に関するコラム

資格取得の通信教育講座

ワインソムリエの仕事内容や年収を紹介!

 

ワインソムリエの仕事内容や年収を紹介!

ワインに携わる仕事に就きたいなら、ソムリエを目指すのもおすすめです。ワインソムリエとは、どのような仕事をしている人のことをいうのでしょうか。せっかくワインソムリエになるなら、仕事内容についてしっかり確認しておきましょう。また、仕事にするのであれば、年収についても気になるところです。

ワインソムリエになるには、ワインについてさまざまな知識を身につける必要があるでしょう。また、ステップアップするうえでも勉強は必要不可欠です。今回は、ワインソムリエの仕事内容や年収について紹介します。

ソムリエの仕事とは?

ソムリエとは、そもそもどのような仕事をしているのでしょうか。まずは、ソムリエの仕事内容についてみておきましょう。

ソムリエはワインのスペシャリスト

ソムリエはワインのスペシャリストです。ワインの種類や産地などを熟知し、おいしいワインの選び方や飲み方などを踏まえたうえでお客様に提案しています。ワインに関するありとあらゆる知識を網羅しておかなければなりません。

食事やお客にあったワインを提案する

ソムリエはお客様の希望に合わせたワインを選ぶこともあるので、単に知識を持ち合わせているだけでなく、失礼のないマナーを身につけておくことも重要です。お客様がどのような目的で来店しているのかを察知する能力も必要になります。また、最もよいワインを選ぶことだけでなく、お客様に合わせた金額を考慮することも大切です。さらに、ワインだけでなく食の知識も必要になるでしょう。

入荷・品質管理・保管

ソムリエはワインを選ぶだけでなく、入荷や品質管理も担当します。ワインの保管にも責任をもつため、ワインにとってよい環境を整備することも重要な仕事のひとつだといえます。

グラスの管理

ソムリエはワインのグラスも管理します。グラスが違うだけでワインの味や香りが変化することも多いです。そのため、ワインに合わせたグラス選びもソムリエの重要な仕事だといえるでしょう。

ソムリエが活躍する場所

ソムリエはどういった場所で活躍しているのでしょうか。ソムリエは飲食店だけでなく、さまざまなところで働いています。ソムリエが活躍する場所についてみてみましょう。

レストラン

ソムリエは一般的なレストランでも多く働いています。さまざまなお客様が来店するため、それぞれの好みに合ったワインを提供することが求められます。飲みやすいワインが求められることが多いので、そういった需要に合わせてワインを仕入れておくことも必要です。

高級レストラン

ソムリエは高級レストランには、ほぼ必ず常駐しています。たとえば、イタリア料理店やフランス料理店では、ソムリエが料理に合ったワインの提案をおこなっています。また、お客様の要望に合わせておいしいワインやめずらしいワインなどさまざまなワインを提供します。高級な食材の味を活かすワインを理解し、お客様に満足してもらえるように努める必要があります。

バー

ソムリエはバーでもたくさん活躍しています。バーはお酒を専門に扱っているため、ソムリエとしてのワインの知識は非常に役立つでしょう。

ホテル

ホテルでもソムリエは勤務しています。ルームサービスでワインが注文されることも多いので、さまざまなお客様の好みに合ったワインを選べるようにしておく必要があります。

ソムリエの給料

では、ソムリエの給料は具体的にどれくらいなのでしょうか。仕事として働くからには、給料は重要なポイントとなるでしょう。ここでは、ソムリエの給料について紹介します。

平均年収は300万円~600万円

ソムリエの平均年収は、300万円から600万円程度です。熟練度やスキルなどによっても収入は変化します。たとえば、ソムリエの初任給は20万円程度であることが多いです。特にソムリエ見習いは給料が低めになっています。そのため、ソムリエとしてしっかりとした収入を稼ぎたいのであれば、しっかりと修行して技術や知識を磨いていく必要があります。

飲食業のなかでは比較的高め

ソムリエの収入は飲食業のなかでみると、比較的高めです。よって、ソムリエを目指せば、飲食業のなかでもしっかりと働き続けることができるでしょう。ただし、一般的な収入と比較すれば、ソムリエの収入はそこまで高収入というわけではありません。安すぎるという金額ではないですが、よりたくさんのお金を稼ぎたいと思うなら何かしらの対策が必要になるでしょう。

ソムリエのステップアップ

ソムリエとして働く場合、ステップアップはどのようにしていったらいいのでしょうか。せっかくソムリエになるなら、スキルを積んでステップアップしていきたいと考える人も多いはずです。ここでは、ソムリエとしてのステップアップの方法について紹介します。

大手ホテルにつとめて昇格する

ソムリエとしてステップアップするには、大手ホテルにつとめるというのもひとつの方法です。大手ホテルであれば、ソムリエのなかにもさまざまなポジションが設けられています。たとえば、ソムリエのほかにも、シニアソムリエ、アシスタントチーフソムリエ、チーフソムリエなどさまざまな位が用意されています。上のポジションを目指せば、スキルを習得しようという気持ちも継続しやすいでしょう。

上位資格をとる

ソムリエには資格があります。より高いスキルを習得したい場合は、上位資格を取得するというのもおすすめです。上位資格を取得てできれば、実際に高い知識や技術を身につけられることに加え、それを証明することも可能です。

有名ソムリエとなる

有名ソムリエになれば、個人として仕事をすることも可能になります。たとえば、コンクール出て名を残すことができれば、スキルのあるソムリエとして認知されるので、活躍の幅が広がるはずです。また、メディアに多く露出するようになれば、それだけ周囲の認知度も高くなるでしょう。

プロデュース

ソムリエの資格をもっていれば、何か商品をプロデュースする際にも役立ちます。プロの知見からさまざまなアドバイスをすることができるので、説得力のある商品開発ができるでしょう。よい商品を作り、それを求めている人に届けることができれば、商品はたくさん売れます。そうなれば、プロデュースをおこなったソムリエ自身も評価が高まるはずです。

ソムリエの仕事内容は意外と幅広い!

ソムリエの仕事内容は意外と幅広い!

ソムリエになるには、ただワインについての知識を持ち合わせているだけでは不十分です。お客様にとって求められているワインを提供することが最も重要なことであるため、お客様に対するマナーや気遣いも求められます。そういった部分も含めてソムリエとしての評価がされるでしょう。ワインソムリエを目指すなら、そういったところを踏まえたうえでしっかりと勉強を進めることが大切です。ワインソムリエになるなら資格を取得して、基本的な知識を身につけるところから始めましょう。ただし、資格取得には実務経験が求められるので、まずは実際に働きながらソムリエとしての基盤を作ることが必要です。ワインソムリエになるなら、ある程度長期的な目線でキャリアを考えていく必要があります。ほかの飲食業に比べるとソムリエは年収が高い傾向にあるので、しっかりとしたスキルさえ身につけることができれば長く働きやすい仕事だといえます。ワインソムリエとして活躍する道を考えてみてはいかがでしょうか。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座