に関するコラム

資格取得の通信教育講座

ワインソムリエになるには?勉強方法や試験について解説

 

ワインソムリエになるには?勉強方法や試験について解説

ワイン好きであれば、おいしいワインのことを知り尽くしたソムリエに憧れをもつ人も多いです。ソムリエになるには、ワインやマナーなどさまざまなことについて正しい知識を身につけておく必要があります。ソムリエになるには、具体的にどのようにして勉強を進めればいいのでしょうか。

そもそもワインソムリエになるには、試験を受ける必要があります。試験ではソムリエに必要な知識がさまざまな角度から問われるので、しっかりした勉強が必要です。今回はソムリエになるための勉強方法や試験について解説します。

ソムリエ試験とは?

ソムリエ試験とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。まずは、ソムリエ試験の概要について紹介します。

民間のソムリエ試験がある

ソムリエを名乗るには、ソムリエ試験に合格する必要があります。日本のソムリエの試験は国家資格ではなく、民間団体が認定をおこなっているものです。ワインに関するさまざまな知識を問われるため、ソムリエの資格をとるにはしっかりと勉強する必要があります。

勉強の方法はさまざま

ソムリエ試験に合格するための、勉強方法としてはさまざまな手段があります。まず、ワインについての知識に自信があるなら、独学するというのもひとつの手です。ソムリエやワインに関する情報を自分で集めれば、それなりにしっかりと学ぶことができます。ただし、勉強に一度つまずいてしまうと誰にも相談できないのがネックです。ほかには、通信講座で学ぶという方法もあります。通信講座なら自分のペースで勉強できるうえに、分からないことがあれば講師に質問することも可能です。安心して確実に試験合格を目指すことができるでしょう。

ソムリエの学校の選び方

ソムリエを目指す場合、どのようにして学校を選んだらいいのでしょうか。ワインについて学べる学校は複数あります。それぞれの特徴について押さえておきましょう。

大学・短大

ソムリエになるために選ぶ学校としては、大学や短大もあります。ソムリエにとって必要な知識をさまざまな角度から学ぶことができるでしょう。自分でワインについてテーマを決めた研究などもおこなうことができるため、より深くワインについての知識を学ぶことも可能です。大学や短大を卒業すれば学歴としても残るので、その後の進路も広がりやすいのが魅力だといえます。ただし、ソムリエとして必ずしも必要ではない学術的なことも学ぶので、時間がかかるという一面もあります。

専門学校

ソムリエになるためには、専門学校を選ぶというのもひとつの手です。調理系の専門学校であれば、ソムリエとしての知識だけでなく経営に関するノウハウなども学ぶことができます。ソムリエとして働き、いつかは独立して開業したいという思いがあるなら、専門学校に通って勉強することで役立つさまざまな知識や技術を学ぶことができるでしょう。

ワインスクール

より簡単にソムリエになるための知識を学びたい場合は、ワインスクールに通う方法もあります。ワインスクールならソムリエに必要なことをピックアップして、わかりやすく学ぶことが可能です。大学や専門学校とは違い、働きながらでも通いやすい時間帯に開催されることが多いです。社会人で通う人も多いので、自分と同じような境遇で目標を目指す人と出会うことができるのもメリットだといえるでしょう。

独学の勉強方法

ソムリエになるための知識や技術は、独学で学ぶこともできるのでしょうか。ここでは、ソムリエになるための独学の勉強方法について紹介します。

条件を満たしていれば独学でもOK

ソムリエを目指す場合、試験を受けて資格を取得する必要があります。資格には受験のための条件がありますが、条件さえ満たしているなら独学で知識や技術を学んでも問題はありません。受験のために必要な条件とは、年齢や実務経験などがあります。

独学のために用意するもの

ソムリエについて独学するには、自分でさまざまなものを用意する必要があります。たとえば、参考書のほかにも、試験問題を集めた問題集や過去問などがあるとよいでしょう。また、音声教材があると、移動中などでも効果的に勉強を進められます。

試験に向けた勉強方法

試験に向けて学習するには、どういった勉強方法をおこなえばいいのでしょうか。ソムリエの資格を取得するには、しっかりとした勉強が必要です。ここでは、ソムリエの試験に向けた効果的な勉強方法について紹介します。

試験の情報収集

ソムリエの資格取得を目指すなら、まずは試験内容をしっかりと確認しましょう。テキストを購入したら、取り組み始める前に全体を眺めてみると内容がよく分かります。購入するテキストによって説明のしかたは異なるので、自分にとって分かりやすいものを選ぶようにするとよいでしょう。

知識を取り入れる

全体の項目をなんとなく把握したら、次は実際にソムリエに必要な知識を学んでいきましょう。まずは、順番にテキストの内容を読み進めていき、具体的な内容を把握します。知識をとり入れて確認しながら、学んでいきましょう。もちろん、一度ですべてを覚えられないのは当然なので、何度も繰り返しながら知識を身につけていくことが大切です。

細かいところを詰めていく

ソムリエについての知識をひととおり押さえたら、徐々に内容を暗記していくようにしましょう。覚えていない部分を明確にして集中的に暗記していきます。そのためには、問題を解いて自分が覚えられていない部分をはっきりさせることが大切です。問題を解いてみると、実際の試験の雰囲気をつかむのにも役立ちます。

知識の強化

ソムリエになるための知識を身につけるには、過去問対策も重要です。実際に過去問を解いてみて、問題の傾向をつかむようにしましょう。過去問対策は、試験突破のためにとても効果的です。全体的に内容を理解できたら何度も繰り返し過去問を解き、問題の出題形式に慣れておくようにしましょう。

ワインソムリエになるにはしっかり勉強しよう

ワインソムリエになるにはしっかり勉強しよう

ワインソムリエになるには、しっかりと勉強に取り組むことが大切です。ワインについての知識は非常に奥が深く、時間をかけてじっくりと習得しなければなりません。というのも、ワインソムリエになるには、ワインについてただ詳しいだけでは不十分であり、マナーやワインの扱い方などさまざまなことを学ぶ必要があるからです。ワインソムリエとしての知識や技術を身につければ、さまざまなところで役に立つでしょう。ワインはたくさんの人に好まれるお酒です。そのため、ワインソムリエとして活躍できるようになれば、より多くの人にワインの素晴らしさを伝える機会をもつことができるでしょう。

ワインソムリエの資格試験は何回かに分けておこなわれるため、それぞれのテストについてもしっかりとした対策が必要になります。筆記試験も含まれるので、単にワインについて暗記するだけでなく、ワインのことを体系的に理解しておくことも必要です。ワインソムリエはワインのプロであるため、このようにさまざまな知識を証明しなければなりません。ワインソムリエの資格は決して簡単に取得できるわけではないですが、取得できればその知識や技術をさまざまな場面で活かせるでしょう。ワインに興味をもっているなら、ワインについてしっかり学びワインソムリエの資格取得を目指してみてください。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座