に関するコラム

資格取得の通信教育講座

ワインを飲む時におすすめの温度とは?

 

ワインを飲む時におすすめの温度とは?

ワインを飲むときは、温度もとても重要な要素となります。ワインの温度によって、ワインのおいしさも変化する可能性があるので要注意です。なお、ワインの種類によっても適した温度は異なる点にも気を付けなければなりません。

ワインを飲むときは、ワインをどのくらいの温度にしておけばよいのでしょうか。ワインの温度調整のしかたも気になるところです。今回は、ワインを飲むときにおすすめの温度について紹介します。ワインをおいしく飲みたいという人はぜひ参考にしてみてください。

ワインと温度の関係

ワインを飲むときは、温度にもしっかりと気を使う必要があります。なぜなら、ワインの香りや味わいは温度によって影響を受けるからです。ワインをおいしく飲むために適した温度は、ワインの種類によっても大きく異なります。よって、ワインを飲むときは温度もきちんと調整したほうがよいでしょう。

温度別の味わい

温度によってワインの味が変わるといっても、具体的にどのように味が変化するのでしょうか。ワインの味を構成するさまざまな要素の変化のしかたについてみてみましょう。

甘み

甘みは温度が低いと感じにくくなります。そのため、ワインの温度が冷えすぎていると、ワイン本来の甘さが出にくくなってしまうこともあります。

渋み

渋みは甘みとは逆で、温度低いと強く感じやすいです。そのため、温度が高くなると感じにくくなります。温度が高めであれば、甘みを感じられるうえに渋みを抑えられるという効果があるでしょう。

酸味

ワインは酸味も重要な要素です。とはいえ、ワインの酸味は温度の変化に影響を受けることはありません。温度が低くても高くても酸っぱいものは酸っぱいと感じることでしょう。

コク

ワインのコクは温度が高いほうが感じやすい傾向があります。温度が低めのワインは、コクが少なくさっぱりとした印象です。

ワインにおける常温

ワインにとっての常温とは、具体的にどれくらいの温度のことをいうのでしょうか。単に「常温」といってもはっきりしないので、ワインの常温について一度確認しておきましょう。ワインにおける常温とは、17世紀フランスの平均気温だといわれています。それは14~17℃くらいです。よって、ワインを保管するときは、これくらいの温度の場所に置くようにしましょう。日本の平均気温で考えると、少し暖かすぎてしまうことが多いので、ワインをそのまま室内で保管している場合は注意が必要です。ワインにとって適している常温は、人間にとっては少し肌寒く感じる温度である点を理解しておきましょう。

ワインを飲むときの適温は?

ワインを飲むときは、保管するときとは異なる適温があります。ワインのおいしさをしっかりと引き出すためには、ワインの温度に気を使うことが重要です。ワインを飲むときの適温について説明します。

赤ワインの場合

赤ワインは、ボディのタイプによって適した温度が異なります。たとえば、重めのフルボディであれば16~18℃にするのがちょうどよいです。フルボディは冷やし過ぎてしまうと、タンニンによる渋みが強く出てしまいます。中間に当たるミディアムボディなら、13~16℃程度が適温です。さらに、軽めのlightボディであれば、10~12℃くらいに冷やすとおいしく飲むことができます。口あたりの雰囲気がよくなり、引き締まった味わいにすることができるでしょう。

白ワインの場合

白ワインは、基本的に冷やして飲みます。ただし、冷やしすぎるとワインの味わいが感じにくくなるので要注意です。温度が高ければその分香りが豊かに変化します。辛口の場合は、7~14℃を目安にするのがおすすめです。また、甘口の場合なら5~8℃くらいにするとさっぱりとした味わいを楽しむことができます。

ロゼワインの場合

ロゼワインの場合は、冷やして飲みます。7~14℃くらいの間が適温といわれています。辛口よりも甘口のワインほど、よりしっかりと冷やしたほうがおいしく飲むことができるのでおすすめです。

スパークリングワインの場合

スパークリングワインは、しっかりと冷やして飲みます。そうすると、爽やかなフレッシュさを感じやすくなるでしょう。5~8℃くらいが適温です。ただし、複雑味がある場合には、少し温度を高めにしたほうがおいしく感じられることもあります。

ワインの温度の下げ方

ワインをおいしく飲むためには、種類に合わせてしっかり冷やすことが大切です。ワインの温度を下げるときは、具体的にどのような方法を使えばいいのでしょうか。ワインを冷やすときはその方法にも注意が必要です。ワインの温度を下げる方法について説明します。

ワインクーラーが一般的

ワインを冷やすときは、ワインクーラーを使用するのが一般的です。ワインクーラーとはワインがすっぽり収まるバケツのような形をしていて、そこに氷水を入れてワインを冷やすためのものです。ボトルの液面がしっかりつかるくらいまで氷水を入れるのがポイントになります。氷が解けてくるので、氷水の入れ過ぎには注意が必要です。

早く冷やしたい場合

ワインクーラーでワインを早く冷やしたい場合は、氷水にプラスして塩を使うという方法もあります。塩水にすることで評点が下がるので、ワインクーラーの温度を下げやすくする効果が期待できるのです。大さじ1~2程度の塩を入れれば、早くワインボトルを冷やすのに高い効果を発揮します。

冷やしすぎに注意

ワインを冷やすときは、冷やし過ぎに注意が必要です。ワインを冷やすよりもワインを常温に戻すほうが時間はかかるので、冷やしすぎるとすぐに飲むのには適さなくなってしまうでしょう。ワインを冷やすときは目安となる時間をあらかじめ調べておき、そのうえで時間をはかりながらワインを冷やすようにしてください。また、こまめに温度を確かめるようにすることも大切です。特に塩を使って急速にワインを冷やす場合は、ワインがすぐに冷えるのでしっかりと温度を管理することが重要です。細心の注意を払い、ワインをおいしく飲めるように準備を整えましょう。

ワインの温度に気を使おう

ワインの温度に気を使おう

ワインを飲むときは、その温度にもしっかりと気を使う必要があります。温度によってワインの味わいもかなり違ってくるので、温度調整はしっかりとおこなったほうがよいでしょう。そうしないと、せっかくおいしいワインを手に入れても、その特徴をしっかりと活かし切れない可能性もあるので要注意です。おいしいワインなのであれば、そのおいしさを存分に味わいたいですよね。ワインの温度調整はちょっとしたことですが、そのちょっとしたことがワインのおいしさを左右するので軽視することはできません。ワインを冷やす場合はワインクーラーを使って、ワインを適切に冷やしましょう。

ワインは甘さやコクなどさまざまな要素によって味が形成されています。とはいえ、それらを活かせるかどうかは温度の加減によっても大きく異なります。もし開けたワインが自分の好みと少し違った場合でも、温度による味の違いを理解しておけば、少しでも好みに近いワインの味に近づけることができるはずです。ワインの味を温度で調整することができたら、それだけでワイン通といえそうですよね。さまざまなワインのおいしさを楽しみながら、温度による違いにも気を付けるようにしましょう。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座