に関するコラム

資格取得の通信教育講座

シャトーとは?ドメーヌとの違いもあわせて紹介

 

シャトーとは?ドメーヌとの違いもあわせて紹介

 

ワインについて語るなら、「シャトー」のこともしっかりと理解しておいたほうがよいでしょう。シャトーという言葉を聞いたことがあっても、具体的にどのようなものか知っているという人は少ないのではないでしょうか。シャトーと似ている言葉として「ドメーヌ」もあるので、両者の違いもあわせて押さえておきましょう。

今回は、ワインのシャトーについて詳しく説明します。ワインについての知識を深めたいという思いがある人はぜひ参考にしてみてください。

シャトーとは?

ワインでよく聞くシャトーとはどのような意味をもっているのでしょうか。シャトーはワインを語るなら知らないとはいえない言葉のひとつです。ワインいついて理解を深めるには、シャトーについても知っておくとよいでしょう。まずは、シャトーとは何なのかについて具体的な説明をします。

シャトー(Chateau)

シャトーとは、フランス語でお城や館を意味しています。ボルドーの生産者は立派なお城のような建物でワインをつくってきたという歴史があり、そのことからシャトーという名称が使われるようになりました。よって、シャトーは基本的にボルドーのワインに対して使われる言葉です。

生産者を表す

シャトーが示しているのは、生産者です。シャトーは日本語でいえば、「酒蔵」のようなイメージです。「シャトー○○」というように、生産者を示します。略表記は「CH」となっており、ワインにこの表記があればシャトーを意味していると読み取ることが可能です。何気なく見過ごしてしまいそうですが、今度ワインを飲む機会があればCHという表記に着目してみるとよいでしょう。

シャトーがつくワインとは?

シャトーはボルドー地方のワインにつきますが、すべてのボルドー産のワインについているわけではありません。シャトーがつくワインにはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、シャトーがつくワインとはどのようなものであるか説明します。

最も品質の高いワインにシャトーがつけられる

シャトーがつくのは、最も品質が高いワインです。よって、シャトーがつくワインはその生産者にとっての主力商品です。自信をもってすすめているワインだということができます。シャトーがついているワインを選べば、おいしいワインに出会える可能性が高いといえるでしょう。シャトーの中にもさまざまな生産者がいるので、おいしいワインを飲み比べてみるのもおすすめです。

セカンドラベル以降にはほぼシャトーがつかない

シャトーがついているワインは、ファーストラベルともよばれます。セカンドラベル以降にはシャトーがついていません。ただし、セカンドラベルだからといって品質が悪いわけではなく、こだわりのワインの中でもとくに品質がよいものにファーストラベルやシャーがつくことになっています。シャトーが作ったワインを飲んでみたいなら、セカンドラベルのものから試してみたりファーストラベルとの違いについて比べてみたりするとよいでしょう。

シャトーとドメーヌの違い

シャトーと似た言葉として、ドメーヌというものがあります。ドメーヌは、基本的にシャトー同様に畑を所有して栽培や醸造などをおこなっている生産者のことをあらわしています。では、シャトーとドメーヌはそれぞれどういった違いがあるのでしょうか。ここでは、シャトーとドメーヌの違いについて押さえておきましょう。

シャトー

シャトーはボルドー地方において広大な畑をもつ生産者のことを示しています。すでに触れたとおり、シャトーはお城などを示しています。シャトーはある程度の畑の大きさをもち、大規模に経営しているところが多いのが特徴的です。

ドメーヌ

ドメーヌとは、ブルゴーニュ地方においてワインを作っている生産者のことを表しています。シャトーに比べると規模が小さく、家族経営でワインを作っているところが多いです。そのため、シャトーよりも生産量も少ない傾向があります。また、ドメーヌには「ネゴシアン」とよばれる交渉人がおり、農家やドメーヌからワインの原料になるぶどうを買い付けて独自にワインを生産している人もいます。

5大シャトー

シャトーには、5大シャトーとよばれるワインの生産者がいます。5大シャトーに数えられる生産者は、第一級の称号を与えられた世界トップクラスの生産者です。5大シャトーのワインを飲むことができれば、ワインの本物のおいしさを楽しむことができるはずです。ここでは、5大シャトーについて確認しておきましょう。

シャトー・ラフィット・ロスシルド

シャトー・ラフィット・ロスシルドは、ボルドーの5大シャトーの代表格ともいえる存在です。まさに世界最高峰ともいえるワインのシャトーであり、圧倒的な存在感を放っています。

シャトー・マルゴー

シャトー・マルゴーは女性的なワインとして有名です。フランスの女王とよばれるボルドー・メドック地区の代表的なワインだといえます。ヘミングウェイが愛したシャトーとしても知られています。日本では、小説「失楽園」のなかに登場し、有名になりました。

シャトー・ラトゥール

シャトー・ラトゥールは、常に安定的においしいワインを作っていることで名をはせています。「不作知らず」と表現されるほどです。ラベルに描かれている塔は、15世紀に土地を所有していたイギリス人が建てたものだといわれています。

シャトー・オー・ブリオン

シャトー・オー・ブリオンは、ボルドー最古の歴史をもつシャトーです。メドック地区から選ばれています。1814年のウィーン会議の晩餐会において飲まれ、フランスを救ったという逸話も残っています。

シャトー・ムートン・ロスシルド

シャトー・ムートン・ロスシルドは、1973年の格付けによって新た第1級のシャトーへと昇格しています。1855年のパリ万博博覧会において第1級の称号を与えられていたシャトー・ムートン・ロスシルド以外の4つに加え、新たに最高のシャトーとして認められました。

ワインを楽しむならシャトーやドメーヌも押さえよう

ワインを楽しむならシャトーやドメーヌも押さえよう

さまざまなワインのおいしさを楽しみたいのであれば、ワインのシャトーやドメーヌといった違いについてもしっかりと押さえておくことをおすすめします。シャトーによってワインの雰囲気や味にはそれぞれ違いがあります。歴史的背景なども把握しておくと、ワインについての理解をより深めることができるでしょう。加えて、お酒の席でちょっとしたうんちくを披露するのにも役立つかもしれません。ワインについての深い知識があれば、さまざまな場面で役立てることが可能です。

シャトーには5大シャトーがあり、世界中で多くの人に指名されています。5大シャトーが生産しているワインは非常に人気が高く、その味も一級のものばかりです。もちろん、その分値段は張りますが、ワインを語るなら一度は飲んでみたいワインだといえるでしょう。おいしいワインについて理解が深まると、それだけで豊かな気持ちになることもできます。名高いワインにお目にかかるチャンスは突然やってくるかもしれません。そういったときにワインのおいしさをしっかり堪能するためには、シャトーのこともよく理解しておいたほうがよいでしょう。シャトーの意味やそれぞれの違いをきちんと頭に入れ、ワインについての見識を深めてみてはいかがでしょうか。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座