焼酎について~お湯割の魅力~

焼酎 基本コース / プラチナコース

焼酎について

お湯割の魅力

焼酎の飲み方にはさまざまな方法があります。日本酒やワインの場合はアルコール低い醸造酒のため、あまり手を加えすぎると良さが無くなり味わいの薄いお酒となってしまいます。その点、焼酎はアルコール度数が高く、さまざまな飲み方が楽しむことができます。ここでは、焼酎のお湯割りについて学習します。お湯割りの魅力は、焼酎の香りを楽しむことができる点です。芋焼酎に熱々のお湯を注ぎグラスを持ち上げた瞬間、ふわっと顔全体を包み込む香りが魅力的です。液体が喉を通り抜け、胃に落ち着いた頃には体全体に暖かい焼酎が染み渡ります。ロックでは楽しめない深みのある味わいを感じることができる飲み方です。

各焼酎によるお湯割の違い

焼酎のお湯割りの配分は5対5や、4対6など様々あります。では、お湯割りに使うお湯の温度はどのようなものが適しているのでしょうか。お湯割りにする際、沸騰してしまうような熱々では香りが吹き飛んでしまいます。必ず、適正温度があります。先ず、芋焼酎は45℃程度が適温です。バランス良く香りが楽し無ことができます。米焼酎の場合ですがこちらは低めの40℃が適温です。米の香りはやや弱めですので、熱さに負けてしまいます。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ