• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > ドリンク・飲み物の資格取得講座一覧 > 焼酎資格取得講座 > 焼酎の美味しい飲み方について

焼酎に関するコラム

焼酎資格取得の通信教育講座

焼酎の美味しい飲み方は?定番からオリジナルまでを紹介!

焼酎の美味しい飲み方は?定番からオリジナルまでを紹介!

焼酎はシンプルかつ味わい深いおいしさを楽しめるお酒です。そのような焼酎は、どのような飲み方をするのがよいのでしょうか。焼酎の飲み方はとても種類が多いので、どれを選べばいいか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、焼酎のおいしい飲み方について紹介します。定番の飲み方からオリジナルまでを網羅的に解説するので、焼酎をよりおいしく飲みたいと考えている人は、この機会に飲み方のバリエーションを広げていきましょう。

焼酎の代表的な飲み方

焼酎には、さまざまな飲み方があります。代表的な飲み方としてあげられるものも種類が豊富です。まずは、焼酎の飲み方のうち定番ともいえる代表的な飲み方について確認しましょう。

ストレート

焼酎の味や風味をしっかり楽しみたいなら、ストレートで飲むというのもおすすめです。度数が20度程度であれば、そのままストレートで飲んでもそれほど飲みにくさはありません。そのまま味わうことにより、焼酎のおいしさを心行くまで堪能することができるでしょう。特にこだわりの製法や原料によって作られている焼酎をのむときは、ストレートで飲んでみたいものです。

ロック

ロックは、グラスに氷を入れてところに焼酎を注ぐ飲み方です。シンプルですが、焼酎がよく冷えることでおいしく飲みやすくなります。焼酎をさわやかに飲めるので、さっぱりとした味わいの麦焼酎や米焼酎を飲むときにおすすめの飲み方です。焼酎のロックはどちらかというと、若い人に人気があります。少しずつ氷が解けていくので、濃いと感じる場合はそのまま少し置いておくことで調整することもできます。

水割り

焼酎は水割りで飲むのもおすすめです。簡単に言えば、焼酎を水で薄めるだけなので、焼酎の味わいをそのまま残すことができます。お酒が苦手な場合でも、お酒の濃度を調整することができるため、飲みやすくなるのが嬉しいポイントです。焼酎が冷たくなるので、暑い夏でもおいしく飲むことができるでしょう。水の量を自分好みに調整すれば、オリジナルの水割りとして楽しむことができます。

お湯割り

焼酎は、お湯割りで飲む人も多いです。たとえば、焼酎と水を6:4程度で割るのが人気です。お湯で焼酎を割ると、マイルドな印象になるのが特徴的です。また、お湯で温めることにより、焼酎の香りがしっかりと引き立つのもひとつの特徴です。一般的にも広く浸透している飲み方なので、お店でも注文しやすいでしょう。自分でお湯割りを作るときは、お湯割り用のカップにもこだわるとよりおいしく焼酎の味や風味を楽しめるはずです。冬でも温かい焼酎のお湯割りを飲めば、心も体もぽかぽかしてきます。

炭酸割り

炭酸割は、炭酸水で焼酎を割る飲み方です。炭酸を混ぜることにより、すっきりとした爽快感を感じられます。そのため、特に夏場におすすめの飲み方です。さっぱりとした印象が強いので、そこに柑橘類を添えてもよく合います。水割りよりもさらにさっぱりした気分になりたいときは、炭酸を入れてみるとよいでしょう。

燗つけ

燗つけとは、焼酎を水割りにしたうえで温めて飲む方法です。これは、昔からお酒の飲み方としてよくおこなわれてきました。昔ながらの気分で燗つけを飲んでみると、いつもとは違った焼酎の魅力に気が付くかもしれません。

パーシャルショット

バーチャルショットとは、冷凍庫で保存しておいた焼酎を飲む方法です。アルコール度数の高い焼酎は、氷点下でも完全に凍るわけではなく、とろりとした状態になります。そのため、そのまま口に含むことが可能です。冷たいシャーベットのような口あたりは、一度試してみると癖になること間違いなしです。

焼酎に食材を入れる飲み方

焼酎の飲み方としては、食材を加える方法もあります。具体的には、どのような飲み方があるのでしょうか。ここでは、焼酎に食材を加える飲み方についてそれぞれ確認しましょう。

レモン入り

焼酎には、さっぱりとしたレモンを加えることも多いです。すでに触れていますが、特に炭酸を注ぐソーダ割りをするときにレモンを加えると、より爽やかなおいしさを楽しめます。

梅干し入り

焼酎に梅干しを入れる飲み方も、とても人気があります。ポイントは、梅を少しずつ潰しながら飲むことです。梅干しの塩気が焼酎とよく合います。焼酎の割り方は、ロック、お湯割り、水割りなどさまざまなものが合います。

河童割り

河童割りは、焼酎にスライスしたきゅうりを入れる飲み方です。焼酎は水割りにするのが一般的です。

金魚割り

金魚割りというのは、焼酎のロックにシソと唐辛子を入れる飲み方です。かわいらしい名前ですが、程よい刺激を感じられる飲み方です。ただし、唐辛子の入れ過ぎには注意も必要です。

みかん割り

焼酎には、柑橘類がよく合います。みかん割りにすれば、甘酸っぱいみかんの風味を一緒に楽しめるのでおすすめです。みかんがおいしい季節になったら、ぜひ試してみてください。

その他

焼酎に食べ物を入れる飲み方としては、他にもさまざまなものがあります。たとえば、パクチーとシソを入れる飲み方も最近では人気があります。また、ショウガやわさびなど刺激的なものを入れて楽しむ人もいます。さらに、シロップ・ハチミツ・みりんを入れ、甘い風味を楽しむというのも一つの手です。焼酎はシンプルな味わいなので、さまざまな種類のものを入れることができます。

焼酎を他の飲み物で割る飲み方

焼酎の飲み方としては、他の飲み物で割るというのもよくおこなわれています。たとえば、焼酎のお茶割りも一般的です。やり方は簡単で、焼酎の水割りの水を入れる要領で、水の代わりにお茶を注ぎます。お茶の種類もいろいろなものを選ぶことができるので、好みに合うものを選びましょう。よくお茶割りに使用されるお茶としても、ウーロン茶、緑茶、ウコン茶、ジャスミン茶など多数のものがあげられます。

さらに、焼酎と梅酒を合わせる梅酒割もおすすめです。水割りやロックにして調整してみましょう。さらには、コーヒー割りや牛乳割りなど少し珍しいものもあります。しかし、実際にやってみると病みつきになる味です。もちろん、人によって好き嫌いがありますが、気になる人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

焼酎の美味しい飲み方をマスターして!

焼酎の美味しい飲み方をマスターして!

焼酎は飲み方のバリエーションがとても豊富です。定番の飲み方だけでも、かなりたくさんの種類があります。まずは、定番の飲み方から試してみて、自分はどのような焼酎の飲み方が好きなのか傾向を探ってみてください。定番の飲み方はどれもシンプルなので、比較的飲みやすいです。気分によって飲み方を変えてみるのもよいでしょう。そうすれば、次第に自分にベストな飲み方が見つかるはずです。

加えて、焼酎の定番の飲み方に慣れてきたら、今度は少し変わった飲み方にチャレンジしてみるのもおすすめです。変わった飲み方をするのは少し勇気がいりますよね。しかし、実際に試してみ見ると、意外とおいしいと感じる可能性も十分にあります。最初は苦手だと感じる味でも飲んでいるうちに病みつきになるかもしれません。焼酎そのものはシンプルなので、アレンジ次第でいろいろな可能性があります。焼酎の飲み方をいろいろと試してみて、自分に合う飲み方を探求してみてください。

焼酎を学ぶなら

焼酎通信講座

SARA の焼酎資格講座は 2 種類の焼酎資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


焼酎に関する記事一覧

焼酎についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
焼酎基本コース
焼酎資格を目指すコース!!
焼酎人気講座
焼酎資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

焼酎プラチナコース
焼酎資格を楽に取得!!
簡単資格取得
焼酎資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

焼酎資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

焼酎資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座