紅茶に関わる仕事とは?役立つ資格を取得しよう

 

深い香りやおいしさを楽しむことができる紅茶はとても魅力的です。その紅茶についてより深い知識を得れば、仕事に活かすこともできます。紅茶に関わることができる仕事は、意外とたくさんあるということをご存知でしょうか。実は、仕事に活かせるような紅茶に関する資格もたくさんあります。

紅茶がお好きなら、それを活かして仕事ができたら素敵ですよね。好きなことを仕事にすれば、やりがいもとても大きいです。今回は、紅茶に関わる仕事や役立つ資格について紹介します。

紅茶に関わる仕事って?

紅茶に関わる仕事とは?役立つ資格を取得しよう

 

一口に紅茶に関わる仕事といっても、さまざまな種類があります。仕事で紅茶を扱いたいなら、どのような仕事を選ぶことができるのかある程度イメージをもっておくとよいでしょう。そのうえで適性や知識の量を見極めて、自分に合った職業を選んでみてください。

紅茶の栽培

紅茶を栽培したいなら、農業を始めて自分の手で育てるという方法があります。こだわりの製法で作った紅茶を多くの人に楽しんでもらえるということには、ほかには代えがたい大きなやりがいがあるはずです。農業の担い手は減ってきているので、本気で取り組む意思があるのであれば、自分で農業を始めたり、どこかの農園で働いたりするのはそこまでハードルが高いことではありません。ただし、売れる紅茶を作るためには、それなりの努力が必要であることも確かです。

紅茶の栽培に携わる方法としては、紅茶のメーカーに就職するというのも1つの手です。自ら紅茶を育てるよりも自由度は下がるかもしれませんが、紅茶の栽培に関する知識に自信がなくても働きながら覚えていくことができます。

紅茶の専門店

紅茶が好きなら、紅茶の専門店で働くという道もあります。主に販売の仕事となりますが、正社員として就職することも可能です。就職先にもよりますが、働きながら紅茶についての知識を深めることもできるでしょう。紅茶そのものや販売についての知識がしっかり身に付いたら、自分自身でお店を開くという方法もあります。この場合は、店を経営するための知識をしっかりと得て、販売戦略をきちんと立てる必要があります。

紅茶を扱う商社

仕事でさまざまな種類の紅茶を扱いたいなら、紅茶を扱う商社のバイヤーとして働くのもよいでしょう。日本国内だけでなく、海外とやり取りする機会も多い仕事です。たくさんの企業や農家との調整を行う必要があります。紅茶が好きで新しいものにもたくさん触れたいという人にはとてもおすすめできる仕事です。紅茶のみに特化した専門商社はあまり多くはありませんが、就職することができればとてもやりがいのある仕事をすることができるでしょう。

紅茶セミナーの講師

おいしい紅茶を楽しむのが好きなら、紅茶セミナーの講師として働くという方法もあります。紅茶セミナーでは紅茶に興味を持っている人に、紅茶の基本的な知識や飲み方についてレクチャーします。紅茶好きな人とたくさん交流する機会がもてるので、とても楽しく仕事ができるはずです。

紅茶の資格の種類と内容

紅茶の資格としてはかなりたくさんの種類があります。自分の求める状況に合わせて資格を選ぶようにしましょう。ただし、どれも民間の資格なので、取得できてもすぐに仕事に活かせるとは限りません。まずは、自分自身の知識を深めるために資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。ここでは例として3つの資格について紹介します。

ティーインストラクター

ティーインストラクターは、一般の人に紅茶の知識や淹れ方を伝えることを目的として生まれた資格です。ティーインストラクターの資格を取得して紅茶の知識を得た人が、ほかの一般の人に紅茶の飲み方を広めていくことを目指しています。ティーインストラクターの資格には「ジュニア」「シニア」「マイスター」の3つがあります。ジュニアは、定められた33単位を習得して試験に合格すると認定されます。内容的にはそれほど難しいものではありません。しかし、費用が高いことや毎週しっかりと研修に出席しなければならないことなどから、半端な気持ちでは取得が難しいといえるでしょう。そして、シニアになるためには、ジュニアの資格を取得したあと5年以上の実務経験を経る必要があります。ここでも試験をクリアすることにより、認定が行われます。さらに、マイスターになるには、シニアになってから10年以上の実務経験を経るなどの基準を満たす必要があります。

紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザーは、茶葉についての知識やおいしい紅茶の淹れ方、紅茶のブレンド方法など、紅茶に関する知識を広く学ぶことができる総合的な資格です。試験の内容は基本的なことが出題される場合が多いので、比較的簡単に合格することができるといわれています。試験の開催頻度も高いため、挑戦しやすいのが魅力的です。紅茶についての基本を知りたいという人にはおすすめの資格だといえます。

紅茶コーディネーター

紅茶コーディネーターも紅茶に関する基本的な知識を学ぶことができる資格の1つです。通信講座で学んでいくスタイルですが、紅茶の成り立ちから専門店の経営方法まで幅広く学ぶことができるのが魅力です。試験は特になく、受講中に提出する課題をきちんとこなすことにより最終的に資格が認定されます。資格を取るだけでなく、知識をきちんと身に付けたいという人は選んでみるとよいでしょう。

紅茶の資格を選ぶポイント

紅茶の資格取得を目指すなら、自分自身の目標に役立つ知識を得られるものを選びましょう。たとえば、以下の目的について注目すべき資格の内容について考えてみます。

カフェを開業するなら?

カフェなど自分でお店を開きたいという場合は、紅茶に関する知識以外にも学ぶべきことがたくさんあります。とくに、店を経営していくための知識は必要不可欠だといえます。紅茶の資格の中には、紅茶のお店の経営方法についても学ぶことができるものがあるので、そういったものを選ぶのがおすすめです。

紅茶教室やセミナーを開きたいなら?

紅茶教室やセミナーなどで紅茶の淹れ方や飲み方などを教えたい場合は、紅茶そのものの楽しみ方について深く学べる資格を選ぶとよいでしょう。紅茶の歴史やマナーについても一通り学ぶことができるとよりよいです。

紅茶を楽しむことができる仕事を選ぼう

紅茶を楽しむことができる仕事を選ぼう

 

紅茶に関する職業にはたくさんの種類があります。働き方としても、個人経営から企業の正社員までさまざまです。そのため、自分が実現したいことや求める仕事のスタイルに合わせて選ぶことができます。紅茶に関する仕事に就くためにはある程度しっかりとした知識が必要ですが、いずれも紅茶が好きならそれほど無理することなく習得することができる内容ばかりです。なかにはすでに身に付いている知識もあるかもしれません。

紅茶を仕事にすれば、常に紅茶について触れながら働くことができるので満足度も高くなるでしょう。仕事を通してでなければ出会うことのできない貴重な紅茶に巡り合うチャンスもあるかもしれません。また、紅茶に関する情報をいちはやく入手できる可能性も高いでしょう。紅茶に関わる仕事は、このように紅茶好きの方にとって天職ともいえる仕事ではないでしょうか。紅茶に関する知識をしっかり身に付けて、好きなことを仕事にしてみませんか。

紅茶に関する記事一覧

 

 

紅茶についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ