に関するコラム

資格取得の通信教育講座

ワインに使われるぶどうの品種とは?

 

ワインに使われるぶどうの品種とは?

ワインには、それぞれさまざまな品種のぶどうが使用されています。ぶどうの違いによってワインの味にも大きな違いが出ていることを知っているでしょうか。ワインの味や風味について語るのであれば、ワインを作るためのぶどうの種類や味わいについても知っておいたほうがよいでしょう。

今回は、ワインに使われるぶどうの品種について紹介します。生食用のぶどうとの違いなど、根本的なところから説明するので、この機会にぶどうの品種についてしっかり理解しておきましょう。

ワイン用のぶどうの特徴

ワインに使用されているぶどうは、どのような特徴があるのでしょうか。まずは、ワインの用のぶどうの特徴について知っておきましょう。

世界中で栽培されているぶどうの8割はワイン用

ワイン用のぶどうは、世界各国で栽培されています。世界中で栽培されているぶどうの8割はワイン用に栽培されているともいわれるほどです。それだけワインは世界中で愛されているということがよくわかります。

良質なワイン用のぶどうの特徴

ワイン用のぶどうと一口にいっても、その種類はさまざまです。同じ種類でも生育環境や育て方によっては、質が大きく変化することもあるでしょう。良質なワイン用のぶどうの特徴としては粒が小さく種が大きいことなどがあげられます。また、皮が厚いというのも大きな特徴です。おいしいワインを作るためには、ぶどう作りからしっかりとこだわる必要があるでしょう。

ワイン用と生食用のぶどうの違い

ワイン用と生食用のぶどうには、さまざまな違いがあります。ワイン用のぶどうには、一般的に食べられているぶどうと比べてどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、ワイン用と生食用のぶどうのちがいについて、具体的に説明します。

タンニンの量

ワイン用と生食用のぶどうの違いとして真っ先に挙げられるのが、タンニンの量の違いです。ワイン用はタンニンが多く、生食用は少ない傾向があります。タンニンはワイン作りには欠かせない要素のひとつです。なぜなら、タンニンはワインの渋みを出すのに重要な役割をもっているからです。特に赤ワイン作りにおいては、タンニンの差が仕上がりの大きな差となります。

ワイン用は香味成分多い

ワイン用のぶどうは、香味成分も多い傾向があります。ワイン用のぶどうは小粒なものが多いですが、そのなかに香味成分が凝縮されているのです。香味成分が多ければ、その分香り高いワインを作るのに役立ちます。ぶどうの種類にによっても香味成分は異なるため、それぞれの品種の特徴を決める重要なポイントとなります。

生食用は実の部分が多くみずみずしい

生食用のぶどうは、ワイン用に比べて実の部分が多くてみずみずしいのが特徴的です。また、皮も薄くて食べやすいものが多くなっています。よって、そのまま食べるのであればワイン用よりも生食用のほうが向いているでしょう。とはいえ、糖度についても実はワイン用のぶどうのほうが高くなっています。ワイン用のぶどうは皮が厚いですが、皮をむけば生で食べてもおいしいです。

赤ワイン用のぶどう品種

ワイン用のぶどうにはさまざまな品種があります。同じ赤ワインでも、ぶどうの品種が違えば味は当然に異なります。赤ワイン用のぶどうにはどういった種類があるのでしょうか。ここでは、赤ワイン用のぶどうの品種について紹介します。

カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨンは、赤ワイン作りにおいて代表的な存在です。フランスのボルドー地方が原産となっています。タンニンが豊富に含まれており、酸味も豊かです。一般的にイメージされる赤ワインそのものを表す味なので、「赤ワインが飲みたい!」と思ったら選んで間違いはないワインです。深みのある色や厚みのある飲みごたえを楽しむことができます。

シラー

シラーは、フランスのコート・デュ・ローヌ地方原産のぶどうです。色が濃く、実が凝縮されているため、熟成させるタイプのワインに特に向いています。黒コショウ、オリーブなどに似たスパイシーで深い香りを楽しめるぶどうです。なお、オーストラリアではシラーズ種とよばれています。

メルロー

メルローはフランスのボルドー地方が原産となっているぶどうです。きめ細やかな渋みがあり、まろやかな味わいを楽しめるワインを作ることができます。メルローで作ったブドウは、深みのある色が特徴的です。

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールは、フランスのブルゴーニュ地方などでとれるぶどうです。ロマネコンティなど名の知れたワインを作るために使われているぶどうです。栽培が難しいですが、その味は格別です。若いうちはチェリーやバラのような香りを楽しめますが、熟成させるときのこや獣のような妖艶な香りに変化します。

白ワイン用のぶどう品種

ワインといえば、白ワインもあります。白ワインを作るためのブドウにも、さまざまな品種があり、それぞれ違った特徴を備えています。白ワインを楽しみたいなら、城ワイン用のぶどうの種類もしっかりと把握しておきましょう。ここでは、白ワイン用のぶどうの品種について紹介します。

ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブランは、フランスのボルドー地方やロワール地方で栽培されている品種です。グレープフルーツやトロピカルフルーツを思わせる爽やかな香りが特徴的なぶどうです。ステンレスタンクを使って醸造されていることも多く、フレッシュな香りをそのまま楽しむことができます。

シャルドネ

シャルドネは、フランスのブルゴーニュ地方原産のぶどうです。ただし、現在では世界各国で広く栽培されているのが特徴的です。一般的には、シトラスやトロピカルフルーツなどを思わせる爽やかな香といわれています。ただし、実際には、品種そのものの性質以上に栽培される場所の条件によって味わいが大きく異なります。そのため、それぞれの産地ごとの味の違いを楽しめるぶどうです。

リースリング

リースリングは、ドイツの白ワイン用のぶどうとして有名です。花のような香りと適度な酸味をあわせもっているのが大きな魅力です。甘口から辛口までさまざまなワインとして楽しむことが可能です。栽培される地域によって全く異なる味わいを生み出すことができます。

ワインを楽しむならぶどうの品種についても押さえよう

ワインを楽しむならぶどうの品種についても押さえよう

一口にワインといっても、それぞれの細かい味の違いは、使っているぶどうの種類によってさまざまです。もちろん、熟成方法の違いによっても味は異なりますが、根本的な部分であるぶどうの種類はとても重要です。ワインの品種について分からなくても、ぶどうの種類によるワインの味の違いを知っておけば、ある程度ワインの味を想像することはできるでしょう。ぶどうの種類はワインの味を理解するために必要不可欠な要素です。

ワインを作るためのぶどうは、生食用のぶどうとも大きな違いがあります。とはいえ、おいしいワインを作っているぶどうであれば、そのまま食べてももちろんおいしいです。せっかくワインを飲むなら、ぶどうの種類の違いに着目して飲み比べをしてみるのもよいでしょう。ぶどうの種類にこだわれば、これまでは分からなかったワインの魅力に気が付くこともできるはずです。ぶどうの種類を理解して、ご自分に合ったおいしいワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座