れたものを用意し、そのまま1週間ほど寝かしてください。さらに、これを水で300〜500倍ほどに薄めます。そして、その液体を霧吹きに入れ、家庭菜園で育てている植物に吹きかけましょう。そうすると、アブラムシなどの害虫を減らすことができます。余った焼酎を使用するので、節約しながら家庭菜園を虫から守ることができます。

余った焼酎は使い道を考えて上手に使い切ろう

余った焼酎は使い道を考えて上手に使い切ろう

焼酎が余った場合、さまざまな使い方をすることが可能です。場合によっては、大きな節約につなげられる可能性もあります。そのため、焼酎が余ってしまったときはいきなり捨てるのではなく、他のことに使えないか試してみるとよいでしょう。余った焼酎を上手く活用できれば、もしかするとなくてはならない存在として活用できる可能性もあります。余った焼酎の使い道は、食べたり飲んだりするだけではありません。焼酎にはさまざまな効果が期待できるので、余った場合も使い方はアイデア次第です。一度開封してしまった場合でも、いろいろな使い道があるのです。焼酎が余ってしまったときは、使い道を考えて上手に使い切れるようにしましょう。

焼酎を学ぶなら

焼酎通信講座

SARA の焼酎資格講座は 2 種類の焼酎資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


焼酎に関する記事一覧

焼酎についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
焼酎基本コース
焼酎資格を目指すコース!!
焼酎人気講座
焼酎資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

焼酎プラチナコース
焼酎資格を楽に取得!!
簡単資格取得
焼酎資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

焼酎資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

焼酎資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座