に関するコラム

資格取得の通信教育講座

おいしく飲むためのワインの保存方法とは?

 

おいしく飲むためのワインの保存方法とは?

ワインをおいしく飲むためには、保存方法も重要です。保存のしかたを間違うと、おいしいはずのワインが急激に劣化してしまうこともあるので注意しましょう。ワインの保存方法は開封前後に関わらず、それぞれの状態に合わせてしっかりと配慮しなければなりません。

ワインを保存するときは、具体的にどのような点に気を付けたらいいのでしょうか。ワインをおいしく飲むためにも、保存方法について理解しておきましょう。今回は、おいしくワインを飲むために押さえておきたい保存方法について説明します。

ワインの基本的な保存方法

ワインを保存するときは、いろいろなポイントに気を付ける必要があります。ワインをおいしく飲むためには、ワインの保存方法はとても重要です。ワインの基本的な保存方法についてみておきましょう。

保管中もワインの風味は変わりつづける

ワインは保管している間も、風味は少しずつ変わっています。適切な環境に長く置いておけば熟成が進むため、ワインはより深い味わいに変わっていくでしょう。ただし、ワインを置いておく環境が悪ければ、ワインの品質が悪化する可能性があります。ワインを買ってきてすぐ飲まないのであれば、きちんとした保管場所に適切にしまっておくことが大切だといえるでしょう。

涼しい場所で保存

ワインを保管するときは、涼しい場所に置いておくのが基本です。一般的には、13~15℃前後の温度に置いておくとよいでしょう。ワインは温かいと熟成してしまうので、それを避けたい場合は適切な温度管理をおこなう必要があります。

湿度は高め

ワインを保管するときは、湿度は比較的高めなほうがよいです。具体的には、70~80%の湿度があるとよいでしょう。冬になるとどうしても乾燥しやすくなるので要注意です。

暗い場所

ワインをしまっておく場所としては、暗いところを選ぶのもポイントです。なぜなら、ワインに直射日光が当たると劣化しやすいからです。また、蛍光灯や強い光にも注意しなければなりません。

振動の少ない場所

ワインを保存する場所は、振動が少ないところを選ぶのも重要です。ワインが振動してしまうと、化学変化が起こる原因となってしまい、品質が悪くなる可能性があります。そういった事態を避けるためには、洗濯機の近くなど頻繁に揺れる場所の近くにはワインを置かないようにしたほうが無難です。

自宅で保管する場合のおすすめの場所

自宅でワインを保管するなら、普段はあまり使わない場所に置いておくのがよいでしょう。たとえば、床下の冷暗所や日の当たらない部屋の押し入れなどに入れておくと、ワインを保存しておくのに適した条件をクリアすることが可能です。また、普段使う冷蔵室とは別に、開け閉めの少ない冷蔵室がある場合はそこをワイン用として利用するのもよいでしょう。

ワインの保存期間

ワインはどれくらいの期間、保存することができるのでしょうか。ワインをおいしく飲むためには、保存場所に気を付けつつ、保存期間についても意識する必要があります。ワインの保存期間についてみてみましょう。

基本的にワインには消費期限が存在しない

ワインは、基本的に消費期限は存在しません。なぜなら、瓶詰した後も熟成が進むため、一概にいつまでに飲まなければならないと言い切ることができないからです。ただし、味わいが劣化し、飲むのに適さない状態になることはあります。たとえば、ワインが酸化してしまうと、おいしく飲むのには適しません。また、飲み頃のピークを越えたワインもまたおいしさを感じることはできないでしょう。

未開封のワインの目安期限

未開封のワインについては、どの程度の期間飲まずに置いておいてもよいのでしょうか。ワインを飲む期限は、それぞれの種類によっても異なります。種類別にワインの目安期限を把握しておきましょう。

 *安価なワイン

コンビニやスーパーなどで手に入る500~2000円程度の安価なワインは購入したらすぐに飲むのがおすすめです。そもそもそういったワインは「テーブルワイン」として考えられており、長く熟成させて飲むという発想で作られているわけではありません。そのため、熟成させて飲もうとしてもおいしく飲むことはできないでしょう。こういったワインは、店頭に並んでいる時点ですでに飲み頃となっています。

 *赤ワイン

一般的な赤ワインの飲み頃は、2~3年以内といわれています。熟成をすることを前提としていないワインなら、買った時期を忘れないうちに早めに飲んだほうがよいでしょう。

 *白ワイン

一般的な白ワインの飲み頃は、だいたい1~2年です。一般的な赤ワイン同様、熟成させることを前提としているわけではないので、早めに飲んでしまうことをおすすめします。

 *熟成タイプのワイン

熟成タイプのワインは、その種類や状態によっても目安となる期限は異なります。たとえば、赤ワインのうちボルドー地方やブルゴーニュ地方のワインは、ゆっくりと熟成させることが多いです。また、白ワインでもブルゴーニュ地方のワインであれば、10年以上寝かせる必要があるものもあります。ワインを熟成させるなら、ワインに合わせた期間を把握しましょう。

飲み残したワインは?

ワインを飲み残してしまったときは、適切な保存方法でしまう必要があります。飲み残したワインを最後までおいしく飲む方法を知っておきましょう。

一度開封したワインは酸化する

ワインは、一度開封してしまうと酸化します。なかには、酸化させた方が飲みやすくなるワインもあります。しかし、基本的には、一度開封したワインは風味などが失われていくことも多いです。そうなると、どうしても最初のようなおいしさを感じることはできないでしょう。よって、開封したワインはなるべく早めに飲み切るように意識することが大切です。

飲みの残したワインの保存方法

飲み残したワインはそのまま放置するのではなく、酸化を防ぐための保存方法を実践すべきです。たとえば、真空容器に移し替えれば、ワインの劣化を防ぐことができます。また、ワイン用の保存器具を活用するのもよいでしょう。さらに、真空ポンプや窒素ガスを活用した保存方法もあります。取り入れやすい方法を選んで、飲み残しのワインを上手に保存しましょう。

ワインの保存方法について押さえておこう

ワインの保存方法について押さえておこう

ワインをおいしく飲みたいという気持ちがあるなら、ワインの保存方法をしっかり押さえておくことはとても重要です。ワインは開封前であっても、どのように保存するかによって、品質が大きく変化する可能性があるので注意が必要です。ましてや開封後の飲み残しのワインであれば、しっかりとした保存方法を選ばなければ、劣化が急速に進んでしまいます。最後までおいしくワインを飲み切るためにも、状況に合わせた保存方法を徹底するようにしましょう。

ワインの保存方法は、ワインのタイプによっても異なります。そのため、ワインを保存するときはワインのタイプも考慮することが大切です。ワインによってはなるべく早く飲んでしまったほうがよい場合も少なくありません。特に安価なワインであれば買った時点で飲み頃になっているので、もったいぶらずに早く飲んでしまったほうがおいしくワインを楽しむことができます。それぞれの種類に合った保存方法を実践して、ワインをおいしく飲めるようにしましょう。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座