に関するコラム

資格取得の通信教育講座

「ヌーボー」の意味とボジョレーヌーボーの特徴とは?

 

「ヌーボー」の意味とボジョレーヌーボーの特徴とは?

ワインといえば、ボジョレーヌーボーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。とはいえ、ボジョレーヌーボーとはどのようなものなのか、正しく理解している人はそう多くないはずです。せっかくボジョレーヌーボーを楽しむなら、ボジョレーヌーボーの特徴についてしっかりと理解しておきたいところです。

今回は、ワインのボジョレーヌーボーの意味や飲み方などについて詳しく解説します。特徴をしっかりと押さえ、ボジョレーヌーボーの魅力をしっかりと引き出せるようにしておきましょう。

ワインの「ヌーボー」とは?

そもそもワインの「ヌーボー」とは、どのような意味があるのでしょうか。まずは、ヌーボーという言葉の意味をしっかり押さえておきましょう。

ヌーボーは「NOUVEAU」のこと

ヌーボーとは、フランス語の「NOUVEAU」です。「新しい」という意味をもっています。その名のとおり、新しいワインとして毎年多くの人が楽しみにしています。

当年産のワインのこと

ワインの「ヌーボー」はその年に収穫されたブドウでつくった新酒であり、その年のブドウをいち早く楽しむことができます。熟成されているわけではないため深いコクなどを感じることはできませんが、新鮮なブドウのフルーティーな風味を楽しめるのが魅力です。

ボジョレーヌーボーとは?

では、毎年日本でも話題になる「ボジョレーヌーボー」とはどういったワインなのでしょうか。せっかくボジョレーヌーボーを楽しむなら、ボジョレーヌーボーの詳しい意味や内容についてもしっかりと理解しておきましょう。

ボジョレーヌーボー(Beaujolais nouveau)

ボジョレーヌーボー(Beaujolais nouveau)は、フランスのボジョレー地区で生産されたワインです。ボジョレー地区はパリの東南に位置しているブルゴーニュ地方の南部にあります。ここの土壌は石灰粘土層であり、黒ブドウとの相性がよいといわれています。ボジョレーヌーボーとは、ボジョレー地区の新酒ということです。

11月の第3木曜日に解禁される

ボジョレーヌーボーは11月の第3木曜日に解禁されます。当初は11月15日だったそうですが、土日と重なってしまうとフランスでは流通がうまくいかない可能性があったため、平日が解禁日となるように調整されました。

ボジョレーヌーボーの注目度が高い理由

ボジョレーヌーボーは、フランスから離れた日本でも毎年話題になっています。ヌーボーのなかでもボジョレーヌーボーが特に注目されている理由はどこにあるのでしょうか。ここでは、ボジョレーヌーボーの注目度が高い理由について紹介します。

ブドウの質が味わいに直結する

ボジョレーヌーボーは、他のワインとは違う特殊な製法によって作られています。通常のワインはブドウをつぶしたうえで発酵を進めるのに対し、ボジョレーヌーボーの製法ではつぶさないでそのままタンクに入れます。このようにしてタンクに入れることで、ブドウの果皮から色やエキスが溶けだしやすくなります。このようにして作ることで、ボジョレーヌーボーの濃い赤い色ができているのです。この醸造方法は「マセラシオン・カルボニック」とよばれています。こういった方法により作られていることから、ボジョレーヌーボーの味はブドウの質がそのまま反映しやすいといわれています。

ブドウの出来栄えの指標になる

ボジョレーヌーボーはブドウの質が味わいに直結しやすいため、飲むことでその年のブドウの出来栄えをはかることができます。そのことからワイン好きの人はボジョレーヌーボーを楽しみにしているのです。ブドウの出来栄えを知りたいなら、毎年ボジョレーヌーボーを飲み、それぞれの違いを感じてみるとよいでしょう。ボジョレーヌーボーがおいしければ、その年のブルゴーニュ地方のワインのおいしさが期待できます。

ボジョレーヌーボーの特徴

ボジョレーヌーボーには、味にどのような特徴があるのでしょうか。せっかくボジョレーヌーボーを楽しむのであれば、しっかりと特徴を押さえておきたいところです。ボジョレーヌーボーの基本的な特徴について紹介します。

渋味の少ないガメイ種

ボジョレーヌーボーは渋みが少ないガメイ種とよばれる黒ブドウを使っています。よって、フレッシュな状態で飲むのにも適したワインだといえます。

酸味が少なくフルーティー

ボジョレーヌーボーは、酸味が少なくてフルーティーな味わいです。そのため、出来立てのワインとして楽しむにもピッタリな味を備えています。爽やかなブドウの味わいを感じるのが好きな人であれば、ボジョレーヌーボーは非常においしく飲むことができるでしょう。

ボジョレーヌーボーの飲み方

ボジョレーヌーボーを飲むときは、おいしく飲むためのポイントにも気を付けたほうがよいです。ボジョレーヌーボーをおいしく飲むには、具体的にどのような飲み方をすればよいのでしょうか。ボジョレーヌーボーのおいしい飲み方についてみてみましょう。

少し冷やす

赤ワインは常温で飲むことが多いですが、ボジョレーヌーボーは少し冷やすのがおすすめです。少し冷やすだけで渋みが抑えられるので、よりおいしいくボジョレーヌーボーを楽しむことができるでしょう。具体的には冷蔵庫で1時間くらい冷やすのが目安です。冷やし過ぎないよう、きちんと時間をはかって冷やしたほうが安心です。

解禁から数カ月以内に飲む

ボジョレーヌーボーのフレッシュさを楽しみたいのであれば、解禁から数ヶ月以内に飲むようにしましょう。ボジョレーヌーボーは新酒なので、なるべくすぐ飲んだほうが出来立ての味を確かめやすいです。ボジョレーヌーボーとしてのおいしさをしっかりと味わいたい人は、ボジョレーヌーボーを手に入れたらできる限り早めに飲むことをおすすめします。

ワインセーラーで寝かせてもOK

ボジョレーヌーボーは新酒として飲むのが一般的ですが、ワインセーラーで1年ほど熟成させるというのもひとつの手です。特にワインの愛好家のなかには、毎年そうやって楽しんでいる人もいます。自分で熟成させるときは温度管理なども徹底する必要がありますが、その分ワインをより楽しむことができるでしょう。

ワインのボジョレーヌーボーを楽しもう

ワインのボジョレーヌーボーを楽しもう

ボジョレーヌーボーは、ブドウのおいしさそのものを感じられるワインです。その年の新しいワインであるため、ワインの出来を確かめることができます。日本でもボジョレーヌーボーが解禁されると多くの人が飲みますが、ボジョレーヌーボーの本当の特徴を知って飲んでいる人は少ないのが現状です。しかし、きちんとボジョレーヌーボーの意味を理解しておけば、よりボジョレーヌーボーを楽しみながら飲むことができるでしょう。ボジョレーヌーボーとほかのワインの違いを把握しておけば、解禁になったときに周囲の人に知識を披露することもできるはずです。

当然ですが、フランスのボジョレー地区にはボジョレーヌーボー以外にもさまざまなワインがあります。それぞれ違った特徴を備えているので、ボジョレーヌーボーと合わせて飲み比べてみてもよいのではないでしょうか。実際に飲んでみると、味の共通点や違いを見つけることができるはずです。ボジョレーヌーボーを毎年飲んでいれば、味の違いを楽しむこともできるでしょう。ボジョレーヌーボーについてしっかりと理解して、ワインの楽しみ方の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座